結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 成婚はすぐそこ! 地方の婚活は4つのポイントをおさえて成功させよう!

成婚はすぐそこ! 地方の婚活は4つのポイントをおさえて成功させよう!

成婚はすぐそこ! 地方の婚活は4つのポイントをおさえて成功させよう!
30代40代専門の結婚相談所インフィニ代表取締役

婚活ブームの昨今、大都市圏だけでなく地方でも市区町村単位でさまざまなお見合いパーティーが開催されています。今回は、こうした地方での婚活の実情や特徴などを探るとともに、地方での婚活を成功させるためのポイントを調べてみました。

■経験者女性が語る! 地方の婚活は大変?

地方での婚活の実態を調べるべく、「地方での婚活経験」のある女性にアンケートを行いました。

◇地方での婚活が大変だと思った女性の割合

一般的に地方での婚活は、大都市圏と比べると成婚しづらく大変だといわれています。それは本当なのでしょうか?

Q.地方で婚活するのが大変だと思ったことはありますか?

 はい(66.8%)
 いいえ(33.2%)

※有効回答数199件

地方での婚活経験がある女性のうち、約67%が「地方での婚活は大変」だと回答しました。地方で婚活するのは大都市圏より大変という説はおおむね正しいといえそうです。ではどんな理由で大変だと思うのでしょうか?

◇大変だと思う理由って?

上の質問で「はい」と回答した女性133人に、地方の婚活が大変だと思う理由を聞いてみました。

☆婚活イベントの開催数が少ない

・「婚活イベントが少ないし婚活に対する抵抗感も強い。大企業もあまりないので、収入のいいパートナーを見つけるのが難しい」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「出会いが少ない。婚活パーティーも隣の市に行かないと開催されていないし、開催数も少ない。内容も似たようなパーティーばかり」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

☆イベントに人が集まらない

・「婚活イベントに参加する人が根本的に少ないので、ピンとくる人がなかなかいない」(37歳/情報・IT/技術職)

・「婚活をする場が少なく、婚活の場に行っても人数が少ないので圧倒的に出会いがない」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

☆参加者の年齢が高い

・「婚活していたとき、参加男性の年齢が自分よりかなり高いことが多かった」(43歳/その他/その他)

・「相手の独身男性たちがかなり年上の人ばかりでした」(39歳/その他/その他)

「地方での婚活が大変」と感じる理由でもっとも多かったのが「婚活イベントの開催数が少ない」というもの。開催数が少なければ、出会いも少なくなって当然でしょう。

また、開催数が少ないにもかかわらず参加人数が少ないのも、大変な理由に挙げられています。そして「相手男性の年齢層が高い」のも多く寄せられた声。これが地方の婚活のリアルな実情なのかもしれませんね。

■専門家に聞いた! 地方での婚活の実態

「地方での婚活」について、今度は専門家の意見を聞いてみましょう。結婚相談所インフィニの代表・佐竹悦子先生に「地方での婚活の実態」を伺いました。

◇地方の婚活の実態って?

地方での婚活方法は大きく3つにわけることができます。まずは地方自治体主催の婚活パーティー、そして婚活セミナー、最後に結婚相談所やSNSといった個人で行うものです。

どの地方自治体も婚活パーティーや婚活セミナーに力を入れていて、パーティーは月に1度または2カ月に1度ほどの頻度で開催されています。内容も趣向を凝らしていますが、問題は参加者が少ない点です。

特に女性の参加者が少ないのはどこでも同じです。なぜ女性が参加したがらないかというと「恥ずかしいから」だといいます。「知った人に会うと恥ずかしい」「参加すること自体が恥ずかしい」「結婚できていない人と思われると恥ずかしい」という気持ちがあるのです。

また、婚活セミナーは「モテるためにはどうしたらいいのか講座」や「男心をつかむ方法を知る講座」、「美しくなるためのメークテクニック講座」など多彩です。地方自治体が主催し、いろいろな分野の専門家を全国から呼んでいます。こうしたセミナーであれば女性は集まりやすいようです。

同時にほかの部屋で男性向けのセミナーを開催し、その後に双方の参加者を集めて婚活パーティーを開催したりもしています。ただ、参加メンバーが「いつも同じ」になる傾向もあるので、出会いの場としては難しい点もあります。

最近では結婚相談所やSNSを使って婚活する地方在住者も増えています。自分が住んでいる地域や地方にいる男性にこだわらずに、全国的に結婚相手を探すのです。

ただ、SNSは「危険かもしれない」と考えて、結婚相談所に登録する人も少なくありません。結婚相談所は身分証明書の提出義務があるため、SNSより安全といえます。結婚相談所に来る人は本気で結婚を考えているため、本当に結婚をしたいのであればプロに任せるのが近道だといえそうです。

■地方での婚活を成功させるためのポイント

開催数が少ない、参加者が少ないなどネガティブな要素のある地方での婚活ですが、成功させるためにはどんなことを心がけるといいのでしょうか? 佐竹先生に教えてもらいました。

◇婚活を成功させるための4つのポイント

☆恥ずかしがらない

地方での婚活パーティーにしてもセミナーにしても、男性はすぐに集まるのですが、女性が少ないことが一番の特徴です。先ほども述べたように、女性に恥ずかしいという気持ちがあるからです。

しかし、参加している人はみんな結婚相手を探しているのです。「いい人に出会えなかったのはタイミングが悪かっただけ!」「これから相手を見つけて結婚するんだ!」と割り切って、まずは気軽に参加してみましょう。

☆まわりの目は気にしない

地方の女性は、東京など大都市圏の女性に比べて地味な人が多い傾向にあります。化粧をしなかったり、本人が必要以上に飾るのを嫌がる人が多いですね。これは、まわりの目を気にしているからです。おしゃれをするとご近所さんから、「結婚式?」とか「どこに行くの?」と聞かれることもあるのです。

しかし出会いの場に行くのだから、女性らしさを出すのは当然です。まわりのいうことは気にしすぎず、自分に自信を持ちましょう。女性度を上げることが大切なのです。

☆女性側が積極的に動く

結婚を考えているとはいえ、男性の中には消極的な人もいます。そういう人は女性へのアピールがうまくできないので、「いい人」だと思ったら自分から動きましょう。「男から声をかけてくれるのが当たり前」という考え方は一度忘れましょう

積極的な女性もいるので、いいなと思う男性からのアプローチを待っていたら、ほかの女性に持っていかれてしまいます。電話番号、メールアドレスを聞くのは当たり前。デートの約束も女性がリードしてもいいのです。男性だって待っているのだから、とにかく自分から積極的に動くことが大切です。

☆相手の事情を理解する

地方には独自の文化やしきたり・習わしがあります。同じ町であっても、家ごとに多少ちがうこともあります。そうした昔ながらの風習は、時代が変わったとしてもあまり変化しないため、地方の男性は風習を受け入れることができる女性を希望する傾向があります。

そのため、地方の伝統や家々のしきたりを理解して、それを受け継いでいるという男性の事情を考えることが重要です。また、地方在住の男性は両親との同居率も高いので、相手の親のことを受け入れる寛容な心があれば、地方での結婚はうまくいく可能性が高まります。

■地方での婚活の特徴を理解して成婚を目指そう

地方での婚活経験者たちは「婚活の場が少ない」「参加者が少ない」「参加者の年齢層が高い」と感じており、これが地方の婚活が大変な理由とのこと。特に参加者が少ないことは、専門家も問題と考えているようです。

もし地方の婚活に参加する場合は、こうした特徴をあらかじめ理解して、まわりの目を気にせずに行動することを心がけたり、自分から積極的に動くなどしましょう。そうすることで、婚活を成功させることができるかもしれませんよ!

(文:佐竹悦子、構成:中田ボンベ/dcp)

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2018年8月8日~8月9日
調査人数:199人(20~44歳の東京、大阪、愛知、京都、兵庫、神奈川以外で婚活経験のある女性)

※画像はイメージです

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

チャンステスト

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

プロフィール入力すると無料でマッチング診断、あなたに合った楽天オーネット会員をご紹介します。

婚活に関するキーワード

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 成婚はすぐそこ! 地方の婚活は4つのポイントをおさえて成功させよう!
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 成婚はすぐそこ! 地方の婚活は4つのポイントをおさえて成功させよう!