リボ払いが払えないときはどうしたら良い?今すぐ確認すべきことと払えないときの対処法について解説

リボ払いが払えないときはどうしたら良い?今すぐ確認すべきことと払えないときの対処法について解説

リボ払いは、毎月の返済額が一定になるため、返済計画を立てやすく重宝されている方も多いでしょう。

しかし、リボ払いが払えないとなると最悪です。リボ払いも当然借金であるため「払えません」は残念ながら通用しないでしょう。

もしもリボ払いが払えないのであれば、カード会社に相談をするか友人知人等からお金を借りる、もしくは債務整理を検討するしかないでしょう。

今回は、リボ払いが払えないときはどうしたら良い?と疑問を抱えている方に向けて下記のことをお伝えします。

  • リボ払いが払えないのであれば、まずは借金の状況把握をし、返済額の変更や生活スタイルの見直しをしてどうにか工面できないか考えることが大切
  • どうしてもリボ払いが払えないのであれば、カード会社に相談をしてみれば良い。数日程度であれば返済日の延長をしてくれることもある
  • 長期にわたって返済できる見込みがないのであれば、債務整理を検討したほうが良い
  • リボ払いを「払えない」と言って放置していると、最悪の場合強制執行が開始されるので要注意

リボ払いが払えずに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

リボ払いが払えないときにまず確認すべき3つのこと

リボ払いが払えないときはまず、現在の状況を把握してください。リボ払いは毎月の支払額が一定になるサービスであるため、急に「リボ払いが払えない」という状況に陥ることはないでしょう。

たとえば、今月は給料が少なかったとか今月は急な出費がかさんでしまって。など、リボ払いが払えない理由があるはずです。

まずは、払えない理由を把握し、そのうえでどのように工面すれば良いのか?と考えれば良いでしょう。

リボ払いが払えないときに確認すべき事項は下記の3つです。

  • 借金状況の把握
  • 返済額変更の確認
  • 自分の生活スタイルの見直し

まずは、リボ払いが払えないときに確認すべき3つのことについてお伝えします。

確認事項①:借金の状況把握

リボ払いは毎月の返済額を一定にするサービスです。中には、お店での利用時に「1回払い」を指定しても、自動的にリボ払いになるサービスもあります。

リボ払いは返済額が一定で返済計画を立てやすいのが特徴ですが、借金の状況を把握するのには向いていません。毎月の支払額が一定である分「気づけば借金額が大きくなっていた」という事態に発展する恐れもあるでしょう。

まずは、自分が今いくらの借金を抱えているのか?リボ払いで支払いを継続していけば何年で完済できるのか?について把握してください。

確認事項②:返済額の減額はできないのか?について確認する

リボ払いが払えないのであれば、カード会社に確認して減額できないか相談してください。リボ払いの返済金額は、利用額に応じて決定されているケースがほとんどです。

毎月使用せずに返済を続けてきていた方であれば、元金が減っている分、毎月の返済額を減額できる可能性もあります。カード会社に相談することで減額ができるか否かを教えてくれますので、まずは相談してみると良いでしょう。

確認事項③:自分の生活スタイルの見直し、節約できる部分はないか確認する

リボ払いの返済額によっても異なりますが、節約をすればリボ払い返済額の捻出ができることもあるでしょう。今一度家計簿の見直しをして、本当に返済できないか?について考えてください。

今まで家計簿を付けてこなかった方は、何にいくら使っているのかの把握が難しいため、費用の捻出ができるか否かを数字で判断できません。

そのため、固定費は別として食費を抑えられないか?外食を控えれば捻出できるのではないか?など、あらゆる可能性を考えると良いでしょう。

リボ払いが払えないときに今すぐ取るべき3つの行動

リボ払いが払えなくなったことがわかった時点で下記のいずれかの行動を取ってください。

  • カード会社へ連絡する
  • 友人等からお金を借りて工面する
  • 債務整理を検討する

上から順番にリスクが低くおすすめの手段です。リボ払いが払えないからと言って放置をしていると状況は悪化します。まずは上記それぞれの行動について詳しく見ていきましょう。

行動①:カード会社へ連絡をして返済を待ってもらう

給料日前でお金がない、急な出費がかさんでしまって支払えないなどの事情があるときは、カード会社へ連絡してください。連絡をする際にはかならず「支払期日前」までに連絡をすることが大切です。

万が一、支払期日が過ぎてしまうと「延滞」になってしまい、自分自身の信用等を傷つけてしまう結果になりかねません。たった1日でも延滞なので、かならず支払期日前までに連絡をしましょう。

支払えない期間が数日から1週間程度であり、◯月◯日までにかならず支払えるという確約があるのであれば、支払いを待ってくれる可能性があります。

支払期日前に連絡をして返済日を延長してもらえれば、延滞は避けられるためおすすめです。

「払えない」と言って放置すれば状況は悪化する

リボ払いが払えないからと言って放置し続けていると、最悪の場合、カードの強制解約や一括請求、強制執行に発展する恐れがあります。払えないと言って放置するのではなく、かならず何かしらの行動を取るべきでしょう。

万が一、現時点でリボ払いを滞納しているのであれば、まずはカード会社に連絡をして支払う意思を見せてください。

確実に返済することを約束すれば、ある程度柔軟な支払い方法にも対応してくれるでしょう。

行動②:一時的であれば友人等からお金を借りて工面する

一時的に返済が厳しいだけなのであれば、友人知人等からお金を借りて返済するのもひとつの手段です。リボ払いを利用している人の平均返済額は15,000円~20,000円程度です。

友人や知人、家族等に相談すれば貸してくれる方もいるはずです。

ただ、借りたところで返済できる見込みがないとか、1か月のみならず向こう数か月単位でリボ払いを返済できる見通しがないのであれば、この方法はおすすめしません。

友人等の関係崩壊のみならず、社会的な信用を失う結果になる恐れもあります。

行動③:返済見通しが立たないなら債務整理でリボ払い問題を根本的に解決する

リボ払いを返済できる見通しが立たないのであれば、債務整理で根本的な解決を目指すべきです。

何かの事情で1か月だけ返済が厳しいとか、来月からは確実に返済できるといった見通しがあるのであれば、①や②で紹介した方法が有効です。

しかし、①や②でお伝えした方法はあくまでもその場しのぎでしかありません。仕事を失ってお金がない、借金の額が膨らみすぎて返済が厳しいなどの状況を抱えているのであれば債務整理がおすすめです。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類の方法があります。

メリット デメリット
任意整理 ・1つの債務から整理できる

・他の債務整理に比べてデメリットが少ない

・法的手続ではないので簡易かつ弾力的な和解契約が可能

・裁判費用がかからない

・資格制限が問題とならない

・免責不許可事由があっても利用可能

・将来の利息カットのみで、経済的メリットが少ない

・利息制限法引直しによる金額まで減額可能でそれ以上の減額は困難

・貸金業者によっては分割払いを認めない

・支払期間が長期に及ぶため途中で挫折するケースも少なくない。破産手続きへの移行は2度手間である。

個人再生 ・住宅資金特別条項の利用によって住宅を残せる

・返済総額の約8割程度カットできる

・再生手続開始申立てにより給与差押え等の強制執行手続が中止される

・資格制限がない

・免責不許可事由は問わない

・住宅を残せる以外、自己破産と遜色ない

借金を0にすることができない

・債務者に安定収入が必要となる。

・申立から再生計画認可まで約6カ月間要し、その間決められた時期に所定書面を提出する必要があるため時間と労力が必要となる。

・債権者間の形式的平等が要求されるため、一部債権について一括返済にしたり支払い期限を延長するなどの融通はきかない

自己破産 ・借金を免責(※)にできる

・相談者の支払能力の有無を考慮する必要ない

・免責許可申立後の破産手続は意思決定により給与差押え等の強制執行手続きが中止される。

・多くの財産を失う

・名前が官報に掲載される

・資格が制限される職業がある。

・免責不許可事由が法定されている。

 

(※)株式投資の失敗、ギャンブル、浪費などが原因の借金については、免責が認められないこともございます。また、著しい免責不許可事由がある場合には「一部」免責となります。それぞれメリットとデメリットがありますが、自分に合った最適な債務整理手続きがあるはずです。まずは、弁護士へ相談して解決方法を探してみてはどうでしょうか。

リボ払いが払えなくても、他社からの借り入れは絶対に避ける!

リボ払いが払えなくなるとつい、カードローンの借り入れ等を検討しがちですが、借金を返すために借金をするのは避けたほうが良いでしょう。

可能であれば、友人知人等から数万円程度借りるにとどめておくのが得策です。

他社からの借り入れをおすすめしない理由は下記の2つです。

  • 借金を借金で返済し始めると破産への道筋ができてしまうため
  • 複数社からの借金は利息が膨らみ、返済状況が今よりも悪化するため

次に、リボ払いが払えなくても、他社からの借り入れだけは絶対に避けるべき2つの理由について、詳しくお伝えします、

借金の返済をするために借金をし始めるのは破産への入り口

借金を借金で返済し始めると、いずれは借金をあてにした生活から抜け出せなくなってしまいます。

とくに、クレジットカードやカードローンは返済すればまた利用できるようになるため、注意しなければいけません。

たとえば、1万円のリボ払いを返済するためにカードローンから1万円を借りて返済したとしましょう。

リボ払いの返済はクリアできても、カードローンの返済が待っています。カードローンの返済費用は1万円+利息となるため、通常より返済負担が重くなります。

そして、カードローンの1万円+利息を返済すれば、1万円程度生活費が少なくなってしまったと錯覚し、ついカードローンからつまんでしまう方も多いです。その結果、雪だるま式に借金総額が膨れ上がる恐れがあるのです。

前述した友人等からの借金であれば、申し訳無さや恥じらいがあるため、返済したあとに繰り返し借りようと思う方は少ないはずです。

ここがカードローンと個人間融資の大きな違いと言えるでしょう。

リボ払いは毎月の支払いが一定となり、返済計画を立てやすいのが特徴です。

しかし、一度でも歯車が狂ってしまえば、もとに戻すのが非常に大変です。リボ払いが返済できなくても、借金をして返済することだけは絶対に避けてください。

複数社からの借金は利息が膨らみ、今以上に状況が悪化する

リボ払いを借金で返済すれば、クレジットカードのリボ払いという借金と、カードローン等からの借り入れという2つの借金ができます。

借金の件数が多ければ多いほど利息負担が大きくなり、返済負担が大きくなってしまいます。

また、複数社からの借り入れがある方は、借金総額も比例して大きくなる傾向にあり、利息・元金ともに返済負担が非常に大きくなる恐れがあるでしょう。

そのため、可能な限り借金を借金で返すのは避けるべきです。

現状でリボ払いが払えないのにも関わらず、さらに借金を増やせば破産へ向けた道筋が見えてきてしまうでしょう。

リボ払いが払えないまま放置すると最終的には「強制執行」されてしまう

リボ払いが払えないからと言って放置することだけは絶対に避けてください。「相談したところで払えないものは払えない」「もう無理、払えない」などと、自分の中で考えていても、相手に意思表示しなければ根本的な解決にはつながりません。

強制執行されてしまえば、自分の財産を失うのみならず会社から支給される給与も差押えの対象になるでしょう。

現在、仕事を失ってリボ払いが払えない方、新たな就職先で給与を差し押さえられれば、その会社に居づらくなってさらに状況が悪化する恐れもあります。

強制執行によって失うものは、財産のみならず会社や家族からの信用も失ってしまうことになるでしょう。

強制執行までの流れは下記のとおりです。今ならまだ間に合うはずなので、根本的な解決を目指していきましょう

  1. カード会社から督促や催告書、差押予告書が届く(支払い滞納時点でカードの利用は停止、最悪の場合強制解約)
  2. 裁判所から支払督促が届く
  3. 裁判所から仮執行宣言付支払督促

仮執行宣言付支払督促が届いたあとも放置を続けていれば、カード会社はあなたに対して強制執行を開始します。

強制執行によって多くの財産を失う

強制執行が行われると、あなたの財産である現金や預金、生命保険の解約金や給与など換金性の高いものから差し押さえていきます。

もしもあなたが所有している車や家等があればそれらも差押えの対象になるでしょう。

「たかがリボ払い」と思うかもしれませんが、借りたものを返さなければどのような手段を用いてでも回収しようとするのは当然です。

ただし、生活に必要な財産である衣類や家具家電、仕事で利用するもの、その他家族が所有するものなどは差押えの対象にはなりません。その点だけは唯一の安心材料と言えるでしょう。

現金や預金、給与は優先的に差し押さえられる

強制執行が開始されると、現金や預金、給与等が優先的に差し押さえられます。万が一、銀行が発行するクレジットカードのリボ払いで滞納していたのであれば、銀行口座が凍結する恐れもあります。

口座が凍結することで、公共料金や携帯料金の引き落としができない、給与の受け取りや現金の引き出しができないなどのトラブルにも発展するでしょう。

また、給与が差し押さえられたときには会社にもリボ払い(借金)をしていた事実や、滞納していた事実が知られてしまいます。

そのような事実を知られたいと思う方は少ないはずです。バレたくないのであれば、リボ払いを払えないと言って放置することだけは絶対に避けましょう。

家族や会社からの信用も失いかねない

リボ払いを払えないと言って放置をしたことによって失うものは、財産のみではありません。家族や会社からの信用、社会的信用も失ってしまう結果になるでしょう。

給与の差押えがされれば、当然会社にもバレてしまいますし、家族への影響も少なからずあるでしょう。家族に隠してリボ払いをしていたのであれば、家族からの信用失墜にもつながります。

延滞していた事実は信用情報機関へも掲載されてしまうため、当然しばらくの間はローン契約等が難しくなります。リボ払いが払えずに失うものはあまりにも多いです。放置だけは絶対に避けるべきでしょう。

強制執行の最中でも「債務整理」で止められる

強制執行寸前、強制執行の最中であっても債務整理で強制執行を止められます。ただし、債務整理の中でデメリットの少ない任意整理のみ、強制執行をとめられないので強制執行中は意味がありません。

任意整理を含めた債務整理を検討しているのであれば、強制執行が開始される前までに弁護士へ相談してください。

どうしてもリボ払いが払えないのであれば、積極的に債務整理を利用するべきです。正直「無い袖は振れない」でも構いません。その代わり、しっかりと対応しなければ強制執行が開始されるだけの話です。

まとめ

今回は、リボ払いが払えないときはどうしたら良い?についてお伝えしました。リボ払いが一時的に払えないなら、カード会社に相談して支払日の延長をしてもらう。

もしくは友人知人等からお金を借りて返済をしましょう。

長期的に返済が厳しいのであれば、思い切って債務整理をされたほうが良いです。万が一、強制執行までいってしまえば、財産以外の「信用」も失う結果になります。

「無い袖は振れない」のは結構ですが、かならず行動することを心がけてください。

今回お伝えしたことを参考に、一時的にお金を工面してリボ払いの完済を目指すか、債務整理を行うのか検討してください。何もしないよりはとにかく行動に移すことが、リボ払いの返済解決につながっていくでしょう。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです