結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 結婚したいなら減点法じゃダメ! 加点法で男性を判断するコツ

結婚したいなら減点法じゃダメ! 加点法で男性を判断するコツ

結婚したいなら減点法じゃダメ! 加点法で男性を判断するコツ
心理コーディネーター

結婚しにくい女性の特徴として「減点法で男性を評価する」ことが挙げられます。減点法だと相手のあら探しに集中し、よい相手を逃してしまうというのです。そのため、減点法よりも加点法で男性を判断・評価するべきだといわれています。では、どのようにすれば加点法で判断できるようになるのでしょうか? 加点法で男性を判断するコツを調べてみました。

■男性を減点法で見てしまう女性って多い?

男性を減点法で評価してしまう女性はどのくらいいるのでしょうか? 減点法で評価する女性と、加点法で評価する女性の割合をアンケートで調べてみました。

◇出会った男性を減点法か加点法どっちで判断する?

Q.男性を減点法と加点法のどちらで判断することが多いですか?

 減点法(39.3%)
 加点法(60.7%)

※有効回答数211件

「減点法で判断することが多い」と回答した女性は約4割と半数以下になりました。加点法で判断する女性のほうが多いようですね。では、4割の女性はなぜ減点法で判断してしまうのでしょうか?

◇減点法で見てしまう理由

「減点法で判断することが多い」と答えた女性83人に、その理由を聞いてみました。

☆嫌な部分がどうしても目につくから

・「特に理由はありませんが、嫌だと思う点のほうが早く気づくからだと思います」(41歳/その他/事務系専門職)

・「本当は加点法のほうがいいと思っているけど、相手を客観的に見ようとするとどうしても減点法になってしまう」(34歳/生保・損保/営業職)

☆つい理想と比べてしまうから

・「どうしても自分の理想と比べてしまうから」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「よりよい人を求めているからなのか減点法になってしまう。加点方式で見られるといいのですが……」(34歳/医療・福祉/専門職)

☆無意識に見てしまうから

・「無意識のうちに減点法になってしまう」(29歳/商社・卸/営業職)

・「もともとマイナス思考なので、減点法で何もかも判断する癖がある」(32歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

減点法で見てしまう理由を聞いたところ、特に多く寄せられたのは以上の3つです。確かにマイナス部分は目立ちやすいですから、そのつもりがなくても減点法で見てしまいがちですね。特に婚活など人生を左右する場面だと、いつも以上にマイナス面が気になってしまうでしょう。

また、つい理想と比べて減点してしまう人も多くいるようです。ほかにも、日ごろからどんなことでも減点法で評価しているために、無意識に減点法になってしまう人も多いようです。癖になっているとなかなか直しにくそうですよね。

■減点法で男性を判断してしまう女性の心理

では、どのような心理から男性を減点法で評価してしまうのでしょうか? 心理コーディネーターの織田隼人先生に「減点法で男性を判断してしまう女性の心理」を聞いてみました。

◇減点法で男性を判断してしまう心理って?

☆男性を事細かに評価・分析しようとしている

人は何かを評価・分析する際、ほとんどの場合「ほかの何か」と比較します。比較することで弱点や足りない部分が浮き彫りになるからです。よい部分を見つけるには熟慮する必要がありますが、足りない部分は理解しやすいものです。そのため、何かを評価をしようとすればするほど、減点法を用いやすくなるのです。

☆「いいところだけ」を組み合わせた男性を望んでいる

複数の男性の中から、自分に合っている男性を選ぼうとした場合も、減点法になりやすいです。その際女性は「いいところだけ」を組み合わせた男性を望んでいます。そのため、たとえば結婚相談所で登録男性の年収や身長、体重や写真を見てもどれも「足りない」と感じてしまいます。

しかしそのような理想的な男性はそうそういません。いたとしても取り合いになりますし、ほとんどはすでにほかの女性の彼氏になっています。

☆人の目や意見が気になる

自分や付き合っている男性が、ほかの人からどう見られるのかを常に気にしている女性は、男性を減点法で評価しがちです。こうした女性は、他人からマイナスに見られるような男性と一緒にいると、自分もマイナス評価をされてしまう、と考える傾向があります。

そのため、自分だけでなく自分の近くにいる人も問題のない人であってほしいと望むようになり、減点法で他人を厳しく評価してしまうのです。

■加点法で判断するには?

加点法で男性を評価できるようになるには、どうすればいいのでしょうか? そのこつを織田先生に聞いてみました。

◇加点法で判断するコツ

☆相手のいいところを口に出してみる

相手のいいところを見つける場合、無理に探そうとすると思考が停止しやすいもの。

そこで、どんなささいなことでもいいので「口に出して褒めること」を心がけましょう。「すごく似合っている」「格好いい」「素敵ですね」など、小まめに何でも褒めていきましょう。こうして口に出すことで「他人のいいところ」がインプットされ、いいところ探しがしやすくなります

☆男性を選ぼうとしない

「どの男性が自分にふさわしいか」といった考えをやめましょう。選ぼうとするから相手の足りない部分が気になり、減点法になってしまうのです。多少気の多い人間になっても構わないので、あの人もいい、この人もいいと、いろんな男性と交流しましょう。

一番好きだという人ができたら、その人だけを愛するようにすればいいのです。

☆自分がどう見られているのか気にしない

自分や相手男性がまわりからどう見られているのかを気にしないようにしましょう。まわりの評価が気にならなくなると、相手を素直に評価できるようになります。そうすると、相手のいいところも見つけられるようになります。

まわりの評価を気にせず、相手と一緒にいる時間をただ楽しむこと。それが相手のいいところを探す第一歩になります。

■まわりの目は気にせず相手と素直に向き合おう

相手男性を減点法で見てしまうという女性は、約4割と意外と多くいるようです。減点法を用いると相手の嫌な点ばかりが気になって、よいところが見えなくなってしまうことがあります。それが原因でいい人を逃してしまった人もいるでしょう。

そうならないためにも、やはり加点法で見ることが大事。まわりの目を気にしたり、男性を過度に分析したりするのを避け、相手と素直に向き合った「よいところ探し」を心がけましょう。

(文:織田隼人、中田ボンベ/dcp)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2018年9月19日~9月24日
調査人数:211人(20~44歳の未婚女性)

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

チャンステスト

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

プロフィール入力すると無料でマッチング診断、あなたに合った楽天オーネット会員をご紹介します。

恋愛に関するキーワード

恋愛に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 結婚したいなら減点法じゃダメ! 加点法で男性を判断するコツ
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 結婚したいなら減点法じゃダメ! 加点法で男性を判断するコツ