更新日:

学資保険「貯蓄型」と「保障型」結局どちらを選べばいい?

学資保険には、「貯蓄型」と「保障型」という2つの種類があります。もちろんそれぞれにメリットがある一方で、デメリットも。ここではそれぞれの商品の特徴を解説し、結局どちらを選ぶべきなのかをジャッジします。

子どもの教育にかかる資金を貯めておくことを主目的としている学資保険には、「貯蓄型」のほかに、子どものためのさまざまな保障をより充実させた「保障型」という商品も用意されています。

資金を貯めるだけなら、銀行や郵便局などの預貯金でも同じ。ただし学資保険と預貯金の大きな違いの一つに、学資保険は「契約期間中に契約者(親や祖父母)が亡くなるなど万が一のことがあった場合、その後の保険料の払込みは免除」され、かつ「学資金や満期保険金などといった保障内容はそのまま継続される」というものがあります(保険料払込免除)。

預貯金は、お金を入金する人が亡くなったら、わずかな利率以外に残高が増えることはありませんが、学資保険では、入金が免除されたうえ、被保険者が満期金を受け取れる仕組みになっています。これは「貯蓄型」「保障型」どちらにもついている保障です。

「保障型」商品では、さらに子どもが病気や怪我をしたときの保障が手厚くなっています。

「貯蓄型」学資保険は?

「貯蓄型」とは、その名のとおり「貯蓄」することをメインの目的にした商品です。月払い・半年払い・年払い・一括など、契約時に決めた支払い方法で保険料を支払い、高校入学時や大学入学時など契約時に選んだ満期で学資金(保険金)を受け取ることができます。

「貯蓄型」学資保険のメリット

「貯蓄型」の学資保険の大きなメリットは、金利固定商品の場合、概ね預貯金の利率よりも高い割合で満期学資金を受け取ることができることです。保険料を支払ってさえいれば、大きな金額が必要となるタイミングで、払い込んだ総保険料以上の学資金を受け取ることができます。

なお、保険料はなるべく早く支払いを終え、受け取るまでの期間を長くしたほうが、保険会社が資金を運用できる期間が長くなるため、返戻率は高くなります

また、コツコツ計画的にお金を貯めるのが苦手な人には、保険料を強制的に支払う(引き落としされる)ことになる学資保険のシステムは、結果として貯めやすいというメリットもあるでしょう。

「貯蓄型」学資保険のデメリット

「貯蓄型」の学資保険には、前述した「親(契約者)に万一のことがあった場合、保険料払込免除」という保障はついていますが、それ以外の医療保障や育英年金などはついていません。それゆえ高い変戻率が実現できているのですね。また、途中解約した場合や金利変動型商品の場合、元本割れをする可能性もあります。

「保障型」学資保険とは?

「貯蓄型」が教育費の貯蓄に特化した学資保険なのに対し、「保障型」の学資保険は、子どものための保障を手厚くしたものです。

商品にもよりますが、多くの場合、子どもが病気や怪我をした際の医療保障や、契約者(親や祖父母)が亡くなるなど万が一のことがあった場合に、育英(養育)年金の保障などがついています。

「保障型」学資保険のメリット

「保障型」学資保険では、契約期間中に子どもが病気や怪我をして、通院・手術・入院が必要になった際に支払われる医療保障がついています。また、契約者が亡くなったり高度障害を負ったりした場合、満期まで毎年育英(養育)年金が支払われるほか、子どもが亡くなった際には死亡保険金が支払われることが多いようです。

「保障型」学資保険のデメリット

「保障型」学資保険は、保険料のなかから各種の保障をカバーしているため、多くの場合、契約者が支払った総保険料よりも満期で受け取る学資金のほうが少なくなります。また、育英(養育)年金付きの商品では、保険料も高く設定されているケースもあるようです。

結局、貯蓄型と保障型どちらを選ぶべきか

あくまでも、学資保険の目的は「子どもの教育資金を貯める」こと。「保障型」の学資保険商品には、万が一のときのさまざまな保障がついているとはいえ、親(契約者)がすでに生命保険に加入していれば、育英年金などにおいて保障内容が類似している可能性があるほか、生命保険の特約として子どもに関する保障が用意されている商品もあります。

つまり、契約者が生命保険に加入している場合、「保障型」学資保険では保障の範囲が重なるため、“2重保険”ということになり、得策ではないということ。こういう人は、学資保険は「貯蓄型」で十分です。

一方、生命保険などにまだ加入しておらず、教育資金に加え、その他医療保障・死亡保障など子どもに対する保障を重視したい方は、「保障型」を検討してみても良いでしょう。もちろん、生命保険には別途加入し、「貯蓄型」学資保険を契約するという手もあります。また、子どもの医療費は各自治体で医療費助成制度が用意されているので、何らかの医療保障を検討するなら、合わせて調べておきたいところです。

合わせて読みたい→学資保険の賢い選び方。目的別の注意点に着目!

>>保険コネクト(国内最大級)で保険を見直す<<

  • 画像はイメージです
  • 本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

その他の記事一覧

Copyright © https://woman.mynavi.jp/lifesupport/gakushi-hoken All rights reserved.