【40代にアンケート】人生に終活は必要か不要か、その理由は?


近年、自身の終末期や死後に向けた準備を行う「終活」ブームが広がりを見せています。ブームとはいえ、もちろん終活に対し肯定派もいれば否定派もいるでしょう。では、親が高齢という人も多いであろう40代は、終活についてどのような考えを持っているのでしょうか。40代に、終活は必要と思うか否かをアンケートで聞いてみました。

40代に聞く、人生に終活は必要? 不要?

Q.人生に終活は必要だと思いますか?

・必要だと思う……51.0%
・必要ではないと思う……10.7%
・分からない……38.3%
※有効回答数337件。単数回答式。小数点第二位を四捨五入

必要だと思う……51.0%

・「自分の死後、他人に迷惑をかけないために必要」(男性/47歳/正社員(一般事務)/技術職(SE・プログラマー・システム))

・「きちんと家族に思いを伝えておいた方がいいと思うので。その方が今をしっかり生きられると思う」(女性/42歳/主婦/その他)

・「他人に迷惑をかけないため、ちゃんと自分の希望をまとめておく必要はあると思うし、生前に自分がある程度見つめ直して準備する必要があると思っている」(女性/44歳/主婦/その他)

・「自分の意思できちんと終わらせておくのは大切」(男性/43歳/正社員(総合職)/技術職(設計・エンジニア))

・「終わり良ければ全て良しではないけれど、ある程度年をとってきたら身の回りは迷惑かけない程度には整理整頓しておきたい」(女性/49歳/その他/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「いつどこで一生を終えるか分からないので、残された人たちが困らないように」(男性/46歳/自営業・フリーランス/クリエイティブ職)

40代で終活が必要だと感じる人はおよそ5割。多くは残された家族の負担が軽くなるように、死後の手続きに困らないように、といった理由でしたが、自分自身で人生を見つめ直すにも必要、という意見も見られました。

必要ではないと思う……10.7%

・「自身の終末期に意味がないように思う」(男性/44歳/正社員(総合職)/技術職(SE・プログラマー・システム))

・「死んだらそれまで。残った物は残った人が好きなようにすればいい」(男性/45歳/自営業・フリーランス/その他)

・「自然に死ぬで構わないのでは」(女性/44歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

終活に必要性を感じないという40代はおよそ1割でした。「いつ死が訪れるか分からないので終活をする」という考えもありますが、「明日死が訪れるかもしれないので、老後を見据えた準備など意味がない」とも考えられますね。

分からない……38.3%

・「イメージが湧かない」(男性/43歳/正社員(総合職)/技術職(SE・プログラマー・システム))

・「実際にすべきかどうかまでは今は分からない」(男性/47歳/正社員(一般事務)/その他)

・「人によって事情も異なるし、考え方もそれぞれなので一概には言えない」(女性/42歳/正社員(総合職)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「よほどの財産がある人であれば必要性が高いと思うが、それ以外の人にはどちらとも言えない」(男性/46歳/嘱託・契約社員/営業職)

「分からない」の回答も多数。実際のところ、終活が必要かどうかは本人次第であり、心境やその時の状況によっても異なってくるので、判断は難しいところですね。

まとめ

40代では終活を必要と考える人が半数、分からないの回答も多数見られました。自身の親の終末期や死を経験したかどうかでも、終活による考え方が変わってきそうです。今後、親の老後を見ていく中で考え方が変わってくる人もいるかもしれません。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年9月6日~7日
調査人数:337人(40~49歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード