2018年12月28日 公開
2018年12月28日 更新

電気代を節約したい方必見! 今日から実践できる簡単テクまとめ

毎月の電気代を安く抑えるために、忙しい人でも今日から取り入れることができる簡単な電気代節約術を大公開! さらに、日頃の節約術と組み合わせれば年間の電気代も効果的に節約できるアンペア数やプランの見直しについても解説しています。電気代が高いと感じている方は必見です。

169 view

「毎月の電気代が高い」と感じていませんか? 電気代は、世帯人数やライフスタイルによって異なります。生活に欠かせないからこそ、電気代の節約を考える方は多いでしょう。

この記事では、すぐに実践できる電気代を節約するための簡単テクニックをご紹介します。

電気代節約に有効!電気代の高い家電製品をコントロールしよう

 (1189)

家電製品の中には消費電力が大きいものや、長時間起動させるために電気代が高くなりがちなものなどがあります。しかし、電気代の高い家電製品も使い方次第では、電気代節約につながります

ここでは、家電製品の上手な使い方をご紹介します。

冷暖房機器の電気代を節約!

冷暖房機器の電気代を節約する4つの方法をご紹介します。

☆方法1☆ 冷やしすぎ、暖めすぎにしない

室内を快適な温度にする冷暖房機器は、使用時の冷やしすぎ・暖めすぎで、電気代も高くなってしまいがちです。

節約や省エネを重視するのであれば、基本は冷房28℃、暖房は20℃設定にし、その日の気温や体調に応じて適切な温度に調整するよう心がけましょう。

☆方法2☆ ほかの家電製品を併用する

温度調整だけでは室内が快適にならない場合は、冷暖房効率を上げるために扇風機やサーキュレーターを併用するのがおすすめです。室内の空気を循環させることで、より効果的に部屋の温度を調整できます。

また、寒さ対策には暖房だけでなく、スポットで暖房効果が得られるホットカーペットや電気毛布を活用するのも有効です。

☆方法3☆ オン・オフを繰り返さず自動運転を使う

冷暖房は、起動時に多くの電気を使います。そのため、照明器具などとは違い、こまめなオン・オフが逆効果になることもあります。

さらに猛暑の夏などは、せっかく冷やした部屋が短時間でもとの室温にもどってしまうこともあります。

その場合、再度冷やすのに大きな電力を使うため電気代もかさんでしまうのです。こまめにオン・オフするのではなく、自動運転で消費電力を抑えるのも節電には有効です。

☆方法4☆ 冷暖房効率をよくする環境を整える

冷暖房を効率よく稼働させる環境を整えると、電気の使用量が抑えられるので節約につながります。

冷暖房のフィルターを掃除する、窓の結露はすぐに拭き取るか結露防止シートやガラスを導入する、室外機の周りにものを置かないなどの工夫で、より冷暖房機器の稼働効率を上げることができます。

冷蔵庫の電気代を節約!

冷蔵庫の電気代を節約する4つの方法を紹介します。

☆方法1☆ 季節に応じて庫内温度を調整する

24時間稼働し続ける冷蔵庫も、電気の使用量が多い家電のひとつです。

意外と気づきにくいですが、冷蔵庫の庫内温度の調整がポイントです。夏は「強」、冬は「弱」と季節に応じて適切な設定に調整すると、電気代の節約につながります。

☆方法2☆ 開け閉めは最小限に

冷蔵庫は開け閉めをするたびに庫内温度が上下し、その分電気も使ってしまいます。

扉の開け閉めは最小限に抑えるようにしましょう。

☆方法3☆ 冷蔵庫には詰めすぎない、冷凍庫にはできるだけ詰める

冷蔵庫にものを詰めすぎると、庫内の冷気の流れが悪くなり、電気の使用量が高くなります。適度に冷蔵庫の中を整理するようにすれば、電気代の節約だけでなく、食材管理にも役立ちます。より節約効果が得られるでしょう。庫内の食材整理と一緒に冷蔵庫の中も掃除するのもおすすめです。

また、冷凍庫は冷凍品が保冷材の役割を果たすため、できるだけ詰めたほうが節約につながります。

☆方法4☆ 一定のスペースを開けて設置する

冷蔵庫の設置場所を見直す方法です。壁などにはできるだけ密着させず少しスペースを開けておくと、冷蔵庫が効率よく稼働します。

テレビの電気代を節約!

テレビはついつけっぱなしにしてしまう家電です。つけっぱなしにせず、見ないときは消すようにしましょう。ほかにも省エネモードがあれば省エネモードにする、明るさ調整機能を使うなどの方法でテレビの電気代節約につながります。

ただし、節電のためといって必要以上に暗い画面に設定するのは目が悪くなるなど、健康面にも悪影響があります。一定の明るさは保つよう心がけましょう。

すべての家電製品に共通する電気代節約方法

 (1190)

長時間使わない場合はコンセントから電源プラグを抜く

長時間家電を使わない場合は、コンセントから電源プラグを抜いておくと待機電力の消費を抑えられます。

電気ポットや電子レンジなど、時間設定などが必要なく電源プラグを抜いておいても支障のない家電製品を選ぶと効果的です。

こまめにオン・オフしたほうがいい家電製品を知っておく

家電製品によっては、こまめに電源を切ったほうが電気代を抑えられるものもあれば、起動するときに大きな電力を消費するために、逆にこまめに切らないほうが節約になるものがあります。

家電製品ごとにどちらに属するかを知ってうまく使い分けると、節約につながります

  • こまめに切る…テレビ、照明器具
  • こまめに切らない…エアコン、パソコン(パソコンは90分以内の復帰なら、スリープ状態のほうが節電になります)

掃除をする

エアコンのフィルターや冷蔵庫内など、汚れていると効率よく働かず、多くの電力が消費されてしまうことがあります。

そのため、こまめに家電製品を掃除することで電気代の節約につながります。一緒にコンセント周りのほこり掃除もすれば、火花による火災の防止効果もあります。

併用も可能! 一気に電気代を節約する方法とは?

ここまでご紹介した方法に加えて、さらに電気代を節約できる方法があります。併用すればさらに電気代節約につながる、3つの方法をご紹介します。

☆方法1☆ 家電製品を新しいものに買い替える

古い家電製品は電力消費量も多く省エネ効果も低いため、電気代が高くなりがちです。省エネ性能の高い最新の家電製品なら、少ない消費電力で効率よく稼働するため、電気代の節約につながります。

また、家電製品を新しく買い替えた際に壁から離して置くなど設置場所を見直すことでも、さらなる電気代の節約につながる場合があります。

☆方法2☆ 契約アンペア数を見直す

契約アンペア数に応じて基本料金が設定されているプランの場合は、アンペア数を下げると電気代が安くなります。まずは、契約アンペア数が適切であるかを確認してみましょう。

適切なアンペア数は、東京電力のでんきシミュレーション「わが家のアンペアチェック」などで確認できます。

アンペア数を下げると、今までと同じ電気の使い方だとブレーカーが落ちやすくなるデメリットがありますが、電力消費量の多い家電製品は併用しない、ピーク時に必要なアンペア数を把握しておくなどの工夫で、ブレーカーを落とさずに電気の使用することができるでしょう。

☆方法3☆ 電力会社や料金プランを見直す

電力自由化によって、消費者が自由に電力会社を選べるようになりました。自分にあった電力会社、料金プランを選んで、電気代節約につなげましょう。

料金プランの見直し・変更をする

電力自由化にともなって、新たな料金プランを提供する電力会社が増えました。そのため、料金プランを変更することで、現在よりもおトクに電気を使用できる可能性があります

電気の使用量は世帯人数はもちろん、子どもの成長などによっても変わってくるので、ライフスタイルが変化したときにプランの見直しを検討すると、より電気代を節約することができます。

工夫次第で電気代はもっと節約できる!

電気代を節約するさまざまな方法をご紹介しました

電力自由化によって、使用者が自由に電力会社を選んで契約できるようになっていますので、電気代を節約したい方は、ぜひ現在契約している電力会社とほかの電力会社を比較して、見直しを検討してみましょう。

さらに、日ごろから小さな工夫を行えば、効果的な電気代節約につながるはずですよ!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです※本文の価格は税込価格となります

45 件

電気をかえると どのくらいおトクになるの?

平均1万8,000円
お得になってる!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

電気代が高い原因とは? 注意すべき家電製品と安く抑える使い方のコツ

電気代が高い原因とは? 注意すべき家電製品と安く抑える使い方のコツ

「電気代が高い!」とお悩みではありませんか? しかし、何が原因なのかわからない方も多いでしょう。今回は、電気代が高くなる原因を紹介するとともに、電気代がかかる家電製品もピックアップしています。さらに電気代を安く抑えるコツについても解説します。
エアコンをかしこく使おう! 冷房の電気代節約テクニック

エアコンをかしこく使おう! 冷房の電気代節約テクニック

エアコンの冷房を使用する際、電気代がいくらかかるのかは気になりますよね。快適な室温を保ちつつ電気代を節約したいと考える方も多いのではないでしょうか。この記事では、エアコンの冷房を効率的に節約する方法を紹介します。かしこく節約しながら、暑い夏を乗り切りましょう!
電気代の計算方法をやさしく解説! 電力会社・電気料金プラン選びに活用しよう

電気代の計算方法をやさしく解説! 電力会社・電気料金プラン選びに活用しよう

毎月の電気代はどのように計算されているか知っていますか? 家電ごとの電気代はいくら? と聞かれて答えられる人は多くないかもしれません。今回は、毎月の電気代の内訳や家電ごとの電気代の計算方法を解説します。電気代をおトクにする方法もあわせてご紹介しますので参考にしてみてください。
安い電気代なら家計も楽に! 簡単・便利に電気代をおトクにする方法

安い電気代なら家計も楽に! 簡単・便利に電気代をおトクにする方法

毎月の電気代、少しでも安くしたいと思っていませんか? 実は、電気代を安くする方法はとても簡単。自分にあった電力会社・電気料金プランに切り替えるだけでいいんです。この記事では、電力会社・電気料金プランの選び方や切り替え方法を紹介します。
電気代平均額ってどのくらい? 世帯人数にあわせて上手に節約しよう

電気代平均額ってどのくらい? 世帯人数にあわせて上手に節約しよう

電気代の節約を考えるのであれば、まずは月々の平均額を知って、節約できる額の目安を把握しておきましょう。この記事では、世帯人数ごとの電気代平均額をお伝えします。電気代を節約する目安として、参考にしてみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のライター

エネチェンジ編集部 エネチェンジ編集部