クレジットカードお役立ち情報
飲食店の強い味方!Uレジ FOOD!業務効率化はもちろん売上アップへの貢献も

会計業務が楽になるだけでなく、お店に必要なデータを集計・分析することで、今後の経営戦略を練り、売上アップにも貢献できる、それがUレジ FOODです。

今やPOSレジは、会計業務を楽にするためだけのものではなく、データを活用して経営をサポートするツールとして使えなくては意味がありません。

ではUレジ FOODに何ができるのか?基本的なレジ機能から、データの活用法まで、詳しくご紹介しましょう。

オーダーから会計までもっとスムーズにならないものかな?売上データをもっと視覚的に活用する方法はないかな?とお困りのオーナー様は、ぜひ参考にしてください!

特に、複数店舗を展開中のオーナー様は、Uレジ FOODを導入することによって、日々の業務が劇的に楽になるでしょう。

事業者の強い味方!POSレジのメリット

金額を手動で打ち込んで、現金を出し入れするアナログタイプのレジスターをお使いのオーナー様は、POSレジってそんなに便利なの?わざわざお金かける必要ある?と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、今行なっているレジ締め作業や売上集計などが自動化されたら、他の業務に時間を割けると思いませんか?

POSレジなら無駄な業務が削減できるうえに、売上データを自動で分析し、これからの対策を検討するときにも活かしていくことが出来るのです。

つまりPOSレジを導入するということは、単に日々の業務を簡略化できるだけでなく、今後の経営戦略にも大きな影響を与えるのです。

レジ業務の手間を削減

アナログタイプのレジではひとつひとつ手入力のため、金額の打ち間違いなども発生しやすいですよね。

さらに不慣れなスタッフが担当した場合には、会計処理に時間がかかり、お客様をお待たせすることもあったでしょう。

POSレジは、最初に商品ごとに価格を設定しておくことが出来るので、商品の金額を間違えたり、会計処理に時間がかかったりする心配はありません。

また、レジ締めの際も、アナログタイプのレジでは締め作業や集計に大変時間がかかり、その分人件費もかさむことになります。

しかしPOSレジならボタン一つでレジ締めできるから簡単。無駄なコストを減らすことが出来るのです。

分析データを経営に活かすことが出来る

何よりも大きいのが、豊富な売上データが自動で集計・分析されることです。

商品の売れ筋や月別・日別の実績だけでなく、お客様の年齢層や性別などの客層を分析することもできるため、それらのデータを今後の集客方法やメニューの見直しに役立てることができます。

さらに、タブレット端末を使ったPOSレジを導入すると、レジカウンターがスッキリするし、導入にかかる費用もかなり安くなるよ

Uレジ FOODは飲食店の「困った」を解決してくれるレジサービス

「Uレジ」は、USEN-NEXT GROUP(株)USENが展開するPOSレジサービスです。その中でも、特に飲食店に絞って使い勝手の良さを追求したものが「Uレジ FOOD」です。

  • スタッフが足りない
  • 業務を効率化して人件費を抑えたい
  • 日々の売上管理が面倒

こんなお悩みをお持ちのオーナー様なら、Uレジ FOODがきっと役に立ちます。

注文を取ったら、一つずつ紙伝票に手で記入して、厨房に行ってオーダーを通し、会計の時には伝票を見ながら金額を手で打ち込んでいく。そんな煩わしい業務がなくなるなら、導入してみたいと思いませんか?

Uレジ FOODは単なるPOSレジシステムではありません。オーダーシステムと連携しているので、注文受付からお会計までのオペレーションがスムーズになり、飲食店の業務が格段に楽になるのです。

Uレジ FOODならヒューマンエラーも減らせる

会計時に、伝票を見ながら1つ1つの商品の金額を打ち込む手間がなくなり、金額の打ち間違いを減らすことができるから、クレームを減らすことにもつながります。

金額やつり銭の間違いによってクレームが発生することは、お店の評判を下げてしまうことにつながります。

このようなヒューマンエラーをなくすことができれば、レジでの待ち時間を減らすだけでなく、お店の信用度をアップさせることにもなるのです。

ただしスタッフのレベルを上げるのはそう簡単なことではなく、時間も労力もかかります。それなら、レジシステムを使いやすいものに変えていけばいいと思いませんか?

お客様はもちろん、働くスタッフにとっても満足できるシステムであるといえるでしょう。

金銭面のトラブルは最もクレームが起こりやすい。だからスタッフのミスを減らし、作業工数も減らすことができるUレジ FOODは、会計業務を効率化するだけじゃなく、間接的にお店の質を高めることにも繋がるんだ。

Uレジ FOODはここが違う!USENだからできること

それでは、Uレジ FOODが他のPOSレジサービスと違うところや、導入するメリットなどを具体的にご紹介します。Uレジ FOODには、主にこのような機能が搭載されています。

  • 会計機能
  • テーブル管理
  • 伝票印刷(レシート、領収書、売上日計、商品別のレポートなど)
  • 担当者設定
  • レジ締め自動集計

Uレジ FOOD

自動で売上データを集計できるから、日々の売上管理が格段に楽になります。それでは、具体的にサービスについて、詳しく説明しましょう。

全く初めてでも操作しやすい

このような新しいシステムを導入した時に、面倒だなと感じるのは、スタッフの教育ではないでしょうか?

使い方のマニュアルを読むだけでも一苦労で、設定から操作方法まで、まずはオーナーや管理者が覚え、それをスタッフに教え…その手間を考えると、今のままでもいいかな?と思ってしまう方もいると思います。

しかし、Uレジ FOODはシンプルな操作性だから安心!タブレットをタッチしていくだけで、直感的な操作が可能です。特にスマホの操作に慣れている方は、すぐに使いこなせるようになります。

機械に疎い方でも、運用開始前にUSENスタッフによるトレーニングが受けられるから大丈夫。教育の手間を抑えて運用を始められ、早いうちにオペレーションミスを減らすことができるでしょう。

Uレジ FOOD画面

操作方法はカンタン。お客様のテーブルを指定し、メニュー一覧から注文された商品名をタップしていくだけです。金額を入力する必要がないため、会計ミスを減らすことができます。

また、お支払いの時には、合計金額がすでに算出されていますので、お預かり金額を入力するだけ。誰でも簡単にお会計を済ませることができます。

手が空いた時にオーダー内容を保存しておくことで、会計時にお待たせすることなく、スムーズに支払いができます。

それでも不安…という人のために、「練習モード」も用意されていますので、安心してください。注文から会計処理、レシートの印刷まで、実際の端末を使って慣れるまで練習することができます。

他にも、次のような会計ミスを防止する為の機能がありますので、新人さんにレジを任せても安心です。

  • 自動釣銭機と連携することで、つり銭の渡し間違いを防止
  • レジクローズ忘れお知らせ機能

UレジHANDYと連携してオーダー業務も楽々

UレジHANDYを利用すれば、オーダーから会計まで一括管理ができるようになります。

フロアスタッフが受けたオーダーをその場でレジに送ることができると同時に、細かい調理指示などもできるようになるので大変便利です。

HANDY端末はレジアプリと同じ画面なので、操作も簡単!オーダーを受けるお客様のテーブルを指定したら、あとは商品を選んで、注文数を入力するだけ。

オーダーを送信したらキッチンプリンタから注文内容が印刷され、厨房へと伝わります。

紙のオーダー伝票は書き間違いや読み間違いによるオーダーミスが起こる可能性がありますが、HANDY端末なら心配無用。

注文を受けたらすぐ厨房にオーダーが通り、お客様に早くオーダーを提供できることも大きなメリットです。

また、オーダー情報は自動でレジアプリに送られるため、会計時にオーダーを入力する手間はありません。

ほかにも、UレジHANDYの導入で次のようなことが実現します。

  • テーブルの埋まり具合を画面上で把握できる
  • 先出し・後出しなどオーダーの優先度を指定できる
  • 品切れ管理機能を使うことで、完売した商品の注文を取る心配がない
  • ラストオーダーの時間を画面上で確認できる
  • 複数のテーブルに分かれても1グループとして管理可能

セルフオーダーにも対応できる

お客様自身でオーダーするセルフオーダーシステムを導入すれば、注文業務自体を削減することができます。人手不足解消や人件費削減につながることに加えて、インバウンド対策をお考えのオーナー様にもおすすめです。

Uレジ FOODと連携するセルフオーダーシステムは、「UレジTTO」と「UレジMobile Order」の2種類あります。

「UレジTTO」は、専用の注文端末をテーブルに設置するタイプで、1台から導入可能なセルフオーダーシステムです。

フロアスタッフが足りない時や、外国人のお客様が多くて多言語対応に不安を感じているお店には、ぜひ導入していただきたいシステムです。

メニューの表示言語は日本語のほか、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、ベトナム語に対応しています。

「Uレジ Mobile Order」は、お客様自身のスマートフォンを使って注文できる、新しいかたちのセルフオーダーシステムです。

お店で端末を用意する必要がないため、セルフオーダーシステムに興味はあるけど初期投資を抑えたい方や、端末管理に不安がある方におすすめです。

メニューの表示言語は日本語のほか、英語と中国語(繁体字、簡体字)に対応しています。

Uレジ Mobile Order

これらのセルフオーダーシステムとUレジ FOODを合わせてご利用いただくことで、さらなる業務効率化を実現できます。

Uレジ FOODとUレジHANDYの連携メリット

会計処理もスムーズに

お客様によっては、個別会計をしたいとか、テーブルで会計をして欲しいとか、いろいろな要望があるでしょう。Uレジ FOODはお客様のご要望に添えるよう、あらゆる会計処理にスムーズに対応できる機能を持っています。

  • オーダー会計:テーブルごとにオーダー情報を管理
  • 即会計:キャッシュオンスタイルで会計可能
  • 伝票分割、伝票合算:個別会計や、複数テーブルの合算会計に対応
  • レシート印刷:会計完了と同時に自動でレシートを印刷
  • 会計票の印刷:テーブルチェックのお客様用に、会計票を印刷
  • Uペイ(決済サービス)と連携することで、電子マネー、クレジットカードが利用可能

また、伝票ごとに会計担当者が記録されるため、誰がいつ会計をしたかを一目で把握できます。

レジ締めは自動で。あとはお金を数えるだけ

さて、1日の終わりには、最後に面倒なレジ締めが待っています。ところが、Uレジ FOODならあっという間に終わります。

営業終了の時点で売上は自動で集計されていますので、お金を数えて「レジクローズボタン」を押すだけ。これまで時間がかかっていたレジ締め作業も、一瞬で終わります。

また、日計レポートとして部門別売上や商品別売上を印刷し、その日の売上状況をすぐに確認できます。

通常、責任ある立場の人がレジを締めることが多いと思いますが、それでは店長さんやリーダーの立場にいる人の負担が増える一方です。

Uレジ FOODならレジ締めはお金を数えるだけですし、後ほど説明するスマートフォン向け売上管理アプリ「Uレジ OWNER」を導入すれば、責任者が店舗から離れていても確認できるので、もし間違いがあってもすぐ気付くことができます。

周辺機器、サービスが充実

上記でもご紹介したように、Uレジ FOODには周辺機器や連携できるシステムが豊富で、お店の使い方にあわせて自由なカスタマイズができるところが魅力です。

これは、店舗を知り尽くしたUSENだからこそできること。店舗とともに50年以上歩んできたUSENだから、お店側が何を必要としているかがわかるのです。

メニュー数が少ないお店なら、Uレジ FOODだけでもいいかもしれないですが、慢性的に人手不足なお店や、少しでもオーダーの業務工数を減らしたいというお店には、UレジHANDYやUレジTTOを導入した方が、格段に便利になります。

周辺機器はキッチンプリンタ、オリジナルスタンド、バーコードリーダーなどもありますから、自分のお店に合わせた機材を導入できますね。

どんな機器が必要か不安な場合も、USENの専任スタッフがお店に合った機材を提案してくれるので安心です。

iPadだから初期費用が抑えられる

POSレジシステムの中には、導入費用が非常に高額で、便利なことはわかっても、この費用では…と導入を躊躇してしまうものもあります。

しかしUレジ FOODは、iPadを利用していますので、端末代が安い!初期費用やランニングコストを低く抑えられるというのも、お店にとっては嬉しいところです。

詳細は、オプションに何をつけるかでも変わってきますので、ぜひ問い合わせしてみてくださいね。

新しいシステムを入れるときは、やっぱり教育が大変だなと思うよね。機械に弱い人も多いしね。その点、Uレジ FOODは心配なさそうだね。
そうだね、操作が簡単で誰でもすぐ使えるようになるから、会計でお客さんが並んでしまうということも減らせるよね。

何より大事な集計&分析。Uレジ FOODなら管理も楽々

そして、POSレジ最大のメリットといえば、集計作業の簡易化です。

旧式のレジでは、分析に利用するデータ収集すら大変ですが、Uレジ FOODは、自動でデータが集計され、手間なく集計表・分析グラフを見ることができます。誰でも簡単に分析できるようになっているのが特徴です。

リアルタイムで売上を集計

今どのくらいの売上がたっているか?ということが、リアルタイムでわかります。

もちろん、当日の売上だけでなく、過去の売上を日ごと、曜日ごとなど、好きな期間で集計しなおすこともできます。

グラフ表示で分析がしやすい

集計したデータは、分析して初めて活かすことができます。日々の売上をあらゆる角度からグラフ化してくれるので、今後の経営にも役立てることができるでしょう。

  • 客数、客単価の分析
  • 男女別データ
  • 曜日ごとの実績
  • 時間帯ごとの実績
  • グループ人数の分析
  • 商品ごとの売上
  • 原価の管理

などのデータを見ることができます。もちろん、前年のデータと比較することも可能。同じ日付のデータはもちろん、1年前の同じ週や同じ曜日のデータなどを比較するなど、売上の変化についても細かく分析できます。

これらのデータを活用すれば、こんな販売戦略も立てることができるでしょう。

  • 金曜日の客数が多いから、何かキャンペーンをしてみようか?
  • この曜日、時間帯は人が少ないからスタッフの配置を減らしても大丈夫かな?
  • 4人より2人組のお客様が多いから、料理の量などを少し見直してみようか?
  • 男性客の割合が大きいから、もっと女性客を増やすためのキャンペーンを考えよう
  • 女性客が圧倒的に多いから、女性が喜ぶメニューをもっと考案しよう

肌感覚ではなく、データとして客観的な数値が見えるので、戦略を立てやすくなるのです。

同じ10万円の売上でも、お店によって中身は全く違います。そのお店にあったメニュー作りや特典を用意するために、このデータ分析を最大限に役立てたいものです。

来店客の動向を細かく分析

オプションサービスになりますが、顧客を登録することで、より細かい動きを把握することができるようになります。お客様ごとに、

  • 注文内容
  • 利用した金額
  • 来店日

などを把握できるので、お得意様には特別なサービスを用意することも可能です。たとえば、前回コース提供しているメニューを事前に確認しておけば、今回のコースメニューが被らないようにきめ細かく配慮ができるわけです。

また、メールアドレスを登録しておくことで、例えばお誕生月のクーポン配布など、お客様ごとの情報に合わせた販促も行うことができます。

データ管理と経理業務の手間も省ける

これまでは、POSレジを利用していたとしても、データをプリントアウトしたり、会計処理のための帳票を作ったり、経理関係の事務処理に膨大な手間がかかっていました。

そのような事務処理ができるスタッフがいればいいですが、結局人件費がかかってしまいますから、手間も時間もかかって大変な業務だったと思います。

しかし、Uレジ FOODのデータはクラウドで管理しているので、

  • freee
  • 弥生会計
  • MoneyForward

などのクラウド会計ソフトへ取引データの連携が可能です。(それぞれ、別途契約が必要)連携すれば、自動で売上情報が会計ソフトに取り込まれるので、勘定科目の仕分けや帳票作成などの工数も大幅にカットできます。

また、税理士とのやりとりもラクになります。これまで経理処理にかかっていた時間と経費などのコストを削減できれば、その分お客様へのサービスに還元することもできます。

行き当たりばったりの「感覚」では、やはり改善は難しいよね。その点、データがグラフ化されて見やすいから、次に何をしたらいいか、効果的な戦略が立てられそうだ!
そうなんだ、売上が落ちても、細かいデータがないとなぜ落ちたのかがわからない。数字は嘘をつかないから、データをしっかり分析すれば、今後に役立てられるよ!

UレジOWNERで店舗管理業務まで楽々

さらに、「UレジOWNER」アプリを利用すれば、店舗の管理も遠隔でできてしまいます。いちいちお店に出向いたり、電話で確認する必要もなく、どこでも店舗状況がわかるのです。

  • 店舗ごとの売上速報管理
  • テーブルの埋まり具合管理
  • スタッフの出勤状況(別途「Uレコ」と契約要)
  • 店舗ごとの日報管理(別途オプション契約)

アプリひとつで来客数や可動席数などを確認できるので、移動中などでも手軽に「今お店がどうなっているのか?」を知ることができるのです。

オーナーは何かと忙しいからね。お店に出向かなくても、今の状況を把握できるのは嬉しいね。店舗が増えるほど管理するのも大変になるから、このオーナーアプリはありがたいね。

初めてでも安心!Uレジ FOODは年中無休でサポートしてくれる

いくら簡単だといわれても、何かあった時にすぐ問い合わせができないと困る!と心配な方もいらっしゃると思います。その点も、ご安心ください。

USENは、全国に約148ものサポート拠点を持っています。さらに、「Uレジ FOOD」は専用ヘルプデスクがあり、24時間365日体制で電話受付していますので、何か困った時にはいつでも問合せすることができます。

Uレジ FOODサポート

また、専用ヘルプデスク以外にも、クレジット端末やお店用Wi-Fiなど店舗経営に必要なサービスの相談に乗ってくれる窓口もあります。

経営の課題をクリアにして、もっとお店の運営を楽にしたい!という方は、ぜひサポートお願いしてみましょう。

いくら使いやすい機械でも、トラブルが起きたらどうしようと思うと不安だよね。でも、いつでも相談できるから安心だよ。レジのことだけでなく、お店のBGMなどの相談もできるから、ぜひ利用してみてね。

Uレジ FOODはLINEポケオと連携開始

Uレジ FOOD×LINEポケホ

2020年5月、Uレジ FOODとLINEポケオの連携がスタートしました。LINEポケオって何?連携するとどうなるの?という疑問をお持ちの方へ、詳しくご紹介しますね。

LINEポケオはテイクアウト商品を注文できるアプリ

LINEポケホ説明

通常、テイクアウトの商品というのは、そのお店に出向いて、「持ち帰りでお願いします」と言って注文しますよね。

でも、注文するのに並んだり、料理ができるまでの間も待ったりして、実際に商品を受け取るまでには時間がかかります。

でも、LINEポケオを使えば、今いる場所からテイクアウトできるお店を探し、注文して事前決済まで済ませることができるのです。

つまり、アプリで事前に支払いまで済ませておき、あとはお店に品物を取りに行くだけ!待ち時間もなく商品を受け取れるので、テイクアウトがスムーズになる、というわけです。

また、現在地付近のお店をリスト表示するので、「こんなお店知らなかったから、試しにテイクアウトしてみよう」とお店を認知してもらえるきっかけにもなります。

LINEアプリを利用している人なら、すぐに使えます。LINEで「LINEポケオ」をお友達追加して、ホームアイコンに設定しておきます。

あとはアプリを立ち上げ、今いる場所を入力してお店を探し、テイクアウトしたいメニューを選ぶだけです。

調理時間と受け取り可能時間の目安が記載されていますので、だいたい30分後くらいに受け取れる、というようなこともわかります。

もちろん、利用した分のLINEポイントが貯まりますから、ユーザーにとっても嬉しいサービスですね。

テイクアウトシステムを簡単に導入可能

LINEポケホお店側のメリット

Uレジ FOODはこのLINEポケオと連携したので、テイクアウトシステムを労せず導入することが可能なのです。

お店の端末に注文が届きますから、お店でオーダーを受けた時と同じように商品を準備。あとはお客様が取りに来るのを待つだけです。
テレワークの増加によって、今後は食事の仕方も変わっていきます。自分で作るのは面倒だからテイクアウトでもしようか?と考える人は確実に増えるでしょう。

そんな時に、POSレジとオペレーションを連動させ、テイクアウトをすぐに開始できることがLINEポケオとの連携の最大の魅力です。

2020年9月末までの「LINEポケオ」の月額利用料と決済手数料を0円にするキャンペーンも実施中ですので、導入するなら今です。

今後は飲食店も変化に対応していかないといけない。働き方の変化によってお客様の食事の仕方にも変化が出てくるから、いち早く対応してチャンスを逃さないようにしたいよね。

今ならハンディプレゼントのキャンペーン中

期間限定のプレゼントとして、

  • ハンディ端末3台
  • キッチンプリンタ
  • オプション4点

がもらえるキャンペーンも実施中です。2020年6月30日までのお申し込みの方が対象となっていますので、まずは資料請求をして、見積もしてみましょう。

キャンペーン内容

ご紹介してきたように、これだけの機能を簡単に使うことができるので、煩雑だった会計まわりの業務が格段に楽になり、スタッフもお客様も満足するに違いありません。導入するなら今がチャンスです。

Uレジ FOODで会計がスムーズに!集計も楽々、高度な分析が可能

レジのシステムは簡単であると同時に、お店の役に立つのか?という視点で選ぶことが大切です。せっかくの売上データをうまく使えなければ意味がありません。

Uレジ FOODなら、初心者でも簡単に使える操作性とデータ管理、両方の面から見て優れています。

導入コストを抑えつつ、飲食店に必要な機能は揃っているので、会計まわりの無駄な業務が減り、飲食店本来の業務に集中することができるでしょう。

そうすれば、お客様へよりよいサービスやさらに美味しい料理を提供できますから、今よりもっとよいお店にしていけるのではないでしょうか。

これからPOSレジを使ってみたいと思っているオーナー様は、ぜひUレジ FOODをご検討ください。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP