更新日:

返戻率が高い学資保険は?いま選ぶべき高返戻率保険ランキング

学資保険でできるだけ効率的に教育資金を確保したい方必見! 高返戻率の学資保険をランキング形式でご紹介します。

Aさん(3ヶ月の息子を子育て中)

Aさん(3ヶ月の息子を子育て中)

先日、母から『学資保険くらい入っておきなさい!』なんて言われて調べてみたのですが、どの保険を選べばいいのか全然わからなくて。。

編集長<br />
チエミ

編集長
チエミ

確かに各社からいろいろな商品が出ていて迷ってしまいますよね。そこで一番注意して見てほしいのは「返戻率」です。

※返戻率とは、支払った保険料が受け取り時にどのくらい戻ってくるかという割合のこと

Aさん

Aさん

まずはシンプルに返戻率をみればいいんですね。率が高いほうが、たくさんもらえるということですよね?

編集長<br />
チエミ

編集長
チエミ

その通りです。まずは各社の返戻率をチェックしましょう。そのうえで「支払い方」や「受け取り方」も注目が必要ですよ。

Aさん

Aさん

な、な、なんか大変そう…保険会社はいっぱいあるし… でも損したくはないです…。

編集長<br />
チエミ

編集長
チエミ

たしかに損したくないですよね! 各保険会社のサービスについて、しっかり調べたので一緒に見ていきましょう!

ご紹介する学資保険の返戻率は2019年8月時点の情報になります。

高返戻率の学資保険ランキング

  • 1位:明治安田生命 つみたて学資I型 109.0%
  • 2位:ニッセイ学資保険 祝い金なし型 108.5%
  • 3位:ソニー生命学資保険(無配当)III型 108.0%
  • 4位:ソニー生命学資保険(無配当)II型 106.7%
  • 5位:フコク生命みらいのつばさ ジャンプ型 105.5%

学資保険の目的は、主に「子どもの将来に必要な教育資金の準備」と「医療保障の確保」の2つ。ただし、医療保障などの特約をつけると返戻率が100%を下回るなど、貯蓄性は低くなります。

今回は、返戻率の高さを比較するため、医療保障をつけない円建ての学資保険商品をリサーチ。その結果明らかになった高返戻率商品のランキングがこちらです。なお、契約者(親)は男性30歳、被保険者(子ども)は0歳で算出しています。

1位:明治安田生命 つみたて学資I型

18歳から4回に分けて学資金を受け取るプランの学資保険。払込期間の選択により、高い返戻率を目指せます。

保険料を加入時に一括払込することと、準保険金額が75万円以上の場合で適用される高額割引を併用することで、返戻率109.0%を実現します。

学資金300万円で子どもが10歳になるまでという払い込みの場合でも、返戻率105.8%と魅力的な貯蓄効果。将来的に必要な教育資金の確保にも十分です。

参照元:明治安田生命「つみたて学資」

2位:ニッセイ学資保険 祝い金なし型

ニッセイ学資保険は、保険料払込期間を5年、18歳から22歳まで5回に分けて学資金を受け取るプランで108.5%の返戻率を確保しています。

年払いを選択すれば、返戻率はさらに108.9%まであがります。

18歳で受け取れる金額は基準保険金額の100%、19~22歳は50%設定となっているため、分割受け取りながら子どもの大学入学時という大きなお金が必要になる際の資金確保にも使いやすい保険です。

  • 払込期間:5年(月払い)→返戻率108.5%
  • 払込期間:5年(年払い)→返戻率108.9%

参照元:ニッセイ学資保険

3位:ソニー生命学資保険(無配当)III型

ソニー生命の学資保険で最も返戻率が高いプランは、18歳から22歳まで5回に分けて学資金を受け取るIII型です。

10年払い込みのプランを選択した場合、返戻率は107.2%です。こちらも、年払いを選択すれば返戻率を108.0%まであげられます。

  • 払込期間:10年(月払い)→返戻率107.2%
  • 払込期間:10年(年払い)→返戻率108.0%

参照元:ソニー生命「学資保険準備スクエア」

4位:ソニー生命学資保険(無配当)II型

ソニー生命の学資保険II 型は17歳・18歳でまとめて学資金を受け取るタイプですが、20歳・22歳満期とすることも可能。その際は18歳で基準保険金額の100%の進学学資金を、20歳もしくは22歳で基準保険金額の100%の満期学資金を受け取ることができます。

返戻率は10年払込の場合106.7%で、17歳・18歳でまとめて受け取るよりも有利です。子どもの進学先やその時の家計・貯蓄状況によって、お得に受け取れるのは大きな魅力です。

参照元:学資金準備スクエア学資保険の教科書

もっと詳しく→ソニー生命の学資保険が選ばれる理由とは?

5位:フコク生命みらいのつばさ ジャンプ型

フコク生命「みらいのつばさ ジャンプ型」は、子どもの大学への進学に重点をおいて教育資金を準備するプランです。

保険料払込期間は11歳までで、22歳満期。18歳で祝い金、22歳で満期学資金をそれぞれ基準保険金額の100%が受け取れ、返戻率は105.5%です。

参照元:フコク生命「みらいのつばさ」

学資保険の返戻率はどのくらい?返戻率の計算方法も解説

現在の学資保険は、生命保険会社の予定利率が低下している影響もあり、返戻率の平均は100%を少し超える程度です。しかし、保険料の払い込み方や受け取り方を工夫することで105~108%程度の返戻率を実現し、高い貯蓄性をうたう商品も多数あります

学資保険は返戻率が高いほどお得になりますが、返戻率がどのように計算されているかご存知でしょうか? 返戻率とは、受け取れる保険金を、払った保険料の総額で割ったもの。次の式で計算することができます。

「満期保険金」+「祝い金」÷「支払い保険料の総額」=返戻率

返戻率は、学資保険でどれだけ効率的に必要な教育資金を確保できるかということに加え、貯蓄性の目安にもなります。是非、比較の際に参考にしてください。

学資保険は家計の状況に合わせて選ぶことが重要

子どもに必要な教育資金を確保するために学資保険を検討するなら、高い返戻率を目指したいものです。しかし、高い返戻率を実現するためには、できるだけ早く保険料の払い込みが必要になっていたり、受け取り開始が遅く設定されていることも。

いろいろなプランがあって、何が自分にとっていいのか迷うという人は、一度ファイナンシャル・プランナー(FP)に話をしてみるのもおすすめです。子どものことはもちろん、自分のライフプランも相談しながら商品を選ぶことができますよ。

合わせて読みたい→学資保険は貯金より有利?実際の試算で比較してみよう

>>保険コネクト(国内最大級)で保険を見直す<<

  • 画像はイメージです
  • 本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

その他の記事一覧

Copyright © https://woman.mynavi.jp/lifesupport/gakushi-hoken All rights reserved.