Pontaポイント
Ponta(ポンタ)ポイントが貯まるおすすめクレジットカード3選

お店で貯まって&使える共通ポイントは、私たちの生活には欠かすことのできないものです。中でもローソンで便利なPontaポイントを貯めている方は多いでしょう。あなたはポイントカード派ですか?それともアプリ派?

でも効率よくPontaポイントを貯めたいのなら、やっぱりクレジットカードが一番です。なぜならクレジットカードを使えば、ポイントの貯まり方が一気に倍増するからです。

今回はPontaポイントが貯まる様々なクレジットカードをご紹介しますので、ぜひあなたに合うカードを見つけてください。

Ponta(ポンタ)ポイントとは!?提携店で貯まって使えるお得な共通ポイント

オススメのPontaカードをチェックする前に、まずはPontaポイントとはどのようなものなのか、簡単に振り返っておきましょう。Pontaポイントとは、ロイヤリティマーケティングが運営するポイントプログラムです。

Pontaポイント説明画像

Pontaポイントを貯めたり使ったりすることができる主な提携先には、ローソンや昭和シェル石油、ゲオ等、多くの方々が日常生活の中でよく利用する店舗から、ポンパレやホットペッパーグルメ・ビューティー等のネット上のサービスまで幅広いジャンルに渡っています。

Pontaポイントがどれくらい貯まるかは提携先によって異なりますが、ローソンをはじめとする多くの提携先で100円につき1ポイントとなります。

使う場合は、原則1ポイント=1円として支払いに充当することができます。

クレジットカードならPontaポイント二重取りが可能

先にお伝えしたように、Pontaポイントの基本還元率は1%(100円=1ポイント)という還元率になっている提携先が多いです。

しかし、この還元率は、Pontaカードの種類によっても違ってくるんです。ローソンなどの店頭ですぐもらえるポイントカード機能のみのPontaカードもありますが、クレジット機能が付いたものもあります。

そして、クレジット機能付きPontaカードなら、Ponta提携店でクレジット決済することで、

  • 提携店での提示ポイント(0.5~1%)
  • クレジットポイント(0.5~1%)

これら2種類のPontaポイントが同時にもらえるのです。ポイントカードだと提示ポイントしかもらえませんが、クレジットカードなら、合わせて1~2%のPontaポイントが貯まるというわけですね。

つまり、Pontaポイントを効率よく貯めるには、ポイントを二重取りできるクレジットカードがオススメなのです。

基本還元率1.2%の高還元!Pontaポイントを貯めやすいリクルートカード

年会費無料のハイスペックカードをご希望の方にはリクルートカードがおすすめです。

リクルートカードは高還元カードとしても大人気の1枚で、Pontaポイントを貯めやすい上に旅行保険など付帯保険のサービスも充実している為、メインカードとしても一押しの1枚です。

リクルートカードでクレジット決済するとリクルートポイントが貯まりますが、このポイントは好きな時にPontaポイントに交換できます。

手続きは簡単で即時反映されるため、交換はとてもスムーズです。

リクルートカードはPontaポイントを貯めやすい

基本還元率が1%を超えるクレジットカードは現在ほんの僅かしか存在しませんが、その貴重な1枚がこの「リクルートカード」で、毎月の請求額に対して1.2%分のポイントが貯まります。

以下がこのカードのスペックです。年会費無料にもかかわらず、付帯保険が充実しているのもこのカードの特徴です。

リクルートカード

公式サイトへ

カードの詳細へ

年会費 無料
スペック ・基本還元率1.2%
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険(利用付帯)
・年間200万円のショッピング保険(国内・海外) 

還元率1.0%と還元率1.2%では大差ないようにも見えますが、利用額が多くなればなるほど0.2%の差が効いてきます。

利用額の大きい公共料金や税金は、どんどんリクルートカードで決済してPontaポイントを貯めてください。

リクルートIDとPontaIDの連結が必要

リクルートIDとPontaIDの連携

リクルートカードに入会したら、ぜひやっていただきたい手続きがあります。それがリクルートIDとPontaIDの連結です。手順は以下の通りで、オンラインで簡単にできます。

1.PontaWebに会員登録:リクルートIDを取得
2.Ponta番号を登録:リクルートIDとPontaIDの連結

まだPontaカードを持っていない方はローソン店頭で手に入れてもいいのですが、上記のリクルートIDの取得時に申し込めば後日Pontaカードが自宅に郵送されます。Pontaカードは発行手数料・年会費ともに完全無料です。

IDの連結が済めば、リクルートカードで貯めたポイントを、各種オンラインサービスやローソンなど実店舗でも使えるようになります。

Pontaポイントが貯まるおすすめクレジットカード!ローソンユーザーにおすすめ

Pontaといえばやっぱりローソンですよね。ローソンと提携したクレジットカードなら、どなたもPontaポイントを効率よく貯めることができます。

もちろんローソンストア100、ナチュラルローソンも対象です。ぜひクレジットカードを使って、一気に多くのPontaポイントを貯めましょう。

ローソンで2%の高還元!ローソンPontaプラス

ローソンPontaプラスの一般的な店舗での還元率は0.5%と標準ですが、ローソンで使えば2%の高還元です。

ローソンPontaプラスはPontaポイントカード機能が搭載されてますので、Pontaポイント提携店で利用すれば提示&決済でポイントの2重取りができますよ。

2020年7月7日から10月31日までの期間限定で、200円につき8ポイントが貯まります。こちらは時間帯とは関係なく、期間中はいつでも4%還元ですのでぜひお見逃しなく。

ローソンPontaプラス

公式サイトへ

カードの詳細へ

年会費 無料
スペック ・基本還元率は0.5%
・ローソンでのクレジット決済で最大2%還元
・最高100万円のショッピング保険付帯

ローソンで2%還元!マイルが貯まるJMBローソン PontaカードVisa

次にご紹介する「JMBローソン PontaカードVisa」はクレディセゾン発行のクレジットカードですが、永久不滅ポイントではなくPontaポイントが貯まります。

PontaポイントはJALマイルと相互交換できるので、JMBローソン PontaカードVisaを持てば、必要に応じてマイルとPontaポイントを手に入れることができます。以下がこのカードのスペックです。

JMBローソン PontaカードVisa

公式サイトへ

カードの詳細へ

年会費 無料
スペック ・基本還元率は0.5%
・ローソンでのクレジット決済で常に2%還元
・Super Value Plus追加可能(オプション保険・月額300円から)
・JMB×Ponta会員限定サービスを利用できる
・JALマイルとPontaポイントの相互交換
・マイルとPontaポイントの自動交換

JALマイルとPontaポイントの相互交換する場合、一般の方は事前に「JMB×Ponta会員」に登録する必要があります。しかしJMBローソン PontaカードVisa会員は、入会と同時にこの会員登録が済んでいるため、手続きを省略してすぐにJALマイルをPontaポイントに交換できるのです。

使い道のない半端なマイルを保有している方は、ぜひPontaポイントに交換して有効活用してください。10,000マイル以上貯まっていたら、Pontaポイントとは等価交換できますよ。

またJMB×Ponta会員は、マイル相互交換だけでなく、以下のような限定サービスやキャンペーンを利用できます。

【JMB×Ponta会員限定サービス】

・JALマイルとPontaポイントの相互交換
・「Pontaコース」を選べばマイルをPontaポイントに自動交換
・「JALに乗ってPontaポイントプレゼント」等お得なキャンペーン

Pontaコース

特にJALマイルをPontaポイントで受け取れる「Pontaコース」を選択すると、フライトの度にPontaポイントを貯めることができます。

なおJMBローソン PontaカードVisaでクレジット決済した場合のポイントの貯まり方は、利用先や決済方法によって以下のように異なります。特にApplePayで決済すると、Pontaポイントの付与タイミングがバラバラになる点にご注意ください。

利用先 ポイント付与率
・ローソン
・ナチュラルローソン
【クレジット】100円で2ポイント
【ApplePay】・100円で1ポイント(店頭)
・利用額1,000円で5ポイント(当月中旬)
・利用額1,000円で5ポイント(当月末)
ローソンストア100 【クレジット】100円で2ポイント
【ApplePay】・200円で1ポイント(店頭)
・利用額1,000円で5ポイント(当月中旬)
・利用額1,000円で5ポイント(当月末)
まちエネ 【クレジット】1,000円で15ポイント
Visa加盟店 【クレジット】1ヵ月の利用額1,000円で5ポイント

ローソン各店舗では常に2%還元、一般的なVisa加盟店では0.5%還元です。またまちエネの料金は1.5%還元と大変おトクなので、ぜひ新電力への切り替えも検討してみてください。

JMBローソン PontaカードVisaをApplePayで使う場合はちょっと複雑で、ローソンとナチュラルローソンでは合計2%還元ですが、ローソンストア100では店頭ポイントの付与率が合計1.5%還元になります。

Pontaポイントカードからの残高移行も可能

ところで新しくPontaポイントが貯まるクレジットカードに入会すると、これまでPontaポイントを貯めていたカードはどう処理すれば良いのでしょうか?

Pontaが貯まるカードは1人で何枚持ってもいいのですが、今回は1つにまとめる方法をご紹介しましょう。まずPontaポイントの残高の処理方法についてです。

ローソンの店頭などで配布している一般的なPontaカードは、そのポイント残高をローソンPontaプラス・JMBローソンPontaカードVisaへと引き継ぐことが可能です。

しかし以下のようなアプリやカードを持っている場合は、今回の新カードにPontaポイントを引き継ぐことができません。

  • × デジタルPontaカード(アプリ)
  • × マイローソンポイントカード
  • × ローソンパス
  • × Pontaプレミアムカード(発行終了)
  • × シェル-Pontaクレジットカード
  • × Ponta Premium Plus
  • × ローソンPontaカードVisa
  • × ニシムタPontaカード
  • × アルビスPontaカード

ローソンPontaプラス・MBローソン PontaカードVisaにポイント残高を移すことができるのは、オリジナルPontaカードやローソンPontaカードなど、ポイント機能のみのPontaカードに限るのです。

さて残高を移した後のPontaカードは、もう使わないのならPontaカスタマーセンターに電話して解約し、ハサミを入れて破棄してください。

そして新しいカードのPonta番号をPonta Web(Ponta会員サイト)に登録しなおせば、これで引き継ぎは無事完了です。

残高移行ができないアプリやカードについては、そのまま継続して利用するか、もしくはポイント残高を使い切って解約するかのどちらかです。

なおクレジット一体型のPontaポイントカードを解約する際には、必ずカード会社にも連絡してくださいね。

実はPontaポイントカードのことを忘れてて、せっかく貯めてたポイントがゼロになっちゃったことがあるの!あれは残念だったなぁ。
Pontaポイントは有効期限が1年間と短いから、気をつけないとすぐに失効しちゃうよ。効率よくポイントを貯めてサクサク使うには、特にローソンでポイントが貯めやすいクレジットカードがおすすめだね。

Pontaポイントはクレジットカードで貯めるのが一番です!

Pontaポイントはポイントカードを提示するだけでも貯まりますが、クレジットカードを使えばより多くのポイントを貯めることができます。

クレジットカードがあれば、例えばJALのフライトなどPontaポイントを貯めるチャンスが大きく広がりますし、またポイント交換という方法でPontaポイントを手に入れることも可能です。

簡単に大量のPontaポイントを貯めたいのなら、クレジットカードへの入会が一番です。ぜひ今回ご紹介した中から1枚を選び、あなたに合う方法でPontaポイントを増やしてください。

どのクレジットカードを選べばよいかお悩みのあなたへ

クレジットカードにはレストランやレジャー施設を割引価格で楽しめる優待が利用できるのをご存知ですか?
ポイント還元だけでなく、様々な優待で日常をお得に楽しめるのがクレジットカードなのです
起業してる方のビジネスサポートもしてくれます
ただし、クレジットカードを所有するには審査に通過する必要があります
あなたの状況から所有しやすいクレジットカードを最短2問・最高4問で提案
クレジットカードの種類が多すぎて、どのカードを選べばよいか分からないあなたにもおすすめ
1,000種類以上のクレジットカードの中から、あなたの目的に合った最強のクレジットカードが数十秒で見つかる

自分にあったクレジットカードを見つける自分にあったクレジットカードを見つける

クレジットカードを診断するクレジットカードを診断する
PAGE TOP