クレジットカードの借金は踏み倒しが可能?借金のリスクと対処法を紹介

クレジットカードの借金は踏み倒しが可能? 借金のリスクと対処法を紹介
クレジットカードで借金を作ってしまった方の中で、「借金は踏み倒せれる?」と考えている方もいるでしょう。
本記事では、そんなクレジットカードの借金を踏み倒すことはできるのか、どのようなリスクがあるのかをまとめていきました。

クレジットカードで作った借金を踏み倒さずに対処する方法もまとめているので、ぜひ参考にしてください。

クレジットカードの借金は踏み倒し可能?

結論をいうと、クレジットカードの借金を踏み倒すことは基本的にできません。消滅時効が成立すれば借金を返済する義務はなくなりますが、現実的にほぼ不可能だと覚えておきましょう。

踏み倒すことは基本的にできない

借金をした時点で、返済義務は残ったままになってしまいます。踏み倒そうと思っても借金が消えることはありません。

仮に借金を踏み倒すつもりはなかったけど故意に返済しないと決めると、詐欺罪に問われる可能性も出てきます。

詐欺罪となると懲役10年以下の罪だけでなく、賠償金を求められることもあるでしょう。そして最終的には、更なる借金を作ってしまう結果となってしまうのです。

消滅時効が成立すれば借金を返済する必要がない

ただし借金にも『消滅時効』というものが存在し、一定期間支払いをしなかった場合に限って、踏み倒し可能な場合があります。

『消滅時効』とは、債権者が債務者に請求をしないまま一定期間が過ぎた場合に、借金返済の権利が消滅するという制度です。

消滅時効を満たす条件は、以下の2つになります。

  • 返済期限から5年〜10年の経過
  • 時効の援用手続きを債務者が実行

時効の援用手続きとは、時効が成立したことを債務者自身が主張することで成立します。つまり債務者が約5年〜10年間、債権者から逃げ続ければ踏み倒しは可能ですが、逃げ続けれる方はほぼいません。

借金を返済せずにいると債権者から常に催促の連絡がくるようになるので、踏み倒すことは考えず返済することを考えた方がよいでしょう。

ただ借金の残高が減らないという方は、借り入れや返済の仕方が問題の可能性があります。以下の記事では残高が減らない原因を解説してるので、ぜひ参考にしてください。

借金の残高が減らない5つの原因とは?総額を一気に減らす方法や返済のコツを解説!

クレジットカードの借金を返済せずにいることのリスク


クレジットカードの借金を返済せずにいると、以下のようなリスクがついてきます。

  • クレジットカードの利用ができなくなる
  • 遅延損害金が発生する
  • 信用情報機関のブラックリストに名前がのる
  • 催促の連絡が頻繁にくる
  • 強制執行による差し押さえの可能性が出てくる

それぞれ順番に解説していきます。

クレジットカードの利用ができなくなる

クレジットカードで作った借金を支払わなかった場合、カード自体が利用できなくなります。

たとえばクレジットカードで買い物をしようと思っても、支払日が過ぎた次の日からカードが使用できなくなるのです。

ただ借金の返済を済ませれば、3〜5日で新たに使用できます。それぞれのクレジットカード会社によって使用開始日は異なるので、気になる方はカード会社に問い合わせをしてみましょう。

遅延損害金が発生する

遅延損害金とは、借金の支払いが遅れた瞬間に発生する利息です。利息の金額は返済を伸ばせば伸ばすほど膨らんでいき、延滞日数によって決まります。

遅延損害金を割り出す計算式は、以下の通りです。

遅延損害金 = 借りたお金(元金) × 遅延損害金利率 ÷ 365(日) × 延滞日数

計算式からわかるように、返済が遅れれば遅れるほど、利息は高くなってしまいます。返済期日を忘れていたとしても、クレジットカード利用者は遅延損害金を払わなくてはいけません。

なので支払いを忘れやすい方は、請求をされた時にすぐ支払うようにするなどして対策をとる必要があります。

信用情報機関のブラックリストに名前がのる

クレジットカードの借金を滞納し続けると、信用情報機関のブラックリストに名前が載ってしまうので注意が必要です。

信用情報機関とは、個人の信用情報を管理しているところでして、今までの支払い滞納情報などが登録されています。

日本にある信用情報機関は、以下の通りです。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シーアイシー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

クレジットカード会社によって提携している機関は異なり、長期間の借金滞納をすると信用を落としてしまうでしょう。

信用を一度でも落とすとクレジットカードを作れなくなるどころか、融資を受けたりローンを組めなくなります。

一度名前がブラックリストに入ると、5年〜10年はリストに残ったままとなるとので注意しましょう。

催促の連絡が頻繁にくる

クレジットカード会社によって、催促の連絡の仕方は異なります。1週間に1度程度の催促で済む会社もあれば、頻繁に連絡がくることもあるのです。

電話に出ると「貸したお金が返済されていないので、早めに返済をお願いします。」と言われてしまうでしょう。脅されることはありませんが、お金がない時に言われると精神的負担を感じることもあります。

仮に催促の連絡を無視していても、催促状が届くことも少なくありません。支払いをするまでは何度も連絡がかかってくるので、早めに返済をするようにしましょう。

強制執行による差し押さえの可能性が出てくる

支払いの催促電話を無視したり支払いを滞納し続けると、強制執行によって差し押さえをされる可能性が出てくるので注意しましょう。

たとえば借金返済を3カ月以上行わないと、クレジットカード会社から支払催促状が送られてきます。支払催促状には「一括で借金の支払いをするように。」と明記されており、債務者は支払いをしなくてはいけません。

もしここで催促状を無視すると、最終的には強制執行へと移行するのです。強制執行となると、給料や預貯金をまず差し押さえられ、最終的には家の財産を回収されてしまいます。

差し押さえをされると周りに借金がバレるだけでなく、今後の生活へ悪影響を及ぼしてしまうことでしょう。

こうした最悪の事態を迎える前に、債務者は早めの対策を取らなくてはいけません。

クレジットカードの借金を踏み倒さずに対処する方法

クレジットカードの借金を踏み倒さずに対処をするためには、以下の方法を駆使する必要があります。

  • クレジットカード会社に直接相談をする
  • リボ払いを検討する
  • 債務整理を検討する

順番に解説していきます。

クレジットカード会社に直接相談をする

いますぐの借金返済はできないけど、返済する意思があるのであれば、クレジットカード会社に相談をしてみましょう。

相談をすることで返済期日を変えてくれたり、自分にぴったりの返済プランを提案してくれることがあります。

ただ直接カード会社に相談をする際には、しっかりと返済の意思を伝えることが重要です。返済の意思がない方を信用できませんので、いつまでに返済するかを伝えるようにしましょう。

リボ払いを検討する

クレジットカードで借金を作ってしまった場合、リボ払いに変更をすることで返済を遅らせるという方法があります。

リボ払いとはひと月あたりの支払額を一定に保てれる機能なので、自分の決めたペースで返済をしていくことが可能です。

ただ返済を遅らせる分、少しずつ利息が高くなってしまうので注意しましょう。リボ払いに変更してしまった結果、新たな借金を作ってしまった方も少なくありません。

リボ払いはあくまで一時的な対応として活用し、まとまったお金が入ったら早めに返済をするようにしましょう。

債務整理を検討する

借金がどうしても返済できないのであれば、債務整理も検討しましょう。債務整理とは、『借金の減額』や『返済免除』をするための法的手続きです。

債務整理は『任意整理』『個人再生(民事再生)』『自己破産』が存在し、それぞれ手続きのやり方が異なります。

任意整理 借金の減額や金利の引き直しを交渉し、返済金額の減額を行うための手続き。

裁判所を通さずに貸金業者に、払い過ぎていたお金を取り戻すことも可能。

個人再生(民事再生) 借金の返済が難しいことを裁判所に認めてもらい、減額された借金を3年〜5年ほどにて分けて返済をしていくための手続き。

財産や資産を維持したまま借金の整理できるのが特徴的。

自己破産 借金の返済ができないことを認めてもらい、借金の支払いを免除してもらうための手続き。

高価な財産や資産を手放さなくてはいけませんが、多額の借金を背負う必要がなくなる。

債務整理は1人で行うこともできますが、『債権者との交渉』が必要です。なのでほとんどが、司法書士や弁護士に手続きを依頼します。

迅速な対応を目指していくのであれば、プロでもある司法書士や弁護士にお願いするのがおすすめです。

そして債務整理を検討する際には、タイミングも非常に重要です。以下の記事では、どれぐらいの借金があれば債務整理に臨んでいいかがまとめているので、一緒にチェックしてください。

債務整理はどれくらい借金がある時に行うのがいい?するべきタイミングを解説します

まとめ

クレジットカードで作った借金は踏み倒しできない事実や、滞納する際のリスクや対処法についてまとめていきました。

クレジットカードは便利なカードですが、どれだけ支払いをしたのかがわかりづらいというデメリットも存在します。

もしクレジットカードで借金を作ったという方は、ぜひ本記事を参考にして対応してください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです