要注意! 旅行で想定以上に使ってしまいがちなお金3パターン


「しっかり予算を決めて旅行計画を立てたのに、いざ出掛けたら想定以上に出費をしてしまった!」そんな経験をしたことがある人も多いのでは? 旅行の時は気持ちが高まって財布のひももつい緩んでしまうものです。旅行だからこそ、使ってしまいがちなお金もあるので注意したいですね。そんな、旅行で特にしがちな出費について、アンケートを元にピックアップします。

飲食代

・「観光中の食べ歩き」(男性/26歳/正社員(総合職)/販売職・サービス系)

・「現地価格の特産品などをつい食べたくなってしまう」(女性/35歳/派遣社員/営業職)

・「現地のおいしい物を食べたくて食事代に使ってしまう」(女性/30歳/自営業・フリーランス/その他)

・「食べ物ですね。一人旅が多いですが、やっぱりいろいろ食べてみたいので」(女性/37歳/自営業・フリーランス/その他)

おいしい食事は旅行の醍醐味。食事メインで旅行に行く、という人も多いでしょう。特に、その土地ならではの名物や名店があると、普段の食事では絶対出さないような金額でも出してしまうことがありますよね。それでも満足できればいいのですが、「想定以上に食事代に使ってしまって観光が楽しめない!」なんてことは避けたいもの。現地の食事の相場価格などは、あらかじめ調べておいた方が安心かもしれません。

タクシー代

・「知らない土地で迷ったら、タクシーを捕まえた方が、時間とお金がかからないことがあるので」(男性/38歳/自営業・フリーランス/クリエイティブ職)

・「タクシーなどの移動費がかかる」(女性/22歳/正社員(総合職)/その他)

・「混雑を避けて、タクシー」(女性/36歳/パート・アルバイト/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

タクシーの方が早く安全な場合ももちろんありますが、やはりそれなりにお金はかかってしまいます。急ぎでないのであれば、ゆっくり現地を歩きながら目的地に向かうのも、また新たな発見などあって楽しいかもしれませんよ。

お土産代

・「やはりお土産にはお金をかけてしまう。思い出に残る品などを近くに置いておきたい」(男性/36歳/公務員・団体職員/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「お土産を買おうと思うと、予定よりも買う人が浮かんでしまい、ついつい多く買ってしまう」(男性/28歳/正社員(総合職)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「その土地でしか買うことができないと思うと、熟考することなく購入する場合がある」(女性/25歳/正社員(総合職)/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

・「旅行先で限定グッズを購入してしまう」(女性/22歳/パート・アルバイト/秘書・アシスタント職)

華やかな限定グッズやおいしそうな名産品がずらりと並んだ土産店は、見ているだけでもワクワクしますよね。テンションが上がってついつい買い込んでしまいがちですが、後になって「やっぱりこれは要らなかったかな……」なんて思うことも。ムダに買い過ぎないように、お土産用の予算とお土産を配る人数は前もって決めておいた方がいいかもしれません。

まとめ

せっかくの旅行、お金を気にせず思い切り楽しみたい! という人ももちろんいるでしょう。ですが、抑えるところは抑え、かけるところにはかける、といったメリハリのあるお金の使い方をすれば、自分が旅行のメインと思えるところによりお金を回せますよね。「ここにはお金をかけ過ぎない」というポイントを決め、上手にお金のやりくりをしながら、旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年8月24日
調査人数:317人(22~39歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード