40代に聞く。自分の死後、PC・スマホのデータは気になる?


自分の死後、家族や仕事はどうなるのか……と考えたことはあっても、死後のデジタルデータの行方まで考えたことのある40代は少ないのではないでしょうか。重要な個人情報が詰まっているPCやスマホのデータはどのように処分されるのでしょう。今回は40代の男女に対し、自分の死後、PC・スマホのデータが気になるか否かをアンケートで聞いてみました。

40代に聞く。自分の死後のPC・スマホデータは気になる?

Q.自分の死後、自身のPC・スマホデータが気になりますか?

・気になる……40.1%
・気にならない……42.7%
・分からない……17.2%
※有効回答数337件。単数回答式。小数点第二位を四捨五入

気になる……40.1%

・「写真や動画、データなどを誰が見るか分からないので気になります」(男性/48歳/正社員(総合職)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「見られて困る物はないが、思い出の写真を生きているうちに整理した方がいいのかなど気になる」(女性/42歳/主婦/その他)

・「特に隠しておくような物はないけど、個人的なメッセージはやっぱり見られたくない」(女性/44歳/主婦/その他)

・「突然死した場合に、月額利用料を払っているサイトの退会などは誰もしてくれないと思う」(女性/43歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「ポイントサービスにたくさんのポイントを預けてるので心配」(女性/47歳/主婦/その他)

PCやスマホのデータを見られるのはプライベートをのぞかれるようなもの。やはり抵抗がある人は多いようです。また、プライベートなデータ以外にも、契約している有料サイトやアプリの解約、ためているポイントサービスのポイント、ネットバンクなどはどうなるのか気にする声も見られました。

気にならない……42.7%

・「特に隠したい内容がない」(男性/45歳/自営業・フリーランス/営業職)

・「死んだら、見られようが見られまいが、もう何も分からないから」(男性/44歳/パート・アルバイト/その他)

・「見られて困るデータは入っていない」(女性/40歳/主婦/その他)

・「死んでしまったら、もうどうでもいい」(女性/49歳/主婦/その他)

「気になる」よりも多かった「気にならない」の回答。特に見られたくない物がなく、データを見られることに抵抗のない人と、死後のことはどうでもいいと考える人と大きく二分するようです。

分からない……17.2%

・「まだ死がリアルではない」(女性/43歳/嘱託・契約社員/クリエイティブ職)

・「その時が来ないと分からない」(女性/43歳/パート・アルバイト/その他)

・「考えたことがない」(男性/43歳/派遣社員/その他)

40代では死期をまだ想像できない人がほとんどでしょう。死を迎える際にどのようなデータを所持しているかも分かりません。今の時点では判断しにくいと感じる人もいるようです。

まとめ

40代へのアンケートでは、「気にならない」が「気になる」をわずかに上回る結果となりました。40代は既婚者も増えてくる時期。夫婦で何でも共有している人は、特にPC・スマホデータを家族に見られても困ることはないのかもしれません。ただ、PCやスマホに入った個人情報はやはり気になるところ。ネットバンクの暗証番号など重要な情報は、小まめに整理しておいた方がいいかもしれませんね。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年9月6日~7日
調査人数:337人(40~49歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード