正直高いと思う公共料金1位は?


生活をしていく上で、支払いが必須となってくる公共料金。その都度、支払う場合や毎月定期的に支払うケースのものがありますが、支払いのたびに「高いな……」と感じている人は多いのではないでしょうか。今回は、特に高いと感じる公共料金について、アンケートを行いました。

高いと思う公共料金は?

Q.正直高いと思う公共料金はどれですか?

1位:電気代……39.7%
2位:ガス代……25.4%
3位:電車・バスの運賃……11.5%
4位:水道代……10.3%
5位:高速代……6.4%
6位:郵便料金……2.8%
※有効回答数303件。単数回答式、7位以下省略・その他除く。小数点第二位を四捨五入

1位:電気代……39.7%

・「エアコンや乾燥機を使うと、結構金額が上がる」(女性/30歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

・「冬場の電気代が節約しているのに5,000円を超える」(女性/22歳/自営業・フリーランス/その他)

・「クーラーやこたつを使うと値段が跳ね上がる」(女性/27歳/正社員(総合職)/技術職(設計・エンジニア))

・「エアコンをほとんど使ってなくても一人暮らしで2,000円を切らない」(男性/32歳/自営業・フリーランス/技術職(設計・エンジニア))

家に帰れば使わない日はないとも言える電気。特に、夏場の冷房機器や冬場の暖房機器を使用した際の電気代の高さを実感している人が多いようです。冷暖房機器は、節約しすぎると健康に影響する可能性があるので難しいところでしょう。

2位:ガス代……25.4%

・「冬、熱いお風呂を入れるとすごい金額になる」(女性/27歳/派遣社員/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

・「節約しているつもりなのに、1万を超えることが多い」(女性/39歳/嘱託・契約社員/販売職・サービス系)

・「夏場は涼しい地域で。冬場は寒いのでガスストーブを使う」(女性/38歳/パート・アルバイト/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「節約と思い、自炊すると顕著に表れる」(女性/32歳/正社員(総合職)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

プロパンガスよりは安いといわれる都市ガスですが、それでも高いと感じている人は多いようです。ガスコンロを使用している人の場合、料理をするのにもガス代が気になるのかもしれません。節約を狙って自炊をしたのに、ガスコンロを使うことで出費が増えてしまっては元も子もありませんね。

3位:電車・バスの運賃……11.5%

・「営業でいろんな所に行くので交通費がかなりかかる」(女性/23歳/正社員(総合職)/営業職)

・「交通費が一番身近でよく使うから。また、かかる時間はあまり変わらないのに路線によって金額にかなり差があって高く感じる」(女性/23歳/自営業・フリーランス/その他)

・「通勤で使うのに交通費を支給されないため多く感じる」(女性/32歳/パート・アルバイト/その他)

・「都心を往復するだけで1,000円くらいかかるから」(男性/38歳/嘱託・契約社員/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

電車やバスの運賃は、特に長距離移動をした時に金額の高さを感じやすいでしょう。旅行の際、宿泊費より往復の電車代の方が高くついた……なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。

まとめ

公共料金は節約が難しいものもありますが、例えば、不要な電気のプラグを抜いて電気代を節約、一駅歩いて電車代を節約など、コツコツ努力を積み重ねることで節約できるケースもあります。まずは、無理のない範囲で公共料金の節約を始めてみてはいかがでしょうか。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年6月26日~27日
調査人数:303人(22~39歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード