2019年1月21日 公開
2019年1月21日 更新

東京で電力会社を選ぶポイント! 上手に選べば電気代はもっと安くできる

東京では電力会社を切り替えることで電気代を安くできたという方が増えています。1カ月分の料金差はそれほどではなくても、年間で計算すると大きな節約につながるでしょう。また、電力会社によっていろいろなサービスがあります。この記事では、上手に電力会社を選ぶポイントについて説明します。

54 view

2016年4月に電力の小売が自由化され、東京を中心とした関東エリアでもたくさんの新しい電力会社が誕生し、東京電力以外の電力会社も自由に選べるようになりました

電力会社を切り替える最大のメリットは電気代が安くなることです。この記事では、電力会社切り替えのポイントとおすすめの新電力について説明します。

東京で電気代を安くするポイント

 (1260)

まずは、電気代を安くするためにおさえておきたいポイントをご紹介します。

平均の電気代を知る

電気の使用量は、世帯人数によって大きく変わります。自分の世帯人数の平均的な電気代を知っておけば、どれくらい節約ができそうかの目安になるでしょう。

総務省統計局が発表した「家計調査(1世帯あたり1か月間の収入と支出)」によると、2017年の2人以上の世帯の1世帯あたりの電気代平均月額は1万312円。さらに細かく見ていくと、世帯別の平均月額は、2人世帯が9,176円、3人世帯が1万485円、4人世帯が1万1,239円となっています。この全国の平均額を参考に、自分の電気代と比較してみましょう。

全国平均より高くなっている場合は、まだまだ節約の余地があるかもしれません。

検針票をしっかりチェックする

毎月の電気使用量は、検針票(電気ご使用量のお知らせ)を見るとわかります。検針票でチェックしておきたいポイントは3つです。

契約アンペア数

世帯ごとに、同時に使える電気の量が契約によって決まっており、その目安となるのが、契約アンペア数です。一人暮らし世帯では20~30A、人数が多いご家庭や、同時間帯に電気をたくさん使うご家庭は40A以上(40A-60A)を目安とするとよいでしょう。

使用量

1カ月で使用した消費電力量をチェックします。検針票の「ご使用量」の項目に記載があり、単位「kWh」で表されています。毎月チェックして電気の使用量を比較し、使いすぎたときは節約を心がけるようにするとよいでしょう。

ただし、季節によって使用量は変動します。特に夏・冬はエアコンの使用が多くなるため電気の使用量も増加する点は頭に入れておく必要があります。

請求予定金額

実際に使用した電気の量に対して支払う金額が、請求予定金額です。ここをチェックして比較するのが、一番わかりやすいかもしれません。金額の内訳も一緒に記載されていますので、あわせてチェックしておきましょう。

契約アンペアを見直す

電気代に含まれる「基本料金」は、契約したアンペア数に応じて金額が変わります。
東京電力「従量電灯B」の場合、契約アンペア数ごとの基本料金は以下のように設定されています(2018年12月現在)。
契約アンペア数 基本料金(税込)
10A 280.80円
15A 421.20円
20A 561.60円
30A 842.40円
40A 1,123.20円
50A 1,404.00円
60A 1,684.80円

世帯人数が少なく、同時にたくさんの電気を使用する機会が少ない世帯は、アンペア数を下げるだけで電気代を節約できるでしょう。契約アンペア数の変更手続きは、電力会社に連絡すれば、原則無料で対応してもらえます(電気設備の状況により工事が必要な場合は費用負担あり)。

東京で電力会社を切り替えて料金を安くするためのポイント

上記の項目を確認した上で、電力会社や電気料金プランを自分にあったものへ切り替えることで、電気代を大きく節約できる可能性があります。

そこで、電力会社の切り替えを検討する際におさえておくべきポイントをご紹介します。
 (875)

電気料金プランを比較する

電力自由化によって東京電力エリアでは多くの新しい電力会社と契約できるようになりました。自分のライフスタイルに適した電力会社に切り替えれば、電気代を安くすることが可能です。とはいえ、どの電力会社を選んだらいいのかわかりにくいと感じている方もいるでしょう

電力会社を比較する際に、まず注目したいのが電気料金プランです。
各社ユニークなプランを打ち出していますが、東京電力エリアの場合は、「基本料金」+「電力量料金」で電気代が決まるのが一般的です(燃料調整費、再エネ賦課金を除く)。普段の電気使用量をもとに、これらの金額を比較しておトクな電力会社・電気料金プランを探してみましょう。

料金以外のサービス内容を比較する

電力会社を切り替えるメリットは電気代が安くなるだけではありません。電力会社によっては、いろいろなサービスを受けられる場合があります

たとえば、ガソリン代が割引になるサービスを行っている「昭和シェルの選べる電気」や、Pontaポイントが貯められたりローソンで使える無料のクーポンがもらえる「まちエネ」などもあります。ほかにも、インターネット回線や携帯電話とセットで安くなる電気料金プランを展開している電力会社もあります。

自分のライフスタイルにあったサービス内容を探し、比較検討をしてみてもよいでしょう。

キャンペーンを利用する

電力会社によっては、新しく切り替えることで初月の電気料金が割引になったり、ギフト券などの特典・サービスを受けられたりする場合があります。このようなキャンペーンを上手に利用するのも節約のコツです。

特典を受けられるキャンペーンは期間限定で行われていることも多いので、こまめにチェックしておくのがおすすめです。

東京エリアで契約できる注目の電力会社

 (1261)

東京近郊のエリアでは、多くの電力会社の中から切り替え先の電力会社を選ぶことができます。東京で契約できる注目の電力会社を紹介しましょう。

基本料金が0円で注目の「Looopでんき」

一般的な電気代には、契約アンペア数に応じた基本料金がかかりますが、この基本料金を0円にした「おうちプラン」で注目を集めているのが「Looopでんき」です。

「Looopでんき」は基本料金がないので、電気代は使った分だけ支払う仕組みになっています。1kWhあたりの単価である電力量料金は一律26円/kWh(東京電力エリア)で、たくさん使う世帯ほど、東京電力「従量電灯B」に比べておトクなります。アンペア数の大きい世帯では、基本料金がない分、より節約を実感できるでしょう。

地球環境を大切にしたい方におススメの「GREENa(グリーナ)でんき」

電力会社を選ぶ上では電気代の安さだけでなく、地球環境への配慮も大きなポイントになります。中でも自然エネルギーの活用で注目されている電力会社が「GREENaでんき」です。

地球環境のために自然エネルギーを活用した発電設備の普及と拡大に努め、国内のエネルギー自給率の向上を目指している会社です。

「GREENa スタンダードファミリー」というプランでは自然エネルギー比率50%を計画し、CO2排出係数をゼロに抑えた電気が利用できます。地球の未来を考えて環境を大切にしたい人におすすめです。

さまざまな特典がある!ローソンのでんき「まちエネ」

ローソンのでんき「まちエネ」に切り替えるだけで、東京電力の従量電灯B/Cを契約している方なら誰でも電気代が安くなります

また、毎月からあげクンやR-1ヨーグルトなどが無料でもらえるローソンのクーポンをメールで受けられたり、Pontaポイントが貯まるなど、さまざまな特典を受けることができます。

普段からローソンを使用している方やPontaポイントを貯めている方におススメです。

東京で電力会社を切り替えは、要点をおさえておトクに!

東京で電力会社を切り替えるときのポイントについて説明してきました。東京電力エリアは、契約できる電力会社が多数あるからこそ、迷うことも多いでしょう。

そんな方は、今回紹介した選び方のポイントを参考に、電力会社を比べてみてください。そして、自分のライフスタイルにあった電力会社を選んでかしこく電気を使いましょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです※本文の価格は税込価格となります

34 件

電気をかえると どのくらいおトクになるの?

平均1万8,000円
お得になってる!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

茨城県でも自由に電力会社を選べる! おトクな会社を選ぶ方法

茨城県でも自由に電力会社を選べる! おトクな会社を選ぶ方法

茨城県で電気代を安くおさえたい方、電力会社の切り替えやプランの見直しを検討している方に、おトクな電力会社の選び方をお伝えします。茨城県でおトクな電力会社をお探しの方はぜひ参考になさってください。
長野県で電力会社を探す! 切り替え前のチェックポイントとおすすめの会社

長野県で電力会社を探す! 切り替え前のチェックポイントとおすすめの会社

電力自由化がスタートして、長野県でも電力会社を選べるようになりました。電力会社を切り替えると電気代を大きく節約できるかもしれません。この記事では、電力会社を切り替える際にチェックしておきたいポイントと長野県で選べる注目の電力会社をご紹介します。
神奈川県で契約できる注目の電力会社を紹介! 切り替え時にチェックしておきたいポイントをくわしく解説

神奈川県で契約できる注目の電力会社を紹介! 切り替え時にチェックしておきたいポイントをくわしく解説

神奈川県は、電力会社切り替えの選択肢がたくさんあります。思い切って電力会社を切り替えることで、電気代は安くなるかもしれません。この記事では、神奈川県内でおすすめの電力会社を紹介します。
千葉県で電力会社を上手に選ぶ方法とは? 注目の電力会社も紹介

千葉県で電力会社を上手に選ぶ方法とは? 注目の電力会社も紹介

千葉県で電力会社を上手に選ぶ方法や、少しでも電気代を安くする方法を解説します。千葉県で契約できる電力各社の特徴や、おすすめプランについても紹介しています。千葉県で自分にあった電力会社を見つけて、電気代をかしこく節約しましょう。
鹿児島県でも電力会社は選べる! 主要な電力会社とおすすめを紹介

鹿児島県でも電力会社は選べる! 主要な電力会社とおすすめを紹介

2016年4月にスタートした電力自由化は、鹿児島県に住んでいる方にももちろん関係のある話です。鹿児島県にはどのような電力会社があり、どこがおすすめなのか知りたい方のために、この記事では鹿児島県で契約できる注目の電力会社を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のライター

エネチェンジ編集部 エネチェンジ編集部