結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 バツイチ子持ちで再婚するために知っておきたい3つのポイント

バツイチ子持ちで再婚するために知っておきたい3つのポイント

バツイチ子持ちで再婚するために知っておきたい3つのポイント
婚活アドバイザー

最近では、結婚するカップルの3組に1組が離婚しているといわれていますから、「バツイチ」の女性は珍しくありません。そのため、バツイチでも気にしないという男性も多くいます。しかし同じバツイチでも「子持ち」であると、途端に再婚が難しくなるといわれています。今回は、そうした「バツイチ子持ちの女性」が再婚するために知っておくべきポイントを探ります。

■バツイチ子持ちだと再婚は難しい?

現在、「バツイチ子持ち」の女性たちは、「バツイチ子持ちの再婚」についてどのように考えているのでしょうか? 「再婚が難しいと思うか」をアンケートで聞いてみました。

◇バツイチ子持ちだと再婚は難しいと思う女性の割合

Q.バツイチ子持ちだと再婚は難しいと思いますか?

思う(72.8%)

思わない(27.2%)

※有効回答数103件

バツイチ子持ちの女性の約73%が、「再婚は難しい」と考えているようです。実際にその立場での意見ですから、非常にリアルですよね。では、なぜそう思うのでしょうか?

◇再婚は難しいと思う理由って?

上の質問で「バツイチ子持ちの再婚は難しいと思う」と回答した女性75人に、その理由を聞いてみました。

☆子どもが相手に懐くかどうかわからない

・「やはり相手が子どもとうまくやっていけるのかが不安」(39歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「子どもが新しい親を受け入れられるか不安だし、親になる人が子どもに愛情を注げるか不安。自分ひとりの気持ちだけで決めるのが難しい」(41歳/医療・福祉/専門職)

☆相手男性が嫌がる

・「子どもの面倒を見たくないという男が多かった」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「知り合った中では、子持ちだとわかると付き合うのをやめる男性が多かったから」(41歳/小売店/営業職)

☆子どものことで手いっぱいになる

・「子どもが再婚をどう思うかもあるし、子育て・家庭・仕事・恋愛となると時間が足りない」(38歳/医療・福祉/専門職)

・「子どもの育成を第一に考えて生活基盤を整えないといけないので、恋愛は後回しになってしまうから。また、子ども優先になってしまうことを相手に理解してもらうのが難しい」(44歳/その他/専門職)

特に多く寄せられたのが「子どもが相手に懐くかわからない」というもの。自分にとっていい人でも、子どもが嫌がるようなら再婚できませんし、難しいですよね。また、「子どもがいることを嫌がる男性が多い」といった回答も多く寄せられました。実際にそうした男性と出会った女性は多いようです。子ども中心の生活で恋愛自体ができないという回答もありました。

■バツイチ子持ちで再婚している女性の特徴

バツイチ子持ちでも再婚したいと考えた場合、結婚相談所に頼るのもひとつの方法。そこで、結婚相談所での「バツイチ子持ち女性の実情」や「バツイチ子持ちでも結婚できた女性の特徴」を、『大西明美結婚相談所』の代表・大西明美先生に聞いてみました。

◇バツイチ子持ち女性の再婚実情

一般的に、男性は子どもがいる女性を敬遠してしまう傾向があります。特に結婚歴のない男性は結婚生活自体が未知数な上、いきなり子育てがはじまるので、バツイチ子持ち女性に強い抵抗感を持ちやすいです。

しかし、それなら「子どもがいてもOK」の男性を探せばいいのです。結婚相談所に登録すれば、数千から数万人の男性の中からマッチングすることができます。子どもがいてもOKという男性は、その中でおよそ2~3割はいます。結婚相談所に登録するだけで、これだけ多くの再婚相手の候補を得られるのです。これは結婚相談所の大きな強みですね。

また、同じ条件・同じ年代で未婚の人がいれば、あえて子どもがいる女性を選ぶ男性はめったにいませんが、ここで気をつけたいことは「同じ条件であれば」ということです。たとえばほかの人よりも魅力的な部分があれば、「この人なら子どもがいてもいいや」と判断する男性も出てきます。「同じ条件なら負けるけれど、ちがう条件なら勝てることもある」と、そういう気持ちで婚活をすることが大切です。

◇バツイチ子持ちで再婚している女性の特徴

☆離婚の原因が男性側にあった女性

私は離婚歴のある女性には、必ず不倫やDVがなかったかを聞くようにしています。なぜかというと、男性側の不倫やDVが原因の場合、女性側には落ち度がありません。相手が悪くて離婚をしていることが明らかなので、離婚はやむを得ないものだったと男性に受け止められます。ですので、「男性から離婚原因を聞かれたら包み隠さず話をするように」とすすめています。素直に話せる人は交際に至りやすいです。

男性は離婚の原因をとても気にします。離婚の原因について女性に落ち度がなければ、不安は払拭できますからね。また、そもそもお見合いになっている段階で、女性に子どもがいることを相手は許容しています。

このように、「あとは本人同士の相性を確かめるだけ」という状況にいかに早く持っていくかが成婚の可否につながります。

☆毎日家で親子でご飯を食べている女性

これが婚活に関係があるのか不思議に思うかもしれませんが、実は非常に重要なことです。毎日親子でご飯を食べている女性は、結婚しても家族のために食事を作り、温かい家族だんらんの時間を大切にする傾向があるからです。独身男性の多くは「家族だんらん」に憧れを持っているため、そうした女性を好みます。お見合いをするときは、家族を大切にして、家庭料理が作れることを話すといいでしょう。

また、「毎日家で食べる」といっても、たまには出来合いのものやカップラーメンを食べることもあるでしょう。ただ、男性は「毎日家で親子でご飯を食べている」と知ると、「家庭料理を毎日きちんと作れているんだな」と想像します。実際はちがったとしても、想像させることがポイントです。

☆清楚な女性

男性は清潔感を感じない相手とは次に進みたいと思いません。「所帯じみてはいけない」とセクシーな格好をする女性がいますが、それは婚活では逆効果の場合もあります。家庭をないがしろにしている、という嫌な印象を与えかねないので注意しましょう。

■バツイチ子持ちで再婚するためのポイント

バツイチ子持ちの女性が結婚相談所を利用した際、再婚するためにはどのようなことを心がけるといいのでしょうか? 「バツイチ子持ちで再婚するためのポイント」を大西先生に聞いてみました。

◇バツイチ子持ちで再婚するための3つのポイント

☆とにかくお見合いの申し込みを続ける

「子どもがいる」というだけでお見合いの受諾率は落ちます。現場感覚だと、未婚女性の半分か、3分の1ぐらいになるでしょう。しかしこの現実を先に知っておけば、いざそうなった場合も絶望することなく、申し込みをし続けられます。1週間に一度は新しい人をチェックして、「いいな」と思った人にはどんどん申し込みをしていきましょう。

☆7~10歳年上の男性を狙っていく

婚活は子どもがいると不利になりますが、年齢が若ければ受諾率が上がります。男性はだいたい7歳くらい年下の女性から申し込みがあると、「若い人から来た!」と思う傾向があります。たとえば42歳の平均的なプロフィールの男性の場合、同じ42歳の未婚女性よりも、7歳年下の35歳子持ち女性を選ぶ可能性も決して低くありません。

再婚した相手の子どもを授かる可能性ももちろんありますし、この「7歳年上」を狙うのはかなり効果的です。ただ、10歳以上年上になるとさすがに話が合わなくなる可能性があるので注意しましょう。

もし妊娠・出産が難しい場合であっても「7~10歳年上の男性」をおすすめします。自分より若い女性と結婚して一緒に暮らしたいという男性は多いですし、男性に子どもがいない場合は自分の子どものように育てようと思ってくれる男性も少なくないからです。

☆同じように子どもがいる男性を選ぶ

同じように子どもがいる男性も婚活では女性と同じ状況です。たとえば親権が元妻のところにある場合、養育費の支払いなどの関係で敬遠される可能性が高いからです。そのため、子どもがいる男性は、未婚男性よりも女性に対する条件が緩くなっています。

また、お互いに子どもがいる中での離婚を経験しているので、相手を責めることもありません。つらさもわかち合いやすいため、交際後も話が合いやすいです。子どもがいる男性は、「子どもと別居」という人も多いため、再婚後にお互いの子ども同士でトラブルが起こることも少ないと考えられます。

子どもがいる女性が「年下の男性」を狙うのは難しいのですが、男性に子どもがいる場合はそれも難しくないでしょう。特に30代の男性の場合、子どもがいると同年代で未婚の女性との結婚はかなり難しくなります。そのため、年上の結婚歴のある女性も視野に入れて婚活をしているケースも多いのです。

■バツイチ子持ちだからと諦めないで!

子どものことが気がかりで恋愛できなかったり、子どもがいることを嫌う男性が多かったりなど、バツイチ子持ち女性の再婚事情はかなり厳しいようです。普段の生活の中で「子どもがいても構わない」という男性と知り合うのはなかなか難しいでしょう。

ただ、結婚相談所は数多くの男性からマッチングする相手を選べますから、そうした「子持ちでもOK」の男性と出会えるかもしれません。再婚を考えているなら利用を検討するといいでしょう。もちろん結婚相談所に入会しても、バツイチ子持ち女性は不利ではあるかもしれませんが、その状況を理解し、作戦を立てて婚活をすることで不利をはね返せるかもしれません。本気で再婚したいのなら、一度結婚相談所に相談しに行ってみてはいかがでしょうか?

(文:大西明美、中田ボンベ/dcp)

※マイナビライフサポート調べ

調査日時:2018年9月4日

調査人数:103人(22~44歳のバツイチ子持ちの女性)

※画像はイメージです

婚活に関するキーワード

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 バツイチ子持ちで再婚するために知っておきたい3つのポイント
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 バツイチ子持ちで再婚するために知っておきたい3つのポイント

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。