投資に関する不安3選


資産運用の1つとして注目されている投資。ただ、投資に興味を抱いていても、何となく不安で手を出せていない……という人も少なくないようです。具体的にどのような不安が、投資に積極的になれない理由となっているのでしょうか。実際に、投資への不安を抱えている人たちの声をアンケートで聞きました。

投資に関する不安

Q.投資に関して特に感じる不安はどのようなものですか?

1位:投資の知識がない……65.8%
2位:うまく運用できず損失が出るかもしれない……14.3%
3位:売り時や買い時が分からない……10.3%
4位:商品の種類が多すぎてどれを選んでいいか分からない……5.9%
5位:どれくらいの金額をかければいいのか分からない……3.3%
※有効回答数272件。単数回答式、6位以下省略・その他除く。小数点第二位を四捨五入

1位:投資の知識がない……65.8%

・「ハイリスク。難しいイメージがあり、知識もない」(女性/23歳/パート・アルバイト/その他)

・「NISAに興味があるが、仕組みが分からないし、どこで始めるのかも分からない」(女性/31歳/正社員(一般事務)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「投資はよく聞くものの、自分に何が向いているのか、どのように始めたらいいか分からない」(女性/38歳/パート・アルバイト/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「知識がないため、損ばかりしてしまうような気がして、なかなか株に手が出ない」(男性/38歳/自営業・フリーランス/その他)

投資は日常的に携わることがほぼないため、金融系の職についたり、自分から積極的に学習しない限り、なかなか知識を身につける機会がありません。自分で学ぼうとしても仕組みがややこしく、途中で断念してしまう人もいるようです。

2位:うまく運用できず損失が出るかもしれない……14.3%

・「勉強を繰り返してもうまいポジションを持つのがまだ下手だから」(女性/30歳/自営業・フリーランス/その他)

・「リスクがあるので大きな金額を投資するのにためらってしまう」(男性/37歳/正社員(総合職)/技術職(SE・プログラマー・システム))

・「株や為替はやっているけど、いまいちもうからない」(女性/27歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

・「働いて稼いだお金があっという間になくなっていくのはやり切れない」(男性/37歳/パート・アルバイト/その他)

投資について調べていくと、「投資に失敗して大損した」なんて情報も少なからず出てきます。そのためか、投資にネガティブなイメージをもつ人も少なくありません。ただ、投資はリスクあってのリターンがあるもの。投資を始める上で、損する可能性が必ずあることは認識しておく必要があるでしょう。

3位:売り時や買い時が分からない……10.3%

・「リスクを負いたくない」(女性/33歳/正社員(一般事務)/営業職)

・「どこで買っても売っても後悔しそうだから」(男性/35歳/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

・「全く分からないので少額から始めてみている」(男性/37歳/正社員(総合職)/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

株や投資信託では、買い時・売り時が利益に直結することもあります。そこをうまく見定められればいいのですが、そのためには世の中の経済状況も把握しなくてはならず、簡単ではありません。いざ投資を始めてみて、買い時・売り時に悩んでいる人は多いようです。

まとめ

今回のアンケートで特に多くの回答を集めたのが、「投資の知識がない」でした。知識がないと、投資は「難しい」「リスクがある」といったネガティブなイメージがより強くなってしまいがちです。もし、投資に興味があるのであれば、まずはいったん先入観を捨て、投資を知ることから始めてみるといいかもしれません。独学をすることにためらうのであれば、投資アドバイザーや投資の相談窓口を利用してみるのも一つの方法です。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年8月24日
調査人数:272人(22~39歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード