結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 男性必見! 女性を食事に誘う方法と敬遠されないコツ

男性必見! 女性を食事に誘う方法と敬遠されないコツ

男性必見! 女性を食事に誘う方法と敬遠されないコツ
心理コーディネーター

気になっている女性を食事に誘う場合、「OKしてくれるかな?」と不安になりますよね。どんな誘い方であれば、敬遠されないでうまく誘うことができるのでしょうか? 今回は、女性を食事に誘う際のコツを探ります。

■食事に誘われた女性の本音

男性から食事に誘われると女性はうれしく感じるものなのでしょうか? 「食事に誘われた女性の本音」を調べてみました。

◇男性から食事に誘われたらうれしい女性の割合

まずは「男性から食事に誘われてうれしかったかどうか」を女性に聞いてみました。

Q.男性から2人きりでの食事に誘われたらうれしいですか?

 はい(75.7%)
 いいえ(24.3%)

(※)有効回答数391件

「食事に誘われるとうれしい」と答えた女性は約76%でした。多くの女性が、男性から食事に誘われることを好意的にとらえているようですね。これは誘う男性側にとってはうれしいデータでしょう。

◇どう思う? 食事に誘われたときの本音

多くの女性が「誘われてうれしい」と感じていますが、誘われたときはどう思ったのでしょうか? それぞれの回答者に「食事に誘われたときの本音」を聞いてみました。

☆うれしい人の本音

・「2人きりでいても気を使わない、気を許せる相手だと思ってくれているのがうれしかったです」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・「ただ単にうれしい。ご飯も食べれるし、男性の人とお喋りしてどんな人なのか知りたいし、知ってもらいたい。誘ってくれてるのは何かしら好意があったり相談なのかもしれないのでとりあえず行ってみます」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分に好意を抱いてくれるのかなと思うから。好意を持ってくれたらうれしい」(39歳/生保・損保/営業職)

☆うれしくない人の本音

・「特別な感情を持たれても困るし面倒。相手の食事の好みやペースに合わせられる自信がない」(42歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「相手によってはうれしいが、基本的には人付き合いが苦手だから」(23歳/その他/販売職・サービス系)

・「好きな人じゃなければ別にうれしくないし、行きたくないから」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

「誘われるとうれしい」と答えた女性の多くは、「こちらに興味を持ってくれている」「好きでいてくれる」と感じるようです。一方の「うれしくない」と答えた人の本音では、「面倒」との声が多く寄せられています。好きな相手でないと、わざわざ一緒に食事に行くのは気疲れしそうですし、期待を持たせるのもよくないと思ってしまうようですね。

■女性が思わずOKしてしまう食事の誘い方

好きな相手からの誘いでなくても、その誘い方次第ではOKしてもらえることも少なくありません。では、どんな誘い方ならOKしてもらいやすいのでしょうか? 心理コーディネーターの織田隼人さんに教えてもらいました。

◇直接誘う場合

まずは、直接誘う場合の誘い方です。

☆(1)おいしいお店を提案する

「おいしいものを食べに行こう」と誘うと断られにくくなります。「会うこと」が目的だと会いたくない、会うのが面倒と思われた場合、断られてしまう可能性が高いです、しかし、おいしいものが食べられるお店があると言えば、「悩むけど、おいしいものが食べられるのなら行ってみてもいいかな」という考えになります。食べることは生物の根源的な欲求のひとつですので、うまく使ってみましょう。

☆(2)終わりの時間を告げておく

デートの「終わりの時間」をあらかじめ伝えておくと「その時間に帰れるのならいいかも」という気持ちになりやすいです。特に、まだ相手に警戒されている時期ほど終わりの時間を伝えておくと安心してもらえます。好きかどうかわからない相手と長時間すごすのは苦痛だと感じやすいです。「苦痛になるかも」と考えると途端に面倒になるのが人間なので、とにかく「気軽なデートだよ」と伝えるためにも終わりの時間を伝えましょう。

☆(3)その場で日程を決める

直接会っているときは日程調整がしやすいですから、その場で「この日はどう?」と言いながらスケジュールを決めるのもいいですね。あとからスケジュールを決めようとすると、やりとりが面倒になってデートが流れてしまうことがあります。会っているときに決めるとその場で確認が取れます。「この日はどう?」と聞いて、その場で相手のスケジュールを押さえてしまいましょう。

◇LINEで誘う場合

次にLINEのやりとりでの誘い方です。

☆(1)断りづらい質問で誘う

たとえば「一緒に遊びに行きませんか?」という質問では、「Yes」か「No」の選択になり断られやすくなります。しかし「土曜日か日曜日に一緒に遊びに行きませんか?」だと「土曜日」か「日曜日」のどちらかの選択になるので、デートに応じてくれやすくなります。同じく「一緒に遊びに行きましょう! 中華とイタリアン、どっちがいいですか?」と誘えば、どちらかを選んでくれるものです。「AかB」というように選択肢を準備し、その上で「AかBに遊びに行かない?」というように聞くといいでしょう。

☆(2)あらかじめ日程の候補を伝える

デートの誘いで大事なのは「日程を決める」ことです。ですので「11日の土曜か、19日の日曜に一緒に行きませんか?」というように、日程の候補を先に伝えましょう。日程がうやむやのままだといつまでたってもデートが実現しません。「デートの日程を確定させること」を最優先に、自分の調整できる日を相手に伝えて日程を合わせましょう。

こちらから具体的に日程を伝えることで、相手も真剣に考えてくれます。そして、スケジュールが合わないだけの場合、相手から別日程を提示してくれることもあります。デートの誘いに応じてもらうためにも、しっかりと日程調整をしましょう。

■こんな誘い方は嫌! 女性に敬遠されないコツ

応じてくれやすい誘い方がある一方で、女性が嫌う誘い方もあります。そこで、敬遠されないコツを、織田さんに聞いてみました。

◇(1)「今度」とか「近いうちに」というような言葉を使わない

「今度食事に行きませんか?」とか「近いうちにご飯にいきましょう」と日程を曖昧に伝えると「はい、今度ぜひ」と相手も答えてしまい、いつまでたっても日程が決まりません。「今度」とか「近いうちに」というのは社交辞令の場合もあるので、相手も警戒してなかなか誘いに乗ってきてくれないのです。

◇(2)具体的なプランを決めてから誘う

どこに行くのか、何時に待ち合わせするのかなど、具体的なことを決めずに食事に誘うのはやめましょう。デートに誘われる側もある程度どのような場所なのか不安になりますし、映画を見るのと動物園に行くのとでは準備の仕方が変わるように、食事をする場所によってファッションも変わります。必ずどこに行くのか具体的に決めておきましょう。

◇(3)「ほかの人も一緒に」と誘う

「みんなで行きませんか?」といった誘い方だと、相手は「ああ、デートじゃないんだ。本気ではないのね」と思ってテンションを下げてしまいます。女性をデートに誘うときは「2人で一緒に遊びに行きたい!」という強い気持ちが出るくらいのほうがいいです。うまく誘いに応じてもらうためにも、「みんなで」とか「誰かと一緒に」という誘い方は控えましょう。

■要点を押さえて効果的な誘い方を

多くの女性は男性から食事に誘われるとうれしいと感じるとのこと。ですから、悩んでいる人は、思い切って気になる女性を食事に誘ってみるといいでしょう。その時の誘い方は、今回挙がっていたような相手の気持ちを思いやった誘い方を実践してみると楽しいデートにこぎつけるかもしれませんよ。

(監修・文:織田隼人、文:中田ボンベ/dcp)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2018年5月25日~5月29日
調査人数:391人(20~44歳の女性)

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

チャンステスト

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

プロフィール入力すると無料でマッチング診断、あなたに合った楽天オーネット会員をご紹介します。

恋愛に関するキーワード

恋愛に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 男性必見! 女性を食事に誘う方法と敬遠されないコツ
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 恋愛 男性必見! 女性を食事に誘う方法と敬遠されないコツ