2019年1月28日 公開
2019年1月28日 更新

宮城県で契約できる注目の電力会社3つ! 料金とサービス、重視すべきはどっち?

電力自由化によって宮城県で電力会社を自由に選ぶことができるメリットを紹介します。電力会社を選ぶときは、何を重要視するかが大切です。料金かサービスかによって自分にあう電力会社は異なります。宮城県で電力の切り替えを検討している方はぜひ参考にご覧ください。

22 view

電力自由化によって宮城県でも電力会社を自由に選べるようになりました。電力自由化以前は、東北電力の「従量電灯B」を契約するのが一般的でしたが、自由化にともない、さまざまな新しい電力会社や電気料金プランが生まれています。

この記事では、宮城県で自分のライフスタイルに最適な電力会社・電気料金プランを選ぶポイントや、おすすめの電力会社を紹介しています。宮城県で電力の切り替えを検討の際はぜひ参考にご覧ください。

電力自由化による宮城県でのメリットとは?

 (784)

宮城県での電気使用量の傾向

宮城県は全国で見てみると、電気の使用量が比較的多い県です(参考:環境省「環境統計集(2017年版)」)。冬の寒さが厳しい一方で、夏の気温や湿度は高め。仙台市という大きな都市圏を持っていることもあり、東北の他県と比較しても人口が多く、電気使用量も多めになっています。

宮城県で選べる電力会社

宮城県では東北電力をはじめ、電力自由化以降に電力小売業に参入した、数多くの新電力事業社の中からも選ぶことができます。

また、東北電力エリアである東北地方の中でも、宮城県は一人暮らし率が高く世帯数も多いため、このエリアでは多くの電力会社がサービスを展開しています。そのため、東北電力エリアの中でも選べる電力会社は多くなっています。

宮城県で電力会社を切り替えるタイミングとは?

電力会社を切り替えるタイミングで多いのは、引越しです。生活が一新される転居の際に、新しい電力会社への切り替えを考える方が多いようです。

夏や冬はエアコンを使用する頻度や時間が増えます。そのため、こうした電気使用量が増える時期に合わせて、電力会社や電気料金プランを見直してみるのもよいでしょう。

新電力では、各社ユニークな料金プランや独自サービスのほか、時期によっては割引キャンペーンを実施しているところもあります。こうしたタイミングにあわせて、電力会社を切り替えるのもおすすめです。

宮城県でおトクに電力会社を選ぶ方法

 (792)

基本料金を比べてみる

電力自由化以前に、ほとんどの一般家庭が契約していた東北電力「従量電灯B」では、毎月請求される電気代は、毎月必要な「基本料金」と使用量の分だけ増える「電力量料金」の2つが大きな割合を占めます。この従量電灯Bの基本料金は、契約アンペア数によって変動します。

一番容量の少ない10Aでは324円ですが、以降、15A、20A、30Aと増えるにつれて基本料金が上がり、60Aの場合では1,944円となります。

基本料金は電気使用量にかかわらずかかるお金なので、必要に応じて最適なアンペア数で契約することが大切です。アンペア数は、同時に使用できる電気の量の目安となります。世帯人数が少ないなどで、アンペア数を下げて問題なさそうな場合は、見直しを検討してみましょう。

また、電力自由化以降に新規参入した電力会社には、基本料金が0円の電気料金プランを選べるところもあります。こうした電力会社に切り替えるのもおすすめです。

電力量料金を比べてみる

一般的に、電気代のうち大半を占めるのが電力量料金です。使った分だけの料金を支払うので、単価が安いほうが最終的に請求される電気代は安くなります。

電力量料金は、基本的には使うほど単価が上がります。電気をたくさん使う世帯では、たくさん使用したときの単価が安いプランのほうがおトクになります。

電力量料金の単価は、検討している電力会社の料金プラン表を見ればわかります。新電力は、全体的に大手電力会社(宮城県の場合は東北電力)よりも安い単価設定になっていることが多いですが、実際にどのくらい安くなるのかを調べる際は、自分の家庭の使用量をもとに個別に試算してみとよいでしょう。

サービスや特典で比べてみる

電力会社によっては、他のサービスと併用することで電気代が割引されたり、ポイントが優遇されたりすることがあります。さらに、電力会社によっては、キャッシュバックやギフト券などの特典を受けとれることもあります。

電気料金プランだけでなく、こうした特典も含めて検討するとよりおトクな電力会社を選びやすくなるでしょう。

宮城県で契約できる注目の電力会社

 (800)

Looopでんき

一般的な電気代には、契約アンペア数に応じた基本料金がかかりますが、この基本料金を0円にした「おうちプラン」で注目を集めているのが「Looopでんき」です。

「Looopでんき」は基本料金がないので、電気代は使った分だけ支払う仕組みになっています。1kWhあたりの単価である電力量料金は一律26円/kWh(東北電力エリア)で、たくさん使う世帯ほど、東北電力「従量電灯B」に比べておトクなります。アンペア数の大きい世帯では、基本料金がない分、より節約を実感できるでしょう。

たのしいでんき(HTBエナジー)

HTBエナジーが提供する「たのしいでんき」の「東北なまはげプラン 従量電灯B5」は、東北電力「従量電灯B」と比べて、基本料金・電力量料金ともに単価が5%安くなります。

そのため、今までと同じように使っていても、電力会社を切り替えただけで節約を実感することができるでしょう。

親指でんき

親指でんき「いいねプランB」は、宮城県では契約アンペア数が30A~60Aの家庭が対象になるプランで、基本料金が0円、電力量料金単価が一律26円でシンプルなのが特徴です。

さらに、親指でんきには、ペットを飼っている方向けの「わんにゃんプラン」というユニークなプランもあります。こちらは基本料金が設定されているものの、東北電力の半額となっています。さらに「わんにゃん割引」として500円の割引が受けられます。

宮城県で電力会社・電気料金プランを賢く選ぼう

宮城県で電力会社を選ぶポイントやおすすめを紹介しました。各家庭の生活スタイルによって最適な電力会社や電気料金プランは変わってきます。

各電力会社の電気料金プランや提供しているサービス、特典などを比較しながら、自分のライフスタイルにあった電力会社を選びましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです※本文の価格は税込価格となります

29 件

電気をかえると どのくらいおトクになるの?

平均1万8,000円
お得になってる!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

広島県も電力自由化! 電力会社を上手に選ぶ方法を紹介

広島県も電力自由化! 電力会社を上手に選ぶ方法を紹介

広島県でおトクに使える電力会社はどこ? 広島県で電気代を安くおさえたい方、電力会社の切り替えや電気料金プランの見直しを検討している方必見の、おトクな電力会社の選び方や、広島県でおすすめの電力会社を紹介します。
新潟県でおトクな電力会社を選ぶには? 選び方や注目の電力会社を紹介

新潟県でおトクな電力会社を選ぶには? 選び方や注目の電力会社を紹介

2016年4月より電力自由化がスタートし、新潟県でもライフスタイルにあわせて電力会社を選択できるようになりました。今回は、電力の自由化のポイントや電力会社の選び方を交えながら、新潟県で契約できる注目の電力会社をご紹介します。ライフスタイルにあわせた電力会社を選ぶ参考にしてみてください。
切り替えるならどこ? 福島県で注目の電力会社と電力会社の選び方

切り替えるならどこ? 福島県で注目の電力会社と電力会社の選び方

「電力会社を切り替えると電気代が安くなると聞いたけど、本当なの?」と気になっている方はいませんか? この記事では、電力会社切り替えのメリットや選び方、福島県で注目すべき電力会社を紹介しています。福島県にお住まいの方、これから福島県に引越しの予定のある方は必見です!
電力自由化で岡山県でも電力会社が選べる! 上手な選び方を解説

電力自由化で岡山県でも電力会社が選べる! 上手な選び方を解説

岡山県でおトクな電力会社を知りたいと考えている方も多いでしょう。この記事では、電気代をもっと抑えたい、よりおトクに電気を使う方法を知りたいという方に向けて、電力自由化を上手に活用する方法を紹介します。岡山県で暮らすあなたのライフスタイルに合わせて、本当におトクな電力会社を探すための参考にぜひご覧ください。
東北での電力会社の選び方がわかる! 電力自由化で何が変わったの?

東北での電力会社の選び方がわかる! 電力自由化で何が変わったの?

東北エリアで上手に電力会社・電気料金プランを選ぶ方法や、電気代を安くする方法などを解説します。東北エリアの電力会社事情や、東北電力の特徴についても紹介していきます。また、電力会社の切り替えによって、電気代はどのくらい安くなるのかも解説するので、電力会社・電気料金プラン選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

エネチェンジ編集部 エネチェンジ編集部