2019年7月8日 公開
2019年7月8日 更新

電力会社の選び方を知りたい! 切り替え前に抑えておくべきポイント

電力会社を切り替える際、自分にあった電力会社・プランを選ぶことができますか? 2016年4月からはじまった電力自由化で多くの電力会社・料金プランから自分の好きなものを選べるようになりました。しかし、多すぎて選べないという方もいるでしょう。この記事では、電力会社を切り替えたい方に向けて、切り替え前におさえておくべきポイントを紹介します。

92 view

2016年4月にスタートした電力自由化によって、電力会社や電気料金プランを自由に選べるようになりました。その一方で、どの電力会社・電気料金プランが自分にあっているのかわからないと悩んでいる方もいるでしょう。そこでこの記事では、多くの電力会社の中から自分にあった電力会社を選ぶ方法を紹介します。

自分にあった電力会社の選び方と注目の電力会社とは?

多くの電力会社の中から自分にあったものを選ぶには、何を重視するかを事前に考えておくことが大切です。そこで電力会社の選び方6つと、注目の電力会社・電気料金プランを紹介しましょう。

1.電気料金プランの割安な電力会社を選ぶ

もっとも基本的なのは、電気料金プランの割安な電力会社を選ぶ方法です。
中には、基本料金が0円のプランや、地域の旧一般電気事業者よりも一律5%割安な料金設定にしているプランを展開している電力会社もあります。自分の家庭にあった電力会社を選ぶと、電気代を大きく節約できる可能性があります。

電気を多く使う家庭ほどおトクに「Looopでんき」

Looopでんきでは、基本料金が0円に設定された「おうちプラン」を提供しています。電気使用量にかかわらず一律の電力量料金で、わかりやすいのも魅力です。

供給エリア
北海道電力エリア・東北電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・北陸電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア

電気料金が必ずおトクに!「たのしいでんき」

たのしいでんきには、地域の旧一般電気事業者よりも電気料金が一律5%割安に設定された電気料金プラン(※関西電力・四国出力エリアを除く)があります。関西電力エリアでは、301kWh以上の使用で電力量料金が最大23%割安になるプランがあります。

供給エリア
北海道電力エリア・東北電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・北陸電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア

2.他サービスとの契約でセット割引が適用される電力会社を選ぶ

2つ目は、他のサービスとセットで契約すると割引が適用される電力会社を選ぶ方法です。セット割引が適用されるサービスには、スマホや携帯電話、ガス、インターネットなどがあります。これらのサービスとセットで契約することで電気をおトクに利用できる場合があります。

ガスとセットで両方おトク「東京ガス」

東京ガスの「ずっとも電気1S」は、10Aから契約可能で一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭も対象です。電気使用量が多い家庭は「ずっとも電気1」を選ぶことができます。このプランは、30A以上の家庭で契約できます。

ガスとセットで契約した場合には「ガス・電気セット割」が適用され、「ずっとも電気1S」の場合は電気代の0.5%が割引に、「ずっとも電気1」の場合は、毎月270円の割引を受けることができます。

供給エリア
東京電力エリア

3.環境に配慮している電力会社を選ぶ

3つ目の選び方は、環境に配慮している電力会社を選ぶ方法です。電力会社の中には、電源構成を公開している会社もあります。太陽光・風力・水力・地熱・バイオマスなどの再生可能エネルギーによって発電された電気の割合が高い電気料金プランを選ぶことで、間接的に環境に貢献することができます。 電気料金の安さだけに注目するのではなく、地球の未来のため、環境にやさしい電気を選ぶのも選択肢の1つですよ。

日本で初めて自然エネルギー100%の電力供給を始めた「グリーナでんき」

グリーナでんきは、日本で初めて自然エネルギー100%の電気供給をスタートした新電力です。「GREENa RE100」も実質的に100%自然エネルギー由来、CO2の排出係数ゼロの電気が利用できます。

供給エリア
東北電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア

自然エネルギー100%を目指す「自然電力」

自然電力では、自然エネルギーの電源構成に応じて2つの電気料金プランを用意しています。「SE100」は、実質的に100%自然由来のエネルギーで発電した電気を利用できます。

供給エリア
北海道電力エリア・東北電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・北陸電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア

4.ポイントサービスのある電力会社を選ぶ

4つ目は、ポイントサービスのある電力会社を選ぶ方法です。電力会社によっては電気使用量や毎月の電気代に応じてポイントがたまり、たまったポイントで電気料金を支払えるなどのサービスを利用できるところもあります。

たまったポイントをTポイントやPontaポイントなどに交換できる「東京電力エナジーパートナー」

東京電力エナジーパートナーでは「スタンダードS」や「プレミアムS」など電力自由化以降の新プランを契約すると、電気代に応じたポイントが付与されます。たまったポイントはTポイントやPontaポイントなどに交換でき、お店や電気代の支払いに利用することができます。

供給エリア
東京電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア

提携クレジットカードで支払うとおトクがいっぱい「ENEOSでんき」

ENEOSでんきでは、電気代の額に応じてTポイントがもらえるほか、電気代の支払いをANAカードやビューカードなどの特別提携クレジットカードで支払うことで、クレジットカードのポイントやマイルの優遇が受けられます。

供給エリア
東京電力エリア・関西電力エリア

5.自分のライフスタイルにあった電力会社を選ぶ

5つ目は、自分のライフスタイルに合った電力会社を選ぶ方法です。例えば平日昼間は不在がちで夜間や休日などによく電気を使うライフスタイルの場合、平日夜間と休日の電気料金設定が割安なプランを選べば、電気代を節約することができるでしょう。

他にもオール電化住宅に住んでいるなら、オール電化住宅向けの電気料金プランがある電力会社がおすすめです。

夜間の電力使用が多いなら「エルピオでんき」

エルピオでんきの「深夜お得プラン」は、夜23:00~翌6:00までの電気料金が安く設定されており夜間に電気をよく使う家庭や、オール電化住宅にお住まいの方におすすめです。

供給エリア
東北電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・中国電力エリア・九州電力エリア

6.解約違約金のない電力会社を選ぶ

6つ目は、解約違約金のない電力会社を選ぶ方法です。せっかく電気料金が安くなっても、引越しなどで解約する際に違約金が発生してしまえばトータルコストで割高になってしまう可能性も考えられます。
また、切り替えてみたものの「実際に使ってみたら電気料金が上がってしまった!」という場合も、解約違約金がなければいつでももとの電力会社に戻すことができます。

引越しの可能性がある一人暮らしにおすすめの「ミツウロコでんき」

ミツウロコでんきでは一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭でも電気をおトクに使える「シングル応援プラン」を提供しています。解約違約金の設定がないため、単身赴任などで短期間での引越しの可能性がある場合でも安心です。

供給エリア
北海道電力エリア・東北電力エリア・東京電力エリア・中部電力エリア・北陸電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア

供給エリアが広い「シン・エナジー」

シン・エナジーも解約違約金の設定がないため気軽に申し込みができるでしょう。沖縄電力エリアでも契約可能など供給エリアが広いため、多くの引越し先で契約できるのも魅力です。

供給エリア
東北電力エリア・東京電力エリア・北陸電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア・沖縄電力エリア

電力会社の選び方によっては電気代が高くなってしまうケースも!?

 (1959)

自分にあった電力会社の選び方とおすすめの電力会社を紹介しましたが、上で紹介した電力会社に切り替えれば必ず電気代が安くなるというわけではありません。

電気の使い方は家庭によって千差万別で、その家庭ごとに最適な電気料金プランは異なります。そのため「ここを選べば必ず安くなる」という電力会社や電気料金プランはなく、各家庭にあったものを選ぶ必要があるのです。

自分の家庭にあった電力会社・電気料金プランを選びたい場合は、最適なプランをシミュレーションして検討するのがおすすめです。

電力会社の選び方を確認してかしこく切り替えを!

電力会社の切り替えを検討している方に向けて、おさえておきたいポイントとおすすめの電力会社を紹介しました。

電気代を安くしたいなら、電気料金が割安だったり、ライフスタイルにあわせたプランが選べたりする電力会社を、環境にやさしい電気を使いたいなら再生可能エネルギーへの取り組みを重視している電力会社を選ぶのがおすすめです。

電気は毎日の生活に欠かせないものだからこそ、納得して使いたいですよね。電力会社の切り替えを検討する際は、事前に何を重視して切り替えるのかを考えておけば、スムーズに、かしこく選ぶことができるはずですよ。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです※本文の価格は税込価格となります

20 件

電気をかえると どのくらいおトクになるの?

平均1万8,000円
お得になってる!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

電気の地産地消に取り組む栃木県の電力事情と注目の電力会社

電気の地産地消に取り組む栃木県の電力事情と注目の電力会社

電力自由化にともない、栃木県でも自由に電力会社・電気料金プランを選べるようになりました。しかし、どの電力会社を選んだらよいのか迷っているという方もいるでしょう。この記事では、栃木県のお住まいの方へ向けた注目すべきポイントとおすすめの電力会社・電気料金プランを紹介します。
愛媛県で自分にあった電力会社を選ぶ! 選び方と注目の電気料金プランを紹介

愛媛県で自分にあった電力会社を選ぶ! 選び方と注目の電気料金プランを紹介

愛媛県にお住まいの方や引越しの予定がある方のなかで、電力会社や電機料金プランの切り替えを検討している方はいませんか? しかし、電力会社の数は思った以上に多く、自分にあった電気料金プランを選ぶのはなかなか難しいですよね。この記事では、自分にあった電力会社の選び方、愛媛県で注目したい電力会社・電気料金プランを紹介します。
切り替えで電気代を安く! 山口県で契約できる注目の電力会社3選

切り替えで電気代を安く! 山口県で契約できる注目の電力会社3選

山口県にお住まいの方、引越しを控えている方の中には、電気代が安くなる電力会社を探している方も多いでしょう。とはいえ、どの会社を選んだらよいのか、そもそも今の電気代が高いのかどうかも、なかなかわからないですよね。この記事では、山口県の電気代平均や注目の電力会社をご紹介します。
群馬県で電力会社を選ぶ! 東京電力の新プランと新電力のプランはどっちがおトク?

群馬県で電力会社を選ぶ! 東京電力の新プランと新電力のプランはどっちがおトク?

電力自由化によって、群馬県にお住まいの方でも東京電力以外の電力会社への切り替えが可能となりました。それに伴い、東京電力もさまざまな電気料金プランを打ち出しています。そこで今回は、群馬県で契約できる東京電力の新電気料金プランや注目の電力会社をご紹介します。電力会社・電気料金プラン見直しの参考にしてください。
大阪府で電力会社を選ぶなら! 注目の電力会社と電気料金プランをご紹介

大阪府で電力会社を選ぶなら! 注目の電力会社と電気料金プランをご紹介

現在大阪府にお住まいで電力会社を切り替えたい方、転勤・進学などで大阪府への引越しが決まったので電力会社切り替えの手続きを行いたい方など、関西電力以外の電力会社を探している方もいるでしょう。この記事では、電力会社を選ぶ際のポイント、注目の電力会社を紹介します。ぜひ、自分にあった電力会社・電気料金プランを選んでみてください。

この記事のキーワード

この記事のライター

エネチェンジ編集部 エネチェンジ編集部