200万円まで膨らんだ借金は返済できる?債務整理で借金を減らした方が良い人の特徴とは?

200万円まで膨らんだ借金は返済できる?債務整理で借金を減らした方が良い人の特徴とは?

借金総額が200万円を超えてしまった方の中には、危機を感じている方も多いでしょう。200万円を超えれば当然、毎月の返済額負担も大きくなりますし、利息の支払い負担も大きくなります。

「このままで良いのかな?」とか「このまま返済していけるのかな?」「債務整理を検討するべきか?」など、不安や疑問を抱えている方も多いでしょう。

借金総額が200万円を超えたら完済できないとか、こうしたほうが良いとか、絶対的な対応策はありません。

無理のない範囲内で完済を目指せる方もいれば、債務整理を検討されたほうが良い方もいるでしょう。

そこで今回は「200万円まで膨れてしまった借金を本当に返済できるのか?」と不安を抱えている方に向けて、下記のことをお伝えします。

  • 収支次第では200万円の借金も返済可能
  • 毎月の返済負担額を表で詳しく紹介
  • 200万円の借金を今すぐに債務整理をしたほうが良い人の特徴
  • 債務整理の種類と各債務整理に向いている人について

借金総額が200万円になった方は、今すぐ債務整理を検討したほうが良いのか?毎月の返済負担を確認しながら、将来を見据えて検討してください。

200万円の借金は現実的に返済可能?

借金総額が200万円まで膨れ上がり「このままで返済できるのかな…」と不安を抱えている方は多いでしょう。

200万円の借金を返済できるか否かは、各債務者の収支バランスによって変わるため、一概には言えません。また、借金の内容(借入金利・借入件数など)によっても大きく変わってきます。

返済ができる能力がある方であれば、継続的に返済を続けていけば良いでしょう。ただ、返済能力がないにも関わらず、自分の生活を圧迫してまで返済されることはおすすめしません。

まずは、自分の置かれている状況を見極めて、返済できるかどうかを判断してください。必要に応じて債務整理を検討し、生活再建を目指してください。まずは、返済できる人の収支バランスについて詳しくお伝えします。

収支次第では無理なく返済ができる

収支次第では、200万円の借金も無理なく返済ができるため、ただちに債務整理を検討するべきではありません。債務整理をすると信用情報にキズがつくことや、クレジットカードを一定期間持てなくなるなどのデメリットが発生します。

まずは、自分が200万円の借金を無理なく返済できるのか?について考えてみると良いでしょう。

下記に示す表は、借金200万円を1社から借入したときの毎月返済額です。利息制限法という法律によって、100万円以上の借入に対する金利は最大15%と定められているため、下記表のような返済額になります。

ちなみに、複数社からの借入がある方で、1社あたりの借入金額が100万円を下回るときは、年率18%が上限金利となります。下記表はあくまでも「1社から200万円借入したときの返済金額」であることに注意してください。

返済期間 年率5% 年率10% 年率15%
3年 約59,941円 約64,534円 約69,330円
5年 約37,742円 約42,494円 約47,579円
7年 約28,267円 約33,202円 約38,593円
10年 約21,213円 約26,430円 約32,266円

一般的に借金の返済比率は25%から35%以内が理想と言われています。借金200万円の他に住宅ローンや車のローンなど、他の借金がないのであれば、上記表に従って返済できるかどうかを判断してください。

年率5%で200万円の借金を抱えているケース

年率5%で借金200万円の完済を目指したときは、下記のような返済金額・利息金額になります。

返済期間 毎月の返済負担額 総返済金額 利息
3年 約59,941円 215万円 15万円
5年 約37,742円 226万円 26万円
7年 約28,267円 237万円 37万円
10年 約21,213円 254万円 54万円

返済比率は25%から35%以内になることが理想と言われています。つまり、3年間で200万円の借金を返済するなら月収約18万円~24万円なければ生活を圧迫することになるでしょう。

一方で、10年間かけて完済を目指すのであれば、月収約6.3万円~8.5万円あれば無理なく返済できる計算になります。

ただし上記計算はあくまでも「一般的な例」です。家族の人数や住んでいる地域、各状況等によって異なります。返済が厳しいと感じるのであれば、迷わず弁護士へ相談して債務整理を検討してください。

年率10%で200万円の借金を抱えているケース

年率10%で借金200万円の完済を目指したときは、下記のような返済金額・利息金額になります。

返済期間 毎月の返済負担額 総返済金額 利息
3年 約64,534円 232万円 32万円
5年 約42,494円 254万円 54万円
7年 約33,202円 278万円 78万円
10年 約26,430円 317万円 117万円

金利が上がれば利息負担が大きくなるため、毎月の返済額も多額になります。一般的に安全と言われる返済比率で言えば、月収約20万円~26万円あれば3年での完済が目指せます。

長期間(10年間)での完済を目指すのであれば約8万円~10.5万円の月収があれば完済を目指せます。ただし、総返済額が300万円を超えるため、可能な限り早期の完済を目指したほうが良いでしょう。

年率15%で200万円の借金を抱えているケース

年率15%で借金200万円の完済を目指したときは、下記のような返済金額・利息金額になります。

返済期間 毎月の返済負担額 総返済金額 利息
3年 約69,330円 249万円 49万円
5年 約47,579円 285万円 85万円
7年 約38,593円 324万円 124万円
10年 約32,266円 387万円 187万円

15%は1社から200万円の借入をされたときの最大金利です。5%や10%と比較して、支払う利息や返済負担額が大幅に上昇します。

返済比率25%から35%で照らし合わせ、3年間での完済を目指すのであれば月収約21万円~28万円はほしいところです。

長期間(10年間)での完済を目指すのであれば、約10万円~13.2万円の月収がなければ返済が厳しいです。

なお、年率15%で200万円の借金をし、10年間で完済を目指そうとすれば元金と同等の利息が発生します。

そのため、可能な限り短い期間での完済を目指したほうが良いでしょう。

もし、短期間での返済が厳しいのであれば、積極的に債務整理も検討してください。

200万円に膨らんだ借金の返済が「厳しい」と感じたら債務整理をするべきか?

「借金200万円」の返済が厳しいと感じるのであれば、積極的に債務整理を検討すべきです。先にお伝えした返済金額や返済比率はあくまでも「例」でしかありません。返済比率が25%から35%以内だから絶対に完済できるわけではありません。

また、同じ200万円の借金でも「内容」によっては、返済が厳しいケースがあります。次に、200万円の借金で債務整理を検討したほうが良いケースについてお伝えします。

複数社から高利率で借金を抱えているなら完済は厳しい可能性が高い

1社から200万円の借金をしている人と複数社から200万円の借金をしている人を比較したとき、圧倒的に不利なのは「複数社から借入をしている人」です。なぜなら、利息負担率が大きくなっている恐れがあるためです。

先に「利息制限法」について簡単に触れましたが、この法律は借入可能金額に応じて金利の上限を設定しているものです。

借入額 上限金利
10万円以下 20%
10万円以上100万円以下 18%
100万円以上 15%

たとえば、50万円を4社から借入している方の借金合計額は「200万円」です。しかし、利息制限法ではそれぞれ18%の金利適用が認められています。つまり、200万円の借金に対して18%の金利が適用され、利息を支払わなければいけません。

また、各債権者に対して最低返済額を返済しなければいけないため、返済比率も高い傾向にあります。上記のことから、複数社からの借入がある方は、早急な根本解決が必要となるでしょう。

多重債務者におすすめの借金解決方法は2つ。

  • 借金の一本化
  • 債務整理

信用情報等にマイナスな情報がなく、社会的信用を持たれている方、返済の意志がある方は借金の一本化を行うと良いでしょう。複数ある借金を1社にまとめることで金利を引き下げたり、毎月の返済額を軽減したりできます。

おまとめローンは得なのか、利用するとき確認するポイントは以下のとおりです。

【①金利は従前の借入れより低くなるか】

金利は3%~18%と幅があり、消費者金融と比べても必ずしも低いわけではありません。

もともと多重債務者向け商品なだけに金利が高めに設定されているものもあるので、一部債務についでは、おまとめローンを利用することにより金利負担が大きくなることもあるため要確認となります。

【②総額としてみると、債務の増額とならないか】

現在の利息まで含んだ債務額の全部について、新たに借り入れることになり、もともとの利息分に新たな利息が上乗せされますので、最終弁済額が大きくなることもあります。

各債権者と交渉し、現在の債務を圧縮してからおまとめローンを利用し弁済する方法を利用すれば問題はありません。

ただ、債務整理後は信用情報との関係で、おまとめローン審査が下りにくくなることもあるため、当該方法は現実的とはいえません。

【③無担保型か有担保型か】

おまとめローンの中には、新たに担保の差入れが必要な契約もあります。

そのため今まで担保となっていなかった不動産を差し出すこととなり、家族や連帯保証人に物上保証人になってもらう必要があり負担が増える可能性もありますので、無担保型か有担保型かは要確認となります。

どの金融機関のおまとめローンを利用するかにより条件は大きく異なるため資料集めたり実際に銀行窓口へ相談にいく価値はあるでしょう。

ちなみに、借金の一本化(おまとめローン)は総量規制の対象外です。200万円の借金を一本化するために、600万円の年収は必要ないので安心してください。

そして、現時点で借金の返済が滞り気味になっている方や信用情報に自信がない方、可能であれば借金を大幅に減額もしくは免責()にしたいのであれば、債務整理を検討してください。

(※)株式投資の失敗、ギャンブル、浪費などが原因の借金については、免責が認められないこともあります。また、著しい免責不許可事由がある場合には「一部」免責となります。

債務整理にはいくつかの種類があります。まずは弁護士へ相談して自分に最適な債務整理を見つけてください。

生活の圧迫を感じているのであれば債務整理を検討したほうが良い

借金の返済を優先していることが理由で生活が圧迫しているのであれば、今すぐ債務整理を検討してください。

今はギリギリの状態で返済を続けていられても、ちょっとしたことをきっかけに崩れ落ちます。

無理をして返済を続けていれば、体調を崩したりストレスが溜まったり、日常生活にも支障をきたす恐れがあります。

中には「自分で作った借金は自分でしっかり返す」と思っている方もいますが、状況によっては債務整理も検討すべきでしょう。

200万円の借金を返済するために新たな借金を作っているなら今すぐに債務整理が必要

200万円の借金を返済するために借金をしている方、いわゆる自転車操業状態の方は、とても危険な状態です。早期の債務整理を検討するべきでしょう。

借金にはかならず「利息」が発生しています。返済と借入を繰り返していても、毎月かならずマイナスが発生しています。

マイナスが積もり積もれば借りられない状態になったり、返済ができない状態に陥ったりするでしょう。

今は良くてもいずれは落ちる。今ではなく先を見据えた行動を取るべきです。

200万円の借金を債務整理するなら何がもっとも有効?

債務整理には下記3つの種類があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
メリット デメリット
任意整理 財産を失わない

・法的手続ではないので簡易かつ弾力的な和解契約が可能

・裁判費用がかからない

・資格制限が問題とならない

・免責不許可事由があっても利用可能

減額される借金が少ない

・利息制限法引直しによる金額まで減額可能でそれ以上の減額は困難

・貸金業者によっては分割払いを認めない

・支払期間が長期に及ぶため途中で挫折するケースも少なくない。破産手続きへの移行は2度手間である。

個人再生 住宅資金特別条項の利用によって住宅を残しながら借金を大幅に減額できる

・返済総額の約8割程度カットできる

・再生手続開始申立てにより給与差し押さえ等の強制執行手続が中止される

・資格制限がない

・免責不許可事由は問わない

借金を0にすることができない

・債務者に安定収入が必要となる。

・申立から再生計画認可まで約6カ月間要し、その間決められた時期に所定書面を提出する必要があるため時間と労力が必要となる。

・債権者間の形式的平等が要求されるため、一部債権について一括返済にしたり支払い期限を延長するなどの融通はきかない

自己破産 借金を免責できる

・相談者の支払能力の有無を考慮する必要ない

・免責許可申立後の破産手続は意思決定により給与差し押さえ等の強制執行手続きが中止される。

一定以上の財産をすべて失う

・名前が官報に掲載される

・資格が制限される職業がある。

・免責不許可事由が法定されている。

それぞれメリットとデメリットがあり、債務整理を検討している方の状況に応じて適切な手続きをすると良いでしょう。では、200万円の借金を抱えている方がどの債務整理をすれば良いのか?悩まれる方も多いでしょう。

借金が200万円あるなら〇〇が良い。など、一概に言えることではありません。まずは、それぞれの債務整理を参考に、自分にあった方法を検討してください。

ギリギリ返済能力があるのであればデメリットの少ない「任意整理」を検討

ギリギリでも返済能力がある方、少しでも返済負担が軽減されれば完済を目指せる方は、任意整理を検討してください。

任意整理は将来の利息をカットしてもらい、元金のみを3~5年かけて完済を目指す手続きです。他の債務整理手続きとは異なり、債権者との「交渉」であるため、話がまとまらないことも考えられます。

貸金業者によっては分割払いを一切認めないところもあります。また、短期間(1年以内や3回程度)しか応じないところも多いのが現実です。

しかし、話がうまくまとまれば無理のない範囲で返済を続けていけます。他の債務整理と比較しても、財産を失わないなどのメリットもあります。

かろうじて返済能力がある方は任意整理を検討されてみてはどうでしょうか。

住宅を残したい方、資格制限対象の職業の方は「個人再生」がおすすめ

個人再生は裁判所に「借金を返済できない」という事実を認めてもらうことによって、借金を1/5~1/10程度まで減額する法的手続きです。最終的に残った借金は、原則3年かけて完済を目指します。

個人再生の唯一のデメリットは、借金を大幅に減額するに留まること。自己破産であれば借金を免責にできるので、比較してしまえばデメリットと感じられるでしょう。

一方で、住宅を残せたり資格制限を受けたりしないなどのメリットも多くあります。自己破産をできない、したくない理由がある方は個人再生を検討してください。

借金を免責にしてリスタートを目指すなら「自己破産」が良い

200万円の借金を完済できない。借金を免責にしてリスタートしたいと考えている方は、自己破産を検討してください。

自己破産は「財産」といわれるもののほとんどが処分されます。家も失ってしまいますし一定以上の価値がある車も失います。生活に変化が起こることも考えられるでしょう。

自己破産は多くのデメリットがありますが、借金を免責にできるという最大のメリットがあります。しっかりとメリットとデメリットを把握したうえで決断されたほうが良いでしょう。

まとめ

今回は、借金200万円ある方は完済を目指せるのか?についてお伝えしました。

「借金200万円」とひとくくりにしても実際は、借金の内容や各債務者の生活状況等に応じて異なるとのことでした。

返済比率が35%を超えてくると危険なサインであることが、ひとつの基準にもなるでしょう。

今回お伝えした利率別返済金額をもとに、将来を見据えて完済を目指せるのか?について考え、完済が難しいのであれば債務整理も検討してください。

また、生活を圧迫するときや複数社からの借入があるときも債務整理を検討されたほうが良いでしょう。

債務整理には、簡単な手続きで完了する任意整理から借金を免責にできる法的手続き、自己破産までいくつかの手続きがあります。

迷われた方は弁護士などの専門家へ相談することも視野に入れ、借金と向き合ってみてはどうでしょうか。

(監修:加陽麻里布)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです