【40代にアンケート】親の財産は事前に把握しておきたい?


親が亡くなった際、子どもは親の財産を遺産として相続する可能性があります。生前から子どもに財産の状況や相続の手続きなどを共有しておく親もいるようですが、子どもとしては、親の財産を生前から把握しておきたいものなのでしょうか? 今回は40代の男女に、親の財産を事前に把握しておきたいか否か、またその理由についても聞いてみました。

40代に聞く。親の財産を事前に把握しておきたい?

Q.親の財産(金額や種類)について事前に把握しておきたいと思いますか?

・把握しておきたい……61.2%
・把握しておきたくない……38.9%
※有効回答数314件。単数回答式。小数点第二位を四捨五入
※四捨五入の関係で100%にならないことがあります

「把握しておきたい」派の意見

・「死後、預金や株などいろいろ手続きが大変なので。本人しか知らない物があると困るから」(女性/47歳/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

・「負の遺産があるのであれば、早いうちに把握して対処しなければとは思う」(女性/41歳/主婦/その他)

・「税金などの心づもりや、家族間でもめないようにするため」(女性/48歳/派遣社員/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

・「プラス、マイナス共に把握しておかないと相続できない」(男性/45歳/公務員・団体職員/技術職(設計・エンジニア))

・「把握しておいた方がその後にしなければいけないことが分かっていい」(女性/49歳/主婦/その他)

・「土地家屋の価値が分からないと、相続の可否が判断できない」(女性/42歳/自営業・フリーランス/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

把握しておくことで相続の際の手続きがスムーズになるといった理由の他、遺産を相続するかどうかを判断するためにも把握しておきたいといった声も多くありました。親の財産は、必ずしも価値がある物とは限りません。親が負債を抱えていた場合、それも相続人が引き継ぐことになります。親に負債がないとはっきり分かっていればいいのですが、そうでない場合は把握しておいた方が安心できるかもしれません。

「把握しておきたくない」派の意見

・「財産を知ることはなんか後ろめたい感じがする」(男性/47歳/正社員(一般事務)/営業職)

・「もめる原因になりそうなので知らない方がいい」(女性/44歳/派遣社員/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「把握しておくことによって余計なことを気にしてしまいそうなので、しておかない方がいい」(男性/41歳/正社員(総合職)/営業職)

・「自分で管理していると思うから、干渉したくない」(女性/44歳/パート・アルバイト/その他)

・「親の遺産を狙っているみたいで嫌だ」(女性/42歳/主婦/その他)

親の思わぬ財産を知ることで、気がかりなことや心配事が増えてしまう可能性もありますよね。場合によっては、親が健康なうちから兄弟・親族間でもめ事が起きてしまうかもしれません。ストレスを抱えないためにも、親の財産については知らない方がいいと考える人もいるようです。

まとめ

40代へのアンケートでは、「把握しておきたい」派の方が多い結果となりました。親の財産を把握しておくことで、後々のお金の使い方や遺産を相続するか否かが決めやすいというメリットがあります。ただ、親が健康なうちに遺産の話はしにくいもの。把握しておきたいとは思っても、実際には親と財産の話はできていない人も多いのかもしれませんね。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年7月15日
調査人数:314人(40~49歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード