【軽自動車最大!】ダイハツ”ウェイク”を徹底解剖!

初代ウェイクは、三代目タントをベースにダイハツから2014年に販売開始されました。

ベースとなるタントより全高を8.5cm高くし、当時の軽自動車トップの室内高を実現した車になります。

CMでも、俳優の玉山鉄二を起用し、「ドデカクつかおう。WAKE」のキャッチコピーで多くの注目を浴びた車種です。

開発以降、スーパーハイトワゴンとして幅広い年齢層からの支持を得てきました。

しかし、

・なぜこんなに知名度があって、人気なのか?

・他の車と比べて何が良いのか?

・いつどんな買い方で買えばお得なの?

上記のように良くわからない方も多いと思います。

もっと情報を知りたいといった方や、購入を検討されている方に向けて、ウェイクの全てを徹底解剖し、お得な買い方をマイナビライフサポート限定でお教え致します!

未使用車って何?と思われた方は下記の記事を合わせて読んでください≫

今大流行中の未使用車(新古車)とは?メリット・デメリット、購入するべき優良店舗も大公開!

【そもそもウェイクって…?】

2014年に初代ウェイクが登場し、「ファン&リラックスドライブコンセプト」により、全高の高さを感じない、操縦安定性とロールの少ない快適な乗り心地を両立したスーパーハイトワゴンで人気を博しました。

車名の「ウェイク」は、「wake:目覚める、目覚めさす」の英語に由来しています。

誰もが”ワクワクした気持ちを呼び覚ますクルマ”の思いを込めて命名されました。

これからも軽自動車業界の進化を引っ張っていく車になることは間違いないです!

【ウェイクの特徴は…?】

ウェイクは全高が1.8mを超え、大人4人がゆったりと乗車できる軽最大の室内空間を実現した車になります。

車内での着替えも可能なほどの車高を活かして、荷物の多いアウトドア派にうれしい装備がたくさんあります。

加えて、最新の安全装備も充実しており、アクティブなユーザーからの支持を得ています。

ただ、多くの軽自動車はそれぞれの良いところがある一方、悪いところもあるものです。

例えば…

 ・室内はとても狭いが、驚くほど低燃費!

 ・スライドドアがついていて、乗り降りは便利だけど燃費が良くない…

 ・室内も広く燃費も良いが、デザインが安っぽい…等々。

では、何事にも万能に改良を重ねてきたウェイクにも、「良いところ」だけでなく「悪いところ」があるのでしょうか。

ここからは、購入を検討中の方にも役立つよう、ウェイクのメリット/デメリットを分かりやすくお伝えしていきます!

購入するメリットは?

〇軽自動車最大級の広さ

ウェイクの最大の魅力は、車内が圧倒的に広いということです。

タントをベースに開発されただけあって、全体的にタントより大きくなっています。

ウェイクとタントの室内寸法は下記になります。

室内長 室内幅 室内高
ウェイク 2.21m 1.35m 1.46m
タント 2.18m 1.35m 1.37m

〇車中泊ができる

ウェイクは、シートをフラットにすると2人で車中泊することが可能になります!

タントより室内長が長く、室内高も高いので、ゆとりを持って寝ることができます。

アウトドアや遠出が好きな人には、うれしい広さになっています。

購入するデメリットは?

〇洗車する時が大変

ウェイクは、背が高いので自分で洗車する時に苦労するという意見が多いです。

人によっては、天井を洗うのに踏み台がないと天井をきれいに洗えない、水滴を拭き取れないといったこともあるかもしれません。

ただ、ガソリンスタンドなどの洗車機で洗車する人であれば、デメリットにはならないかと思います。

〇加速が悪い

スーパーハイトワゴンは広い車内空間を実現している反面、車両重量が重いというデメリットがあります。

ウェイクの重量は990kg~と、スーパーハイトワゴンの中でも特に重いことで有名です。

ターボエンジンを搭載しているグレードもありますが、加速が少しよくなる程度で、快適な加速性能は実現できていません。

【どれぐらいの価格で購入することができるの…?】

D

新車 1,250,000円~
中古車 800,000円~
未使用車(新古車) 1,140,000円~

L“SA Ⅲ”

新車 1,440,000円~
中古車 950,000円~
未使用車(新古車) 1,320,000円~

Gターボ “SA Ⅲ”

新車 1,550,000円~
中古車 1,000,000円~
未使用車(新古車) 1,400,000円~

ウェイクはグレードがあがると約10万~20程高くなります。

ウェイクは、未使用車も中古車も多く流出しています。

そこで注意点としてあげることができるのは、新車・中古車・未使用車(新古車)に限らず、車両本体価格のみで判断するのは高買いする可能性がある、ということです。

あくまでも車を買う際は、車両本体価格+α(諸費用や、パック等)の+α部分に注意し、お得にGETしてください!

※記事後半で、親身に相談に乗ってくれる優良な未使用車店舗をご紹介致します。

【ウェイクのグレードはどういうものがあるの…?】

ウェイクの主要グレードは、9つあります。

今回は【D・L“SA Ⅲ”・Gターボ“SA Ⅲ”】の計3つのグレードを紹介します。

それぞれどういった方にオススメかも記載致します!

〇D

標準グレードとなるのが、このDになります。

このグレードのみ、「スマートアシストⅢ」が標準装備されていません

ただ、標準グレードでもレジャーシーンでの使用を意識しており、撥水加工になっています。

基本的な装備が備わっており、安くウェイクに乗りたい人にはおすすめのグレードになります。

〇L“SA Ⅲ”

こちらは中位グレードであり、スマートアシストⅢが標準装備されています。

注目すべきは、左右のパワースライドドアが装備されているという点です。

運転席のボタンや電子カードキーでドアの開閉が可能です。

さらに、パワースライドが閉じている最中にロック操作を行うと、自動でロックしてくれる予約ロック機能も搭載されています!

このグレードから、足回りに14インチのアルミホイールが採用されているので、見た目と機能性で車を選ぶ方にはピッタリなグレードになっています。

〇Gターボ“SA Ⅲ”

ウェイクの中で最上級グレードのGには、ターボエンジンが搭載されています。

ヘッドランプもLEDになり、ステアリングホイールやインパネセンターシフトが本革巻きになっています。

室内空間も上質なインテリアに進化しています。

ウェイクは重量が重いので、ターボエンジンが搭載されているこのグレードが一番おすすめになります。

【実際に燃費ってどうなの?】

ウェイクはライバル車である、N-BOXやスペーシアと比較すると少し劣っています。。

自動車を選ぶ際に燃費に重きをおいている方もいらっしゃると思いますので、カタログ燃費だけではなく、実燃費の方も合わせてご紹介致します!

グレード カタログ燃費 実燃費
D 17.4km/L 15.1km/L~16.6km/L
L“SA Ⅲ” 17.4km/L 15.1km/L~16.6km/L
Gターボ“SA Ⅲ” 16.9km/L 13.4km/L~14.9km/L

※実燃費はあくまでも平均値になります。

※走行場所(高速道路、住宅街、一般道)によって変動致します。

【似ている”N-BOX”とどっちが買い?】

ウェイクは車高が高く、両側スライドドアを装着させ、乗降性も向上させた車です。

ライバル車としては、スペーシアデイズルークスekスペース等もありますが、今回はスーパーハイトワゴンで一番人気のある「N-BOX」と比較してみます。

ウェイクとN-BOXの違いやどっちがおすすめなのか紹介していきます。

ウェイクとN-BOXの違い

〇全高が違う

ウェイクの車体サイズは、全長3.4m、全幅1,48mとN-BOXと同じ数値になります。

異なるのは全高で、N-BOXは1.78mに対して、ウェイクは1.835mなので5.5cmN-BOXより高いのが特徴です。

〇荷室床面までの高さが違う

ウェイクの荷室の高さは、路面から床面まで59.5cmありますが、N-BOXは48cmと約10cm以上も差があります。

路面から床面までの高さが低いと、どういう利点があるかというと、自転車を載せる時に前輪を大きく持ち上げる必要がありません。

その他にも、大きな荷物を載せる時に、持ち上げなくても荷室に載せることができます!

この点では、N-BOXの方が使い勝手がいいです。

*写真(左)ウェイク、(右)N-BOX

〇走行安定性、操舵感が違う

走行安定性、操舵感は全高1.8m超えているにも関わらず、ウェイクが優れています!

要因としては、ショックアブソーバーやボディの傾きを制御するスタビライザーに改善を加えたからです。

ただ、乗り心地はウェイクが少し硬い印象を受けますが、軽自動車では許容範囲に収まっています。

〇動力性能が違う

ノーマルエンジンはウェイクより、N-BOXに軍配があがります。

ウェイクはボディがスーパーハイトワゴンの中でも特に重量が重く、なおかつ実用回転域の駆動力もN-BOXに劣ります。

ターボエンジンになるとその差はほとんどなくなります。

 

上記のことから、ウェイクとN-BOXはお互い勝るところもあれば劣るところもあります。

価格で見ると、N-BOXが約16万円程安くなっています。

4名で乗車したり、自転車を載せるといった用途ならN-BOXで十分になります。

ウェイクを選ぶ価値は、さらに広く開放的な室内空間、水洗い可能な荷室、棚やネットを装着しやすいユーティリティフックになります。

選択順番としては、まず店頭でウェイクをチェックして、車両やオプションカタログを確認して、ウェイクの機能が必要なのかそれともN-BOXで十分なのかを確認して購入検討することをおすすめいたします。

《N-BOXについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください》

【徹底解剖】大人気”N-BOX”を未使用車(新古車)で購入するメリット/デメリット

【どういう買い方がオススメなの!?】

ウェイクは「未使用車/新古車」で購入するのがマスト!

新車で購入するメリットよりも、ほぼ新車同様の未使用車で買う方が価格も安く・お得に購入できます!

また、軽自動車は値崩れも小さいので売る際も損なく売れる可能性が高いです!

普段購入しているディーラーや近くの販売店で妥協して購入しない!

これまで車を購入する際は、お世話になっている近場のディーラーや販売店で購入していた方も多いと思います。決してそれが悪いわけではなく、むしろそういう関係性のある販売店さん/営業マンがいることは素晴らしいことです。

しかし、自動車は新車を除き、市場全体が大きく動くのと同時に価格の変動も激しい商材となります。

そこで重要になるのが、市場に合わせ価格調整し、販売する前に適正な車両価格を設定する優良店を探すことです。

安く買える時期を逃さない!

新車・未使用車(新古車)・中古車全てにおいて安く購入できる時期が実はあります。

それはこちらの記事でも紹介しましたが、1月の初売り決算期になります。

この時期は大量の広告費も掛ける為、広告費用を回収するためにも1台1台の利益は少なくとも「薄利多売」で多くの自動車を安く販売してくれる傾向が強いです。

新しい車を購入するにあたり、不要な車は高く売却する!

車を買い替えようと思っている時は、安い時期や購入する店舗選びだけではなく、「今の車をどれだけ高く売れるか?」も大切なポイントになってきます。

すでにディーラーや販売店に下取りに出している方、近くの買取店で見積を取った方、廃車にしようと考えている方もいるかもしれません。

ただ単に買い取ってもらうだけだと、買取店は、その1台のみで利益を上げようと考える為、高値はつきにくくなってしまいます。

ですが、優良店では新しい車の購入と同時に下取りを出すと、高値で下取ってくれる上に、安値で新しい車を販売してくれます!

【まとめ】

この記事では、女性からの支持が多いウェイクのメリットやデメリット、価格、グレードについて紹介いたしました。

現在軽自動車を購入検討されている方は、「ドデカクつかおう。WAKE」を検討してみてください!

ウェイクを購入する際の注意点としては、装備や仕様をよく理解した上で、お客様のライフスタイルに合ったグレードを選びましょう!

また、軽自動車購入にあたり最も大事なのは店舗選びです!

私たちが厳選した各地域でおすすめの販売店を紹介しますので1度問い合わせしてみてください!

※オススメ掲載店舗は増えていく予定です!

大阪府で未使用車を購入するなら】

https://keinomori.com/

愛知県で未使用車を購入するなら】

http://www.car-hayashi.co.jp/index.html

千葉県で未使用車を購入するなら】

https://kurumahanbai-matsudo.com/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです