結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 20代で結婚相談所を利用するメリット・デメリット

20代で結婚相談所を利用するメリット・デメリット

20代で結婚相談所を利用するメリット・デメリット
婚活アドバイザー

20代前半の若い年齢で結婚相談所に入会し、理想的な相手を探そうとする人は少なくありません。しかし、20代だと「まだ結婚相談所の仲介を受けなくても問題ないのでは?」と思ってしまいますよね。そこで今回は、20代で結婚相談所を利用するメリット・デメリットを探ります。

■20代女性に結婚相談所への入会意欲を調査!

20代で結婚相談所を利用するメリット・デメリットを調べる前に、まず20代女性の「結婚相談所への入会意欲」を調べてみました。

◇結婚相談所に入会しようと思ったことはある?

Q.結婚相談所に入会しようと思ったことはありますか?

 はい(15.8%)
 いいえ(84.2%)

※有効回答数400件

「結婚相談所に入会しようと思ったことがある」と回答した20代女性は約16%でした。やはり20代だと結婚相談所にお世話になろうと考える人は少ないようです。そもそも、まだ本格的に結婚を考えている女性が少ないのかもしれませんね。

◇入会しようと思った理由

ほとんどの20代女性が結婚相談所にまだ入会しようとは思っていないようですが、「入会しようと思った」という人もいます。では、なぜ20代のうちから入ろうと思ったのでしょうか? その理由を聞いてみました。

☆出会いがなかったから

・「結婚願望はあるのに職場ではいい出会いがなかったから。結婚相談所なら結婚願望のある人しかいないだろうし、スムーズにいくだろうと思った」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「出会いの場がまったくなかったから」(22歳/その他/その他)

☆早期に結婚したかったから

・「早期に結婚相手を見つけないと手遅れになる可能性があると思ったから」(22歳/医療・福祉/その他)

・「早く結婚相手を見つけたいと思ったから」(23歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

☆興味があったから

・「どういう人が集まるのか気になったし、経験してみたかったので」(24歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「興味本位で入ってみようと思った」(23歳/医療・福祉/専門職)

「20代で入会しようと思った理由」はこのようになりました。20代でも出会いがないことに焦ったり、危機感を覚えたりして結婚相談所に入ろうと思った人が多いようですね。

また、早期に結婚したいと思った人や、手遅れにならないよう、早い段階から婚活をはじめたいと入会を希望した人もいます。全体的にこの2つの意見が多く見られました。結婚相談所がどんなところなのか気になり、興味本位で入会しようとした人も、意外といるようです。

■20代で結婚相談所を利用するメリット・デメリット

次に、「20代で結婚相談所を利用するメリット・デメリット」を、『大西明美結婚相談所』の代表・大西明美先生に聞いてみました。

◇20代女性が結婚相談所を利用するメリット

☆20代というだけで申し込みが多い

結婚相談所で20代の割合はだいたい1割~1.5割ほどと希少です。結婚相談所に登録する男性の動機でもっとも多いのは「子どもがほしい」ですから、どの男性も希望する相手として「20代」を選びがちです。

見た目が特別に美人でなくても、素晴らしいスタイルでなくても、20代女性には男性から申し込みが来やすいですので、自分に自信がないと思っている人ほど、早めの婚活をオススメします。

☆一般的な恋愛よりも高望みができる

前述のとおり20代女性は婚活では貴重な存在です。だからこそ、高年収やイケメンなど、好条件とされる男性からのアプローチも増えます。自分で申し込みをしなくても、申し込まれたものを受諾すればいいので、「会いやすい」のが特徴です。

好条件の男性と出会う機会が圧倒的に増え、こちらから申し込んだとしても断られることが比較的少ないので、婚活のストレスも軽減されます。婚活をやめたくなる要因のほとんどはストレスですので、20代は婚活が継続しやすく、成婚しやすいといえますね。

☆お見合いの受諾率が30代より高い

婚活関連企業の『IBJ』の調査によると20代のお見合い受諾率は11.4%。一方30代前半は9.1%、後半は7.4%となっています。平均すると10人にひとり以上には受諾されるので、少し高望みした理想的な男性とのお見合いが実現しやすいのです。

◇20代女性が結婚相談所を利用するデメリット

☆同世代が少ない

20代は全体の1割程度しかいないため、同じ20代男性とのお見合いが難しくなります。希望する相手の年齢を30代半ばぐらいまで広げないと、お見合いの機会がかなり減ってしまうのです。

また、20代で高年収の男性のほとんどは、婚活外で女性と知り合えるため、結婚相談所に入会しません。ですから、同世代で高年収の男性を望むと、成婚は難しいでしょう。

☆親が干渉してくることが多い

20代のうちは親が若く元気なので、子どもの婚活に口を出してくることが多く見られます。親と自分の好みはちがうため、親の言うとおりに婚活をすると好みじゃない人とのお見合いばかりになりかねません。

結果、成婚に至りにくくなります。親の意見に左右されず、自分が「会ってもいい」と思える人とだけ会うスタンスをしっかりと貫く必要があります。

☆同世代女性から「ガツガツしている」と思われやすい

20代で婚活する人はやはりマイノリティーです。そのため、20代で結婚を考えて相手を探す行動が、まわりに「男に飢えている」という印象を与えてしまうのです。

また、婚活は「経済力を求めて男性を選ぶ行為」と思われやすく、浅ましいと感じる女性も少なくありません。まだまだ、婚活に対しての理解が少ない人も多いので、婚活をしていることは婚活仲間以外には言わないほうが得策かもしれません。

■20代女性にオススメの結婚相談所の選び方

もし20代で結婚相談所に入会したいと思った場合、結婚相談所選びではどんなことに気をつけるといいのでしょうか? こちらも大西先生にアドバイスしてもらいました。

☆たくさん会員を持っている仲人を選ぶ

仲人がたくさん会員を持っている場合は、自会員同士のお見合いに力を入れていることが多いので「会える可能性」が高くなります。たとえば、30代で年収1,000万円を超える男性とのお見合いをしたい場合、普通は競争率が高くなかなか会えません。

しかし、同じ仲人の会員同士であれば、「仲人が言うのなら会ってみようか」と思ってもらえることが多く、通常の申し込みよりもお見合いが成立しやすいのです。

☆入会金が高すぎるところはパスする

入会金は、婚活でまだ何も起こっていないのに支払わなければいけないお金です。「もしかしたらいい人と出会えないかもしれない、成婚に至らないかもしれない」といった状況の中で何十万円も払うのはリスクが高すぎます。

そのため、入会金がなかったり、数万円程度で済むところならば、払うはずだった入会金で婚活用の服を買ったり、これからのデート代に使ったりできます。婚活はコストがかかるので、入会金で力尽きると後に差し支えます。20代だと割引も多いためぜひ活用しましょう。

☆仲人との相性は絶対に無視しないこと

はっきり言えば仲人も人間です。相性があります。相性が悪いということは、理解をしてもらえない、そして寄り添ってもらいにくいです。婚活のつらさも分かち合えない、気持ちが理解してもらえないとなると、婚活だけではなく、仲人とのコミュニケーションそのものがストレスになります。

ですから、結婚相談所選びの際は、仲人との相性は絶対に無視しないようにしてください。

■メリットが多いため20代での入会も視野に入れるべき

20代で結婚相談所を利用することは、相手からの申し込みが非常に多い、お見合いの受諾率が高い、ある程度の高望みができるなど、婚活において非常に強力なメリットがあるとのこと。もちろん、同世代と知り合うのが難しいなどのデメリットはあるものの、メリットのほうが大きいといえるでしょう。

もし20代のうちに結婚を望んでいるなら、結婚相談所に入会するのもいいですね。その際は、ぜひ大西先生の挙げた選び方を参考にしてみてください。

(文:大西明美、構成:中田ボンベ/dcp)

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2018年7月10日~7月12日
調査人数:400人(20~29歳の女性)

※画像はイメージです

婚活に関するキーワード

婚活に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 20代で結婚相談所を利用するメリット・デメリット
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 婚活 20代で結婚相談所を利用するメリット・デメリット

結婚相談所ナビは
"結婚したい"と思う人の
「第一歩」を応援するサイトです

結婚相談所ナビ

婚活の正しい情報、婚活の不安を解消する情報をお届けし、最高の結婚相手と出会うための第一歩をサポートいたします。