借金の返済が厳しいなら今すぐやるべき3つの行動と債務整理について

借金の返済が厳しいなら今すぐやるべき3つの行動と債務整理について

「借金の返済が厳しい」「このままの状況が続いたらいずれパンクする」そう感じている方は、今すぐ行動するべきです。とは言いつつも、どう行動すれば良いのかわからない方も多いでしょう。

借金の返済に限界を感じているのであれば「債務整理」を検討するべきですが、債務整理に対して後ろ向きの考えを示す方も多いです。

そのため、債務整理は最終手段として、他にできることはないのか?についてお伝えしようと思います。

今回は「借金の返済が厳しい」と感じている方に向けて、下記のことをお伝えします。

  • 借金の返済に限界を感じているなら検討したい「生活スタイルの見直し」「債務をまとめる」「収入を増やす」という3つの行動
  • どうしても借金の返済が厳しいなら、最終的には検討したい債務整理について
  • 現状維持のままでは絶対に状況が改善されることはない。今すぐ行動することが何よりも大切

「借金の返済が厳しいかも…」限界を感じたら検討したい3つの借金返済方法

「借金の返済が厳しくなってきた」と限界を感じたまま現状を維持していても、状況は改善されないどころか悪化する一方です。限界を感じているのであればまず、下記のいずれかの方法を試して借金の完済を目指してください。

  • 生活スタイルの見直し
  • 借金が複数あるならひとつにまとめる
  • 収入を増やして借金の完済を目指す

上記は「借金の完済を目指している人」に向けた内容です。収入が著しく低下したり、病気で働けなくなったり、職を失ってしまった方など経済的な理由で返済に限界を感じている方は後述する「債務整理」を検討してください。

少しでも工夫すれば返済できる見込みがある方、債務整理のデメリットを受けたくない方などは、これから紹介する借金返済方法を参考にしてください。

借金返済方法①:現状を見つめ直し生活スタイルの改善

収入が変わっていないにもかかわらず、借金が膨れ上がって限界を感じている方は、生活スタイルの見直しをするだけで完済を目指せます。

毎月決まった収入を得ているのに借金を繰り返してしまっている方は「自分に合っていない生活スタイル」を続けられているはずです。たとえば、リボ払いで高価なものを頻繁に購入していたり、余裕分以上のギャンブルを繰り返したりなど。

中には「生活資金が足りなくて…」という方もいるかもしれませんが、そういった方々も普段の買い物や家賃等の固定費に問題があるはずです。

また、自分に合った生活をできていない方は「毎月の収支はどうなっていますか?」と問われたときに答えられない方がほとんどです。

なぜなら、毎月の収支計算をしていないから。「お金が足りなくなれば借金すれば良いや」など、借金をあてにした生活を送っているからです。

まずは1カ月間、かならず買い物の際にレシートをもらうように心がけ、月末等に収支計算を行ってください。ポイントは「使途不明金を0にすること」です。

支出が毎月の収入を上回る生活を送っているのであれば、生活スタイルの改善を計るべきです。どうしても生活水準を落とせないのであれば、一生借金にまみれた生活を送ることになるでしょう。

また、現時点で借金の返済に限界を感じているのであれば、今すぐにでも対処しなければ状況は悪化します。まずは、収支の計算、固定費の削減を検討してください。

「やれることはやったけど借金の返済は限界」であれば、債務整理を検討すると良いでしょう。債務整理で借金を整理して、しっかりと生活スタイルの見直しをすれば、早期の生活再建も目指せるでしょう。

借金返済方法②:多重債務なら債務の一本化がおすすめ

1社のみならず複数社から借金をしているのであれば、債務の一本化(おまとめローン)がおすすめです。

2社以上からの借入がある方のことを「多重債務者」と言いますが、多重債務者の方は1社から借りている人に比べて、借入金額が多い傾向にあります。また、借入件数が増えるごとに借金総額が多くなる傾向にあります。

さらに、多重債務者の方は各社それぞれに対して上限金利が適用されるため、1社からの借入の人に比べて高金利で借りている可能性が非常に高いです。

借入額 上限金利
10万円以下 20%
10万円以上100万円以下 18%
100万円以上 15%

多重債務のデメリットをまとめると下記のとおり

  • 借入総額が高額になりがち
  • 金利が高く支払う利息が非常に高くなっている
  • 返済先が複数あり管理が大変

債務の一本化をすることで負担する利息が下がり、返済負担も軽減され、返済先が1社に絞られるため、返済計画を立てやすい。など、いくつものメリットがあります。返済負担が軽減されれば、今まで感じていた限界も払拭されるでしょう。

また、債務の一本化(おまとめローン)は、一度借りてしまえば「返済専用」になります。今まで借金をあてにした生活を送ってきた方でも、自分の収入に見合った生活を送れるきっかけになるでしょう。

ただ、おまとめローンは「借金」であるため、借入時には審査が行われます。借金の返済に限界を感じたとき、ついつい支払いが遅れがちになっていた方や現在支払いに遅れている方は利用できない可能性があります。

また、借金をまとめたとしても、おまとめローンの金利が元々の金利より高かったり、返済期間が延びることによって、元々の返済額より多く返済することになるということもあり得ます。

債務整理後(各債権者と交渉し、現在の債務を圧縮してから)利用することを考えることもできますが、債務整理後は、信用情報との関係で審査が下りにくくなるため、利用のタイミング及び条件は伸長に検討する必要があります。

信用情報に問題がない方であれば、このようなメリット、デメリットを考慮の上、債務の一本化も検討されてみると良いでしょう。

参考:JICC|各種統計データ

借金返済方法③:収入を増やして借金の完済を目指す

借金の返済に限界を感じているのであれば、収入を増やして完済を目指しても良いでしょう。

収入を増やすとは言っても、会社に「今月から給料を1万円上げてください」とお願いして、上げてもらえる方は少ないでしょう。

そのため、借金を返済するために「副業等で収入を増やす」ことをおすすめします。

中には「会社で副業を禁止されているから」と言う方もいるかもしれませんが、安心してください。

国の最高法規である日本国憲法で副業等を含む職業選択の自由が認められています。

厚生労働省でも、副業・兼業を原則容認しており、収入を増やすことはだれにでもできるでしょう。ただし、会社とのトラブルを防止するためにも、しっかりと相談をしてから収入を増やす努力をしてください。

借金の返済に限界を感じているなら、今すぐ検討したい「債務整理」について

借金の返済に限界を感じているのであれば、債務整理を検討するのもひとつの手段です。ただ、債務整理と言っても3つの手続きがあり、それぞれメリットとデメリットがあります。

債務整理の種類 メリット デメリット
任意整理 ・財産を失わない

・1つの債務から手続きが可能

・法的手続ではないので簡易かつ弾力的な和解契約が可能

・裁判費用がかからない

・資格制限が問題とならない

・免責不許可事由があっても利用可能

・返済能力がなければ成立しない

・経済的メリットが少ない

・利息制限法引直しによる金額まで減額可能でそれ以上の減額は困難

・貸金業者によっては分割払いを認めない

・支払期間が長期に及ぶため途中で挫折するケースも少なくない。破産手続きへの移行は2度手間である。

個人再生 ・返済総額の約8割程度カットできる

・住宅資金特別条項の利用によって住宅を残せる

・再生手続開始申立てにより給与差し押さえ等の強制執行手続が中止される

・資格制限がない

・免責不許可事由は問わない

・借金を0にすることができない

・債務者に安定収入が必要となる。

・申立から再生計画認可まで約6カ月間要し、その間決められた時期に所定書面を提出する必要があるため時間と労力が必要となる。

・債権者間の形式的平等が要求されるため、一部債権について一括返済にしたり支払い期限を延長するなどの融通はきかない

自己破産 ・借金が免責()になる

・相談者の支払能力の有無を考慮する必要ない

・免責許可申立後の破産手続は意思決定により給与差し押さえ等の強制執行手続きが中止される。

・多くの財産を失う

・一定期間就けない職業がある(資格制限)

・名前が官報に掲載される

・免責不許可事由が法定されている。

(※)株式投資の失敗、ギャンブル、浪費などが原因の借金については、免責が認められないこともあります。また、著しい免責不許可事由がある場合には「一部」免責となります。

すべての債務整理に共通しているメリットは「借金を減らせる」ことです。借金の返済に限界を感じている方であれば、積極的に検討したい手続きと言えるでしょう。

一方で、すべての債務整理に共通しているデメリットは「信用情報にキズがついてしまうこと」です。信用情報にキズがついてしまえば、クレジットカードはもちろん、各種ローン契約も一定期間できない可能性があります。

債務整理を検討するときは、メリットとデメリットをしっかり天秤にかけてから判断されることをおすすめします。次に3つの債務整理について詳しくお伝えします。

デメリットを最小に借金を減額できる「任意整理」

債務整理の中でデメリットを最小に抑えられる反面、経済的メリットが少ない任意整理。この手続きは、将来の利息をカットして元金のみを3~5年程度かけて完済する手続きです。

貸金業者によっては分割払いを一切認めないところもあります。また、短期間(1年以内や3回程度)しか応じないところも多いのが現実です。弁護士等に依頼をすることで、債権者(金融業者等)に「交渉」をします。交渉の結果、話がまとまれば、改めて借金を無理のない範囲で返済していきます。

任意整理の減額部分は「将来の利息」に限られるケースが多いため、減額される借金は少なく、返済に限界を感じている方からすればデメリットに感じるでしょう。しかし、1つの債務から整理できるのが任意整理のみのメリットです。

たとえば、車のローンや住宅ローンなど失いたくないものを持たれている方は、そのローンを省いて任意整理ができます。他の債務整理では、すべての債務が対象となるため、ローンが残っている車や住宅は原則として失います。

マイホームを残しながら借金を大幅に減額できる「個人再生」

個人再生は今ある借金を1/5~1/10程度まで大幅に減額する手続きです。任意整理と比較して、減額される借金の額が大きいため、借金の返済に限界を感じている方にはとてもおすすめです。

また、個人再生であればマイホームを残しておけます。これは「住宅ローン特則(住宅資金貸付に関する特則)」というもので、個人再生のみに認められている特則です。

「マイホームを残したいけど、借金の返済が限界。可能な限り借金を減額したい」と考えている方にはとてもおすすめな制度です。ただし、任意整理とは異なりすべての借金が対象になります。

ローンが残っている車は失いますし、現在持っているクレジットカード等も強制解約されます。さらに、一定以上の財産はすべて失うことになります。

「マイホームを残せる」以外は自己破産とほとんど変わりません。

マイホームを残したいなどの特別な事情がない限りは、自己破産を検討されたほうが良いでしょう。

ただし、自己破産は免責不許可事由(ギャンブルや浪費が原因の借金の場合は免責されないことがある等)が法定されているのに対し、個人再生はそのような事由は問われませんので、ギャンブルや浪費が原因の借金の場合は、個人再生の方が良い場合もございます。

ご自身の実情にあわせてどの手続が最適なのか確認しましょう。

多くの財産を失う代わりに借金を免責にできる「自己破産」

自己破産は一定以上の財産を失う代わりに借金のすべてを免責にする手続きです。

自己破産の唯一のメリットは「借金を免責にできる」のみですが、デメリットはいくつかあります。

自己破産のデメリット

  • 一定以上の財産をすべて失う
  • 一定期間就けない職業がある(資格制限)
  • 名前が官報に掲載される
  • 免責不許可事由が法定されている

自己破産は債務整理の中で経済的メリットが最大です。その分、失うものが大きいのは当然と言えるでしょう。

借金の返済に限界を感じている方であっても、その状況によって選択すべき債務整理は異なるでしょう。

借金の返済に限界を感じたままでは現状が改善しない

「借金の返済が厳しい」そう感じているのであれば、積極的に行動するべきでしょう。現状維持のままでは絶対に改善されることはありません。

「来月から収入が上がる」「来月になればローンが1社終わって借金が減額する」など、余程の事情があり、今月さえ乗り切れれば良いのであれば現状のまま頑張っても良いでしょう。

自分の状況を見極めて「今なにをするべきなのか?」について考えてみると良いです。そして、自分なりに出した答えに沿って行動する。

そうすることで、借金返済の目処や借金問題の根本解決が見えてくるでしょう。

根本的な解決をしなければ借金は膨らむ一方になる

「借金の返済が限界」そう感じていながらも現状を維持し続ければ、借金の総額は膨れ上がります。なぜなら「借金を返済するために借金をしているから」です。

毎月決まった給料で毎月決まった返済を続けていて、新たな借金をしていなければ「借金の返済が限界」に感じることはほぼありません。

今までギリギリの状態で返済をしてきたけど、利息が膨れ上がって返済負担が上がり、借金の返済に限界を感じているのでしょう。

つまり、現状が続けばさらに借金が膨れ上がり、最終的にはパンクしてしまう恐れもあります。

「鉄は早いうちに打て」ということわざがありますが、「借金の返済に限界を感じている」状況は、鉄が冷め始めている状態です。

今がギリギリの状態であることを再認識して、すぐにでも行動されたほうが良いでしょう。

万が一、借金の返済が滞れば状況はさらに悪化する

借金の返済に限界を感じたまま現状が続けば、借金の延滞や滞納にも繋がってしまうでしょう。借金を滞納してしまえば、厳しい取り立てや一括請求、最終的には強制執行にもなりかねません。

強制執行まで至ってしまえば、自分の財産を失ってしまううえに給与も差し押さえられてしまいます。もちろん会社にもバレてしまいますし、周囲からの目も気になるでしょう。

「できる限り滞納は避けたい」とは言いつつも、借金の返済に限界を感じているのであれば、思い切って債務整理を検討してください。

先程、債務整理について簡単にお伝えしましたが、借金を滞納するよりもマシです。

自分でどうにもできない状況であれば、積極的に他を頼るのも良いです。債務整理は悪いことではありません。むしろ、借金を返済できないときに行う最適な手段のひとつと言えるでしょう。

まとめ

今回は借金の返済に限界を感じている方に向けて、借金問題から開放されるための方法についてお伝えしました。

確実に借金を返済していきたいのであれば、生活スタイルの見直しやおまとめローン、収入を増やすなどの手段が有効とのことでした。

もしも、借金の返済そのものが厳しく、根本的に解決したいのであれば債務整理を検討してください。債務整理は3つの種類があり、経済的メリットとその債務整理をすることによって受けるデメリットを天秤にかけて選択する必要があります。

また、借金の状況等によっても選択すべき債務整理は異なるでしょう。自分にはどのような債務整理が向いているのか?わからないのであれば、専門家へ相談してみるのも良いです。

「とにかく行動すること」これこそが、借金問題を解決するための大きな一歩になりえるでしょう。今回お伝えしたことを参考に、あらゆる手段を検討してください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです