法人クレジットカード
個人事業主の方が税金をクレジットカード払いするメリットと注意点

何かと便利なクレジットカード。税金もクレジットカードで払えることをご存知でしょうか。所得税などの国税については、クレジットカードで納付すことが可能ですから、手間を省くためにも是非利用したいところです。

カードによっては納税でもポイントがつきますから、普通に現金で納めるよりもお得なケースもあるのです。そこで今回は、税金をクレジットカードで支払うとどのようなメリットがあるのか、わかりやすくお話しします。

いくつか注意していただきたい点についてもあわせてお話ししますので、次回の納税はカードを使ってみようかと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

税金はクレジットカードで支払いが可能!

税金には国に払う国税と、地方自治体に払う地方税がありますが、国税については2017年1月4日からクレジットカードで支払うことができるようになりました。

クレジットカードで支払うことができる税金

税金は種類がたくさんありますので、どの税金の支払いにクレジットカードが使えるのかを知っておきましょう。

まず、個人事業主として支払わなければいけない税金が4種類あります。

  • 所得税
  • 消費税
  • 住民税
  • 個人事業税

このうち、所得税と消費税は国税ですので、クレジットカード払いが可能です。

厳密にいいますと消費税は地方消費税という地方自治体に納める部分が含まれていますが、一括して税務署に納めます。ですから、クレジットカード払いができるのです。

住民税と個人事業税は地方税に分類されますので、クレジットカードが使えるかどうかは自治体によって対応が違います。まだ対応していない自治体については、これまで通り納付書等で納めることになるでしょう。

国税はクレジットカード払いが可能なので、印紙税や、事業とは別に贈与税や相続税を支払う場合もクレジットカードが使えますよ。

また、本税とは別に遅延税などの付帯税にも対応しています。

税金をクレジットカードで納める場合の限度額は1,000万円未満

税金をクレジットカードで納める場合の限度額ですが、1,000万円未満となっています。

当然ですが、クレジットカードの利用限度額を超えて納付することはできませんので、実際の利用可能額はその方によって違ってきます。

クレジットカードでの支払い方法

クレジットカードで支払う場合、コンビニなどで使えるのかというとそうではないんですね。専用のウェブサイトがありますので、そこから支払い手続きをします。

  • 国税庁のホームページにある「国税クレジットカードお支払いサイト」
  • 確定申告書等作成コーナーからアクセス
  • e-Taxからアクセスする

この3つのアクセス方法がありますが、いずれにしても、「国税クレジットカードお支払いサイト」という専用のサイトから手続きすることになります。

トヨタファイナンス株式会社というところが国税庁から委託を受けて運営しているサイトで、この会社が一時的に税金を立替払いしてくれる、という仕組みになっているんですね。

このサイトで納付手続きをすると、納付猶予が受けられなくなりますので、猶予を受けたい人は注意してください。

手続き完了日=納付

納付をした日ですが、手続きを完了した日をもって納付完了とみなされます。ですから、納付期限内に手続きを完了するようにしてください。

例えば、3月31日が納付期限だとすると、それまでに上記のサイトから納付手続きを完了させれば良いのです。

もし3月20日に手続きした場合、カードの締切日が4月15日、引き落とし日は5月10日など、クレジットカードは締切日と引き落とし日がかなり先になることがありますよね。

手続き完了日=納付済みとなりますので、実際の引き落とし日が5月になっても問題ありません。延滞税などは発生しませんので、安心してください。

国税ならば基本的にどの税金でも対応しているから、事業用の税金はもちろんのこと、個人の税金もクレジットカードで支払うことができるよ。

個人事業主が税金をクレジットカードで払うメリット

クレジットカードは何かと便利!現金で払うよりもカードを使った方がいいメリットは、こんなにあるのです。

24時間納付が可能

インターネット上で手続きをしますから、基本的に24時間納付が可能になります。

メンテナンス等で使えない時間があるにしても、土日でも夜でも、好きな時に支払いができるのは、忙しい個人事業主にとってありがたいことでしょう。

わざわざ窓口まで出向く必要がなくなります。

ほとんどのクレジットカードが使える

どのような種類のクレジットカードが使えるか。今日本で使えるカードのほとんどが使えます。

クレジットカード納税に対応しているブランド

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • TS CUBIC CARD

お手持ちのクレジットカードは、このうちどれかには当てはまるのではないでしょうか。

管理を一元化できる

現金で納税をしていると、納付書を管理しておかないと、いつ、いくら払ったのか、管理するのが面倒になりますよね。

納付期限もまちまちなので、うっかり支払いを忘れてしまったら大変なことになります。税金の納付をクレジットカードにすれば、利用明細書が来ますから、支払いの内容を一元化できます。

一目で支払い状況がわかりますから、管理も楽ですし、支払い漏れも防げるのではないでしょうか。

現金を紛失するリスクをなくす

1年分の税金をまとめて支払うとなると、現金を持って税務署や金融機関に出向いていかないといけませんよね。

大金を持ち歩くのはやはり心配です。うっかり紛失したり、ひったくりなどの犯罪に巻き込まれないとも限りません。1年分の税金をなくすなんて、個人事業主にとっては死活問題ですよね。

クレジットカードで支払えば、そのようなリスクをなくすことができて安心です。

手持ちの現金がなくても納付できる

先ほどもお話ししましたが、クレジットカードで支払った場合、実際の引き落とし日は少し先になります。手続きをした日によっては、2ヶ月くらい先になることもあるでしょう。

ということは、今目の前に現金がなくても、税金の納付が可能です。引き落とし日までに必要な金額を用意できればいいということですから、資金繰りにも少し余裕が出ませんか?

クレジットカードの種類によっては分割払いなどに対応しているところもありますので、苦しい時には助かりますよね。

クレジットカードによってはポイントが貯まる

これはクレジットカード会社によって規定が違いますが、税金の支払いであってもポイントがつくことがあります。

現金で支払っていればもちろんゼロですが、もしポイントが0.5%でもついたら、その分還付されたことと同じになりますよね。

少しでも節約したい人は、ポイント還元してくれるクレジットカードを選ぶといいでしょう。

こういう支払いって一度に重なって大変なことがあるから、手持ちの現金がなくても納付手続きができるのはありがたい!
そこがクレジットカード払いのいいところだね。なかなか支払いに行く時間がない!という時でも、インターネットで24時間手続きができるというのも、忙しい個人事業主にとってはとても便利だね。

税金をクレジットカード払いするときの注意事項

とても便利な、クレジットカード払いですが、少し気をつけて欲しい点もあります。以下のことを理解した上で、手続きをしてください。

地方税は支払えない場合もある

国税については本税も附帯税もクレジットカードで支払うことができますが、地方税については自治体によって対応がまちまちです。

まだクレジットカード払いに対応していないところは、従来通りの支払い方法しかありません。

また、対応している自治体も、すべての税金の種類が支払い可能かどうか、確認しておく必要があるでしょう。住民税は支払えるけれど、個人事業税はダメ、など対応できる税金に違いがあることもあります。

受付はインターネットのみ

国税をクレジットカードで支払えるのは、「国税クレジットカードお支払いサイト」というところだけです。

コンビニや銀行などでクレジットカードが使えるわけではありません。パソコンかスマホからしか、使うことができないのです。

出かけたついでにクレジットカードで支払ってしまおう、と思ってもできませんので、注意してください。

決済手数料がかかる

これが一番のネックかもしれませんが、納税する際に手数料がかかります。

しかも、支払う金額が増えるほど手数料も上がっていきますので、納税額が多い人ほど手数料もかさんでしまうことになるのです。

どのくらいの手数料がかかるかというと、1万円までは76円(税込83円)、それ以降は1万円ごとに76円プラスされていきます。45,000円なら380円(+税)です。

ちなみに、「国税クレジットカードお支払いサイト」のトップページで、納付税額を入力すると決済手数料の試算が出来るようになっていますので、どのくらいかかるか、目安がわかるようになっています。

この決済手数料ですが、国に納めるものではなく、この運営会社に納めるものです。なぜ手数料が必要なのか、それはクレジットカード払いが信用取引だからです。

インターネット上で手続きをした段階では、まだ実際に税金の納付は行われていません。クレジットカード会社が納税者の代わりに税金を立て替えて払っていいます。

そして後日、納税者の口座から引き落とすことで貸していたお金を回収するわけですが、後払いですから貸し倒れの危険があるわけですね。

そのリスクを避けるためというのが1つの理由です。もう1つは、立替払いしてもらうことによって、納付者は実質的に納付を先延ばしにできているという、「利益」があります。

貸し倒れのリスクは、納付の先延ばしという利益を得ている人が負担してくださいよ、という意味で手数料が徴収されているのです。

領収書が発行されない

クレジットカード払いでは、手続きをした時に実際に金銭の授受がありません。ですから、領収書が発行されないのです。

領収書が必要な方は、クレジットカードではなく現金で納付をしたほうがいいでしょう。

支払い明細書を使うか、納税証明書を発行してもらえば納税したことの照明は可能です。納税証明書は、依頼してから3週間ほど時間がかかります。

自動引き落としとは違う

口座振替などの自動引き落としシステムではありませんので、1回カード払いをしたからといって、次も自動的にカード払いになるわけではありません。

その都度手続きが必要になります。

利用限度額に気をつけよう!

個人事業主がクレジットカードで支払う場合に気をつけたいのが、利用限度額です。

1年分の税金をまとめて支払うと、その月の限度額の大半を使ってしまうため、いざカード払いをしようとした時に「使えない」という事態が起こることも想定されます。

もし利用限度額に余裕がない場合には、一時的に上げてもらえるか、クレジットカード会社に早めに確認しておいたほうが良いでしょう。

入力は慎重に!

インターネットで手続きをする際に気をつけて欲しいのが、入力誤りです。もちろん金額を間違って払い過ぎてしまった場合などは、税務署にお願いをすれば還付されますが、一度支払った手数料は戻ってこないのです。

手続きにも時間がかかりますし、税額によっては少なくはない手数料を支払うことになるので、勿体無いですよね。

入力間違いのないように、慎重に手続きをしましょう。

クレジットカードで支払うとポイントがつくことがあるけれど、支払い手数料の方が高くなってしまうこともあるよ。どちらが得なのか、よく検討する必要があるね。

税金の支払いに便利な法人クレジットカード3選

法人クレジットカードはたくさん種類がありますが、税金の支払に便利、メリットのあるクレジットカードを厳選してご紹介します。

利用限度額が柔軟で、ポイント還元率も高いクレジットカードを選びましょう。

ステータス重視の方に一押し!アメックス・ビジネス・ゴールド・カード

アメックスのビジネス・ゴールドカードはステータス性も非常に高く、ビジネスマン必携のクレジットカードですが、個人事業主でも作りやすいことで知られています。

ポイント還元率が通常の1%から0.5%に下がってしまうものの、納税についてもポイント還元がされます。

アメックスの一番のメリットは、柔軟な利用限度額の設定でしょう。

通常、法人クレジットカードの利用限度額は、初年度は低く抑えられていることが多いのですが、アメックスの場合は事業の運営状況によって高く設定してもらうことも可能です。

また、審査は必要ですが、一時的に限度額を増額してもらうこともできるので、税金の支払い時期だけ増やしてもらうということもできますね。

アメックスビジネスゴールドカード
カードの詳細へ

年会費 31,000円(税別)
スペック ・個人事業主でも申し込みができる
・柔軟な利用限度額の設定
・クラウド会計ソフト「freee」との連携
・カード利用で最高1億円の海外旅行傷害保険付帯(カード支払いでない場合は5,000万円)
・カード利用で最高5,000万円の国内旅行傷害保険付帯
・最高500万円までのショッピング保険付帯
・ポイントプラグラムで100円ごとに1ポイント
・公共料金の支払いなどでも効率的にポイントが貯まる
・後からリボ払いに変更可能
・福利厚生プログラム「クラブオフ」登録料無料
・ヘルスケア無料電話相談
・コンシェルジュによるレストラン、ゴルフコース予約

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

登記簿謄本などが不要なので、個人事業主でも作りやすい法人クレジットカードの一つです。

セゾンカードは何といっても永久不滅ポイントが魅力ですよね。コツコツとポイントを貯め続けて、大きく還元することも可能です。

また、セゾンプラチナカードは、セゾンマイルクラブに登録することで、JALのマイルを貯めやすくなっています。

お買い物1000円につき10マイルも溜まるので、ポイント還元率が最大1.125%になるんです。こんなに高い還元率のカードはなかなかありませんね。

出張の多い方などはマイルで出張費を節約できますし、税金を支払った時の手数料分くらいはすぐに元が取れてしまうのではないでしょうか。

プラチナカードらしく、2万円と年会費は高めなのですが、200万円以上の支払いで次年度は半額になります。このカードで全ての支払いをまかなっていれば、年間200万円くらいすぐに使えてしまうでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カード
カードの詳細へ

年会費 20,000円(税別)200万円以上の利用で次年度10,000万円
スペック ・ショピングでJALマイルが効率的に貯まる
・プライオリティ・パス無料登録
・最高1億円の海外旅行傷害保険付帯
・最高5,000万円の海外旅行保険付帯
・最高300万円のショッピング保険付帯
・弁護士サービス優待
・レストラン優待
・各種チケットの手配
・プレミアムゴルフサービス

充実のサービス!オリコ・エグゼクティブ・ゴールドフォービズ

オリコカードのフォービズは、法人代表者向けと個人事業主向けに分かれているので、事業を始めたばかりの個人事業主でも作りやすいカードの一つです。

作りやすさの点でもおすすめなのですが、ポイントの還元率が高いカードであるという点が大きなメリットです。

年間の利用額によってポイントがアップしますが、200万円を超えると次年度は2倍。税金や公共料金を支払えば、このくらいの額は簡単にクリアできるでしょう。

また、空港ラウンジサービスや旅行保険など出張に役立つ特典や、レストランなどを割引価格で楽しめるVisa ビジネスグルメオファーなど接待にも役立つ特典の他、事務用品を割引価格で購入できるなどビジネスに役立つ1枚です。

オリコ・エグゼクティブ・ゴールドフォービズ
カードの詳細へ

年会費 2,000円(税別)※初年度無料
スペック ・常に20%ポイント加算
・年間利用額に応じて最大2倍
・個人事業主用と経営者用に分かれている
・分割払い、リボ払いにも対応
・最高2,000万円の海外旅行保険付帯
・最高1,000万円の国内旅行保険(利用付帯)
・最高100万円のショッピング保険付帯
・ETCカード無料発行
・レストラン優待サービス
・福利厚生サービス

税金をクレジットカード払いしてお得にポイントを貯めていこう

クレジットカードで税金を支払えば、わざわざ窓口に出向く必要がないので、時間も手間も節約できます。

資金繰りにも余裕ができますし、手数料の高さをクリアできれば、現金で支払うよりお得ではないでしょうか。

今回ご紹介した法人クレジットカードは個人事業主でも作りやすいカードですし、ポイント還元率も高いです。上手に使って、手数料の分はポイントで補いましょう。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP