結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 有意義な婚活を! 2回目のデートを成功させるための準備と行動

有意義な婚活を! 2回目のデートを成功させるための準備と行動

有意義な婚活を! 2回目のデートを成功させるための準備と行動
30代40代専門の結婚相談所インフィニ代表取締役

婚活で知り合った男性との最初のデートがうまくいった場合、より仲を深めるために2回目のデートに行くのは当然の流れ。では、2回目のデートを成功させるためには、どんなことに気を付けるべきなのでしょうか?『結婚相談所インフィニ 青山結婚予備校』の代表・佐竹悦子先生にお話を伺いました。

■2回目のデートの重要性とは

まずは、2回目のデートの重要性について聞いていきましょう。

婚活の1回目のデートは昼間、1時間くらいお茶をするといった形が一般的。まだ相手がどんな人なのか把握していない状態なので、探りを入れるようなデートになることが多いのです。

そのため、1回目のデートをこなして、2回目のデートの約束ができたならば、ここからが肝心です。2回目のデートで、よい交際になるかならないかが決まってしまうからです。

1回目のデートとは違い、2回目のデートは「相手のことをより深く知るためのもの」です。

そのため、場所や時間をしっかり吟味し、質問事項なども準備しておく必要があります。ゆっくりと時間をかけて話をしたいのであれば、お互いに時間に余裕があるタイミングでなければなりません。どちらかが慌ただしいと、気持ちに焦りが出てくるので、話も上の空になってしまいます。

■2回目のデートに臨むための事前準備

相手のことをより深く知るために非常に重要な2回目のデート。そのような重要な機会を無駄にしないための準備について把握しておきましょう。

◇2回目のデートにふさわしい心構えと準備を

2回目のデートには、「仲良くなりたい」というオープンな気持ちで臨むことが大切です。また、相手から「話が合う人だな」と思ってもらうことが成功の鍵になります。そのために、質問事項を準備するなど、何をしたらいいのかをちゃんと考えましょう。

服装は、1回目と同じテイストがオススメです。2回目のデートがあるということは、1回目では服装を含めて大きな失敗がなかったということ。タイプを変えると新鮮な印象を与えることができるかもしれませんが、逆に好みの服装ではなくなってしまうこともあるのです。

■当日はどんなことに注意するべきか

2回目のデート当日は、どのようなことに注意すれば、相手によい印象を与えることができるのでしょうか? また、デート中のNGな行動についても挙げてもらいました。

◇振る舞いや会話が鍵! 注意すべき4つのポイント

相手によい印象を持ってもらうためには、振る舞いや会話が鍵になります。実際にどんな点に注意をすればいいのか紹介します。

☆(1)会話は余裕を持って小出しにする

「私を理解してほしい」と思ってしまうあまり、自分のことばかりを話してしまう。そんなこともあるかもしれません。

でもこれはNGです。

自分の生い立ちの話を何時間もした人がいて、話し終わったときには「あなたのことはよくわかりました。聞けば聞くほど僕とは合わないと思いましたので終了しましょう」と相手に言われた人もいます。一度に全部伝えるのは無理なので、焦らずに小出しにしていくといいでしょう。

☆(2)お金のかかる女と思われないようにする

婚活をしている人は、デートまで行き着くことができれば、その先にある結婚をイメージします。そのときに、お金がかかる女だなと思われたらお付き合いは成功しません。結婚した後、お金で苦労するイメージしか持ってもらえないからです。

いくら相手が自分に好意があると思っても、派手でわがままな振る舞いを避け、堅実な女性を印象付けましょう。2回目のデートで、本性を出すのは早すぎます。

☆(3)相手の話に耳を傾ける

2回目のデートでは、相手がどんな人なのかをもっと知りたいという気持ちがあるわけなので、いろいろな質問をして話を聞くことが大切です。

そのときに注意したいのが、なんでもいいから質問をするのではなくて、相手が何を求めているのかを見極めることです。何を話したがっているのかを言葉やしぐさから考えて、適切な質問をしましょう。

☆(4)結婚した後の夢を話す

結婚したら「こうしたい」「ああしたい」と思うのは自由です。2回目のデートでは、まだ夢のような甘い話でいいと思います。

ただ、「港区に住みたい!」「タワーマンションに住みたい!」など現実的になりすぎると相手に引かれてしまうので要注意です。

◇3回目のデートが遠のく!? NG行動

次に、2回目のデートでしてしまうと男性が引いてしまう行動を教えてもらいました。

☆年収を聞く

一番嫌がられるのは「いきなり年収を聞くこと」です。かなりの高収入であれば、聞かれた男性にとっても嫌な話ではないのですが、そうでない場合の男性が多いと思います。

期待どおりの年収でないからといって、あからさまにため息をついたり、「あなたは対象外」という態度を取るのは絶対にNGです。また、いきなり借金について聞くのも駄目です。

お金のことはとても大切なのはわかりますが、これはもう少し後での話題になります。

☆家事の分担をお願いする

さらに、結婚したら働きたくないという専業主婦希望の女性が、男性に家事分担をお願いしたケースもあります。

その彼はとても優しい人でしたが、「愛する妻なら僕も手伝うと思うよ。たとえ専業主婦であってもね。でも、好きでも嫌いでもない今、そんなこと言う人とは無理」と言ったそうです。

男性からすれば、2回目のデートでそんなことを言われたら、結婚した後が怖くなってしまいます。

結婚した後のことを話すのはいいのですが、あまりにも具体的になってくると、男性の気持ちは冷めてしまいます。家事を手伝ってもらいたいという話でも「洗濯と料理、どちらがいいですか?」という質問は、2回目のデートでする内容ではありません。2人の気持ちが固まって、結婚が現実的になった時点での話です。

2回目のデートは1回目よりも、お互いに情報がほしいと強く思っています。その気持ちは理解できますが、あまりにもガツガツしてしまうのもいけません。次のデートにつなげる意味でも、「下準備や心構えが必要」ということです。

■2回目のデートでは前のめりになりすぎないよう注意

相手のことをより深く知るために重要な2回目のデート。ただ、重要とはいっても、あまりに積極的にアピールしすぎたり、突っ込んだ話をしてしまうのはNGとのこと。

自分だけのことを考えて行動するのではなく、相手のことを考えた、「気配りのできる振る舞い」を心掛けると、よりよい印象を持ってもらえるでしょう。

(監修・文:佐竹悦子、文・中田ボンベ/dcp)

※画像はイメージです

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

チャンステスト

あなたにぴったりの人を診断! [PR]

プロフィール入力すると無料でマッチング診断、あなたに合った楽天オーネット会員をご紹介します。

結婚に関するキーワード

結婚に関する記事

結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 有意義な婚活を! 2回目のデートを成功させるための準備と行動
結婚相談所比較トップ 恋愛婚活コラム 結婚 有意義な婚活を! 2回目のデートを成功させるための準備と行動