債務整理後「一定期間経過」すればローンも組める?返済が厳しいなら債務整理を視野に入れよう

債務整理後「一定期間経過」すればローンも組める?返済が厳しいなら債務整理を視野に入れよう

債務整理を検討されている方の中には

「債務整理後は一生ローンに通らなくなるのではないか?」

と不安を抱えている方もいるかもしれませんが、安心してください。債務整理後も「一定期間経過後」には、新たなローン契約も可能となるでしょう。

今回は、債務整理を検討されている方に向けて

  • 債務整理後も一定期間経過すれば審査に通りやすくなること
  • 信用情報機関に掲載される事故情報の期間
  • 自分の信用情報開示方法

以上のことについてお伝えします。ぜひ、参考にしてください。

債務整理後、一定期間はローンが通りにくくなる

債務整理手続きをすることで、5年~10年程度の間は新たなローン契約やクレジットカードの作成などがむずかしくなります。これは、ローン契約を締結する際にかならず行われる「審査」に通りにくくなるためです。

そのため、「絶対に無理なのか?」と言えば、そうとも言い切れないと考えておきましょう。

債務整理をすると、いわゆるブラックリストに入る

ローン契約審査を行う中でかならず「信用情報機関への照会」を行い、この情報に従って、ローン審査を通すかどうか決定します。そのため、信用情報の中に「債務整理をしました」という情報があると、金融事故いわゆる「ブラックリスト」に入ってしまうため、審査通過が困難になります。

実際に「ブラックリスト」と呼ばれるリストは存在しませんが、「債務整理をしました」という情報が金融事故として掲載されるため、審査通過の難易度は上がるでしょう。

各信用情報機関では、過去5年~10年程度すべての取引実績が掲載されており、下記のマークで掲載されています。

主にクレジットカード会社、顧客にお金を貸し出す貸金業者が加入するCICでは、お客様の取引実績などを下記のようなマークで表しています。

出典:CIC|開示書の見方

自己破産の免責許可が決定すると「法定免責」と記載され、ひと目で自己破産をしたことがわかるようになっています。

その他、【異動】のマークが掲載されていると

  • その他の債務整理をした
  • 債務者(借金を抱えている人)に変わって保証会社が弁済した
  • 破産手続きの開始が決定した
  • 61日以上または3カ月以上の支払い遅延があった

などの情報となるため、いずれも審査に通りにくくなるでしょう。

また、

  • $以外のマーク
  • 本人以外弁済
  • 貸倒
  • 法定免責
  • 異動

と掲載されてしまったのであれば、金融事故、いわゆるブラックリスト入りと考えて良いでしょう。

ただ、$以外のマークについては、入金が確認され、延滞期間が短いのであれば「審査でマイナスなイメージを持たれる」程度と考えて良いでしょう。

最終的には、ローン会社が決定するため一概に言えませんが、債務整理後の人に比べるとローン審査に通りやすいです。

債務整理後、絶対ローンに通らないわけではない

先にも簡単にお伝えしましたが、【債務整理後=ローン審査100%無理】ではありません。そもそも、「ブラックリスト入りの人とローン契約を締結してはいけない」などの法律は存在しません。

つまり、お金を貸すも貸さないも、あるいはローン契約を締結するもしないもすべて、「ローン会社次第」と言えます。

ただ、現実的に考えれば、信用情報に事故情報が掲載されていると、審査に通過する可能性は極めて低いでしょう。

なぜなら、「過去に一度でも約定通りの返済をしなかった」からです。

ローン会社からすると、「改めてお金を貸し出しても、また返済してもらえないのではないか?」と、考えるのは当然です。ましてや、債務整理後間もないのであれば、なおさらでしょう。

もしも、債務整理後のローン審査に通過できないのであれば、高額なものであっても現金を用意して購入する他ありません。

また、一般の貸金業者からお金を借りることもむずかしいため、家族や友人から借りるなどしなければいけません。なお、法外な金利をとるいわゆる闇金からは絶対にお金を借りてはいけません。

一方で、クレジットカードに代わるものとして「デビッドカード」は債務整理後も作ることができます。プリペイドのクレジットカードのようなもので、支払い代金以上のお金が銀行口座にあらかじめ入っていれば、通常のクレジットカードと同様に利用できます。

デビッドカードは銀行で発行するのが一般的であるため、「口座開設の審査」はありますが、信用情報の照会はありません。そのため、債務整理後であってもデビットカードの発行は可能です。

債務整理後5年~10年程度経過するまでの期間は、現金で購入するかデビッドカードの利用検討をしてください。

債務整理後も5年~10年経過すれば、ローン契約が可能になる

債務整理後の金融事故情報掲載期間は5年~10年です。

掲載期間は下記の2点によって異なります。

  • 債務整理の種類
  • 信用情報機関
債務整理の種類 信用情報機関
・任意整理

・個人再生

・自己破産

・JICC

・CIC

・KSC(全銀協)

 

まずは、それぞれの掲載期間や「いつからの期間なのか」について見ていきましょう。

各信用情報機関別【異動】掲載期間

各信用情報機関の【異動】が掲載される期間は下記のとおり

JICC 契約日によって異なる
CIC 契約終了後5年以内
KSC(全銀協) 任意整理の場合は完済後5年以内

個人再生・自己破産は決定から10年以内

 

【JICC】

JICCは、金融事故情報に【異動】と掲載されることはありません。【異動参考情報等】の欄に延滞や債務整理を行った事実が記載され、これがあるといわゆる「ブラックリスト」と判断されます。

JICCの事故情報掲載期間は、契約日が2019年9月30日以前か否かによって異なります。

2019年9月30日以前の場合は、「当該事実の発生日から5年以内」です。つまり、債務整理をしたとき、自己破産申立てをしたときから「5年以内」で事故情報が消えます。

10月1日以降の場合は、「契約継続中もしくは契約終了後5年以内」です。

つまり

  • 任意整理であれば「和解日から5年間」
  • 個人再生であれば「再生手続き開始決定日から5年間」
  • 自己破産であれば「免責決定から5年間」

以上の期間が経過すれば、事故情報の掲載がなくなると考えておいて良いでしょう。

また、債務整理前に延滞を繰り返していた方は、完済日から5年以内の期間、事故情報が掲載されます。(2019年10月1日以降は契約継続中もしくは契約終了後5年以内)

JICCは消費者金融、流通系、銀行系、リースなど幅広い業態の加盟業者がいるため、JICCに事故情報が掲載されている間のローン審査は、厳しいと考えておきましょう。

参考:JICC|登録内容と登録期間

【CIC】

CICの異動情報掲載期間は、「契約期間中および契約終了日から5年間」です。

つまり

  • 任意整理であれば「和解日から5年間」
  • 個人再生であれば「再生手続き開始決定日から5年間」
  • 自己破産であれば「免責決定から5年間」

CICは延滞情報も【異動】と掲載されるため、債務整理以前に延滞を繰り返していたのであれば、「延滞を解消した日から5年間」はローン審査通過は厳しいでしょう。

また、CICの主な加盟業者は信販会社系、クレジットカード会社です。ほとんどのローン会社がCICへ加入しているので、掲載期間終了まではローン契約はむずかしいでしょう。

参考:CIC|CICが保有する信用情報

【KSC】

KSCに掲載される期間は、任意整理の場合「契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間」です。個人再生や自己破産であれば「決定日から10年間」です。

個人再生や自己破産手続きについて、各信用情報機関の中で唯一KSCのみ、10年間という長期間掲載されます。

KSCは全国銀行個人信用情報センターの略称であり、加盟業者は信用金庫や銀行などが主です。そのため、銀行からの借り入れがあって、個人再生や自己破産などの債務整理をした方は、最長10年程度はローン契約がむずかしいでしょう。

一般のクレジットカード会社やローン会社はKSCへ加盟していないため、銀行等以外からの借り入れであれば、事故情報は掲載されません。

参考:KSC|情報の登録期間

【異動】が消えるとローン契約がしやすくなる

各信用情報機関から、事故情報がすべて消えると、新たにローン契約を締結しやすくなります。ただ、【事故情報が消えた=絶対に審査に通る】とは言い切れません。

信用情報から事故情報が消えれば、当然、「一切の情報」がありません。つまり、「取引実績」が一切ないため、ローン会社は審査に通過させるかどうかの判断がむずかしいのです。

一切の情報がない方を「スーパーホワイト」と言いますが、ある程度の年齢なのにスーパーホワイトだと、債務整理を疑われます。

これは、「社会人になってこれだけの年数が経っていれば、一般的に言ってクレジットカードを持っていて当然だろう」といった考えに基づいていて、「ある程度の取引実績が記録されているはず」と思われているためです。

そのため、【事故情報が消えた=ローン審査に通る】とは言い切れません。ただ、異動情報が掲載されているときよりは、確実に審査に通りやすくなっています。まずは、少額のローン契約やクレジットカードの利用から始め、確実に取引実績を重ねることで、信用情報は回復していくでしょう。

いずれ、住宅ローンやマイカーローンなど大きな買い物を考えているのであれば、焦らずに確実に取引実績を重ねましょう。

審査に申込みをした履歴は、「最長6カ月間」掲載されます。数多くの審査に申込みをしたり、審査に何回も落ちたりしていると、マイナスなイメージを持たれますので注意してください。

債務整理後の自分の信用情報を確認する方法はある

債務整理後、信用情報に事故情報が掲載されているにも関わらず、何度も繰り返しローン審査に申し込むとマイナスなイメージが残ります。

申込みをした履歴や、審査が否決になった事実などが「最長6カ月間」掲載されるためです。

そのため、先にお伝えした起算日から5年~10年程度経過したタイミングで、自分の信用情報を照会してみると良いでしょう。事故情報の掲載期間が終了していれば、改めてローン契約も通りやすくなるでしょう。

最後に「自分の信用情報を確認する方法」についてお伝えします。

各信用情報機関の信用情報を確認する方法

自分の信用情報を確認するためには、下記いずれかの手段を用います。

  • 窓口
  • インターネット
  • 郵送

信用情報機関別信用情報開示方法は下記のとおり

【JICC】

JICCの開示方法は下記から選べます。

  • ※窓口
  • インターネット(スマートフォン)
  • 郵送

※2021年4月時点、窓口は当面休止

スマートフォン経由で開示される方の手順

  1. アプリのダウンロード
  2. 利用規約の確認・同意
  3. パスワードの発行・入力
  4. 内容の入力
  5. 本人確認書類の提出
  6. ※手数料のお支払(税込み1,000円)
  7. 開示結果の郵送

郵送で開示される方の手順

  1. 申込書の準備(JICCからダウンロード可能)
  2. ※手数料の準備(税込み1,000円)
  3. 本人確認書類の準備
  4. JICCへ送付
  5. 開示結果の送付

※その他費用として

速達:300円

本人限定受取郵便:300円

費用の支払い方法は下記から選べます。

  • クレジットカード
  • コンビニ
  • ペイジー
  • オンラインバンキング

JICC情報開示はこちらから

【CIC】

CICの開示方法は下記から選べます。

  • 窓口
  • インターネット(スマートフォン・パソコン)
  • 郵送

窓口で開示される方の手順

  1. 必要書類の用意(人によって異なる)
  2. CIC窓口へ
  3. 申し込み・本人確認
  4. 開示報告書の受け取り

※費用は500円

スマートフォンで開示される方の手順

  1. 注意事項の確認
  2. 「クレジット契約で利用した電話番号」からCICへ電話
  3. で取得した受付番号を入力
  4. パスワードを入力

※2~3までを1時間以内で操作してください

※利用料金1,000円はクレジットカード一括払いのみ

パソコンで開示される方の手順

  1. 注意事項の確認
  2. 「クレジット契約で利用した電話番号」からCICへ電話
  3. 2.で取得した受付番号を入力
  4. PDFファイルをダウンロード

※2~3までを1時間以内で操作してください

※利用料金1,000円はクレジットカード一括払いのみ

郵送で開示される方の手順

  1. 必要書類を用意(CICで入手可能)
  2. 手数料の用意(税込み1,000円 ゆうちょ銀行の定額小為替証書)
  3. CICへ郵送
  4. 情報開示

CIC情報開示はこちらから

【KSC】

KSCの開示方法は「郵送」のみです。

郵送開示に必要な書類を準備しKSCへ送付します。

必要となる書類は

  1. 申込書類
  2. 手数料(税込み1,000円 ゆうちょ銀行の定額小為替証書)
  3. 本人確認書類

KSC情報開示はこちらから

まとめ

今回は、債務整理後ローン審査に通るのか?いつになったら通るようになるのか?について、お伝えしました。

債務整理は、法的強制力もしくは交渉によって借金を減額する手続きです。そのため、多くのローン会社でその事実を共有し、一定期間ローン契約を締結できないようにします。

しかし、一生ローン契約がむずかしいわけではなく、5年~10年程度経過すれば事故情報も消滅します。事故情報が消滅すれば、絶対に審査に通るわけではありませんが、債務整理直後よりは通りやすくなっています。

今回お伝えした内容や期間を参考に、新たなローン契約のタイミングを伺ってみてはどうでしょうか。

(監修:鎌倉鈴之助)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです