更新日:

大学受験で、もし子どもが浪人したら?一年間でいくらかかるの?

浪人すると多くの人が予備校に通いますが、一体その費用はいくらかかるのでしょうか? 河合塾、代々木ゼミナール、東進ハイスクール、駿台といった大手予備校が公表している費用を比較してみましょう。

大学受験用に予備校が用意しているコースは、実にさまざま。医歯薬系コースや個別指導つきのコースだと金額が跳ね上がる場合がありますが、それ以外ならどの予備校でも概ね金額の幅は変わらないようです。

河合塾

河合塾は、入塾金10万円+授業料。授業料は年間60万円~85万円ほどです(医歯薬系を除く)。

もともと河合塾に通っていた生徒や兄弟・姉妹が河合塾生など、一部入塾金が免除になる対象が設定されているほか、学費については給与年収が400万円以下で条件を満たす人などに向けた奨学基金制度や被災者特別奨学制度、また教育ローンの相談も受け付けています。

参照元:河合塾

代々木ゼミナール

所在地によって細かな金額が変わってくるようです。本部校:代ゼミタワーの場合、入塾金10万円授業料は年間69万円~75万円(医系等の場合、別途諸経費5万円がかかる場合がある)。

前年度在籍や説明参加、高校推薦などの場合授業料が一部減額になるほか、成績優秀生を対象にした一部または全額授業料が免除になるスカラシップ制度、給与年収が400万円以下で条件を満たす人に向けた経済的支援制度、被災者支援制度などを設けています。

参照元:代々木ゼミナール

東進ハイスクール

東進ハイスクールの場合、コースおよび授業料はシンプルな設定です。

入学金10万円に加え、特訓本科コースで66万9,000円新宿校大学受験本科(早慶・私立医学部)で72万9,000円新宿校大学受験本科(東大・難関国立・国立医学部)で74万9,000円となっています。

参照元:東進ハイスクール

駿台

入学金は10万円。細かくコース設定があり、授業料は年間約75万円~85万円ほど

在籍に応じた入学金免除制度や、家族紹介割引制度があります。給与年収が400万円以下で条件を満たす人に向けた経済的支援制度、被災者支援制度も設けており、教育ローンの相談も受け付けています。

参照元:駿台

以上のような通常の授業に加えて、夏期講習や冬期講習、志望校対策特別講座、過去問演習講座などを受講する場合、別途費用が必要です。

また河合塾や駿台などでは自宅通学が難しい人に向けた寮も完備。駿台の場合、参考寮費は、入寮手続費23万~25万円/1ヶ月寮費7.14~18.62万円などで、年間108.68~246.44万円となっています。

医学部の場合は?

河合塾が設置している医歯薬系コースを見てみると、最も安いもので62万5000円高いもので190万円個別指導つきの最高金額で340万円となっています。

予備校により違いはありますが、基本的に難関コースになればなるほど金額は高い、と考えて間違いはありません。

万が一の備えは必要

浪人になった場合、予備校に通わずに図書館や自宅などで勉強する、いわゆる“宅浪”をする人もいますが、強い意志が必要となるため、多くの人が学校のように授業やテストがあり、しっかり管理してくれる予備校の“大学受験科”に通います。さらに、浪人生が二年目以降に受験する学校の数は、“もう失敗したくない”という思いから、現役のときより増やす傾向があります。

前述でみてきた入学金・授業料を平均すると、一浪なら、概ね80万円~100万円ほどかかることになりそうです。そして二年目に滑り止めもたくさん受けるなら、その分の受験料も確保しておかなくてはいけません。

子どもが浪人するかしないかは、親の“計画通り”にいかないもの。もしかしたら二浪するかもしれないし、予備校に行くために寮に入るかもしれません。志望校についても、ずっと国立のつもりだったけど途中で私立に変わることや、親は文系を想定していたけれど、子どもに聞いてみたら実は医歯薬系だった……ということもあるでしょう。もちろん、国立に落ちて私立に行くということだって十分ありえる話です。大学に行かせることを考えるなら、子どもが小さいうちから、教育費としてコツコツ貯めていきたいところですね。

合わせて読みたい→大学受験、滑り止めしか受からなかった!そのとき親は……?

  • 画像はイメージです
  • 本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

その他の記事一覧

Copyright © https://woman.mynavi.jp/lifesupport/gakushi-hoken All rights reserved.