多彩な銀行の種類、メインバンクで使っている一番人気は?


頻繁に使う、メインとなる銀行は使い勝手がいい所を選びたいですよね。現在日本にある銀行は、大都市に本店を置く都市銀行や、日本郵政公社が民営化されてできたゆうちょ銀行など複数の種類に分けられます。今回は、数ある銀行の種類の中で、どの銀行をメインバンクとしている人が多いのか、アンケートで聞いてみました。

メインバンクで使っている銀行、一番人気は?

Q.メインバンクで使っている銀行の種類はどれですか?

1位:ゆうちょ銀行……31.4%
2位:地方銀行……28.2%
3位:メガバンク・都市銀行……26.7%
4位:信用金庫、信用組合……5.1%
5位:ネットバンク……4.0%
6位:日本銀行……1.8%
7位:信託銀行……0.7%
※有効回答数303件。複数回答式、8位以下省略・その他除く。小数点第二位を四捨五入

1位:ゆうちょ銀行……31.4%

・「全国で使える」(男性/32歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「手数料がかからないから」(女性/23歳/正社員(一般事務)/営業職)

・「引っ越しても問題ない」(男性/37歳/パート・アルバイト/その他)

・「手数料とかかかりにくいし、どこにでもある」(女性/25歳/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

一番人気だったのは、「ゆうちょ銀行」でした。ゆうちょ銀行は郵便局をメイン窓口としているため、全国どこでも窓口対応してもらえるという安心感があるようです。その他、ATMが多い、ATMでの払戻し手数料がかからない、といったメリットも。手数料がかからないのは、銀行を選択する上で大きなポイントになりそうですね。

2位:地方銀行……28.2%

・「昔から使っている」(女性/35歳/嘱託・契約社員/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「近所にあって便利だから」(女性/26歳/派遣社員/秘書・アシスタント職)

・「自宅から近い」(女性/37歳/派遣社員/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

・「住んでいる地域に店舗やATMが多い」(女性/33歳/パート・アルバイト/その他)

地方銀行とは、各都道府県に本店を置く銀行のことを言います。地域になじみがある銀行なので、愛着がある人も多いのかもしれません。住む地域によっては、地方銀行が最も近くの銀行というケースもあるでしょう。

3位:メガバンク・都市銀行……26.7%

・「ATMがたくさんあるし、大手で信頼感がある」(女性/26歳/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

・「ATMが見つけやすい」(女性/26歳/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

・「アルバイト先での口座がメガバンクでそのまま使用」(女性/27歳/正社員(一般事務)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「給料振り込みの指定銀行になっている」(女性/37歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

大都市に本店をおく都市銀行。その中でも、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行は3大メガバンクと呼ばれ、大手銀行であるだけに信頼度も高いようです。会社の給与振り込みで指定されることも多いようで、最初の会社で指定されて口座開設してからそのまま使っている、という声も多数ありました。

まとめ

今回のアンケートでは、「ゆうちょ銀行」「地方銀行」「メガバンク・都市銀行」の3つに回答が大きく偏りました。各銀行によって特徴は異なりますが、どの銀行が使いやすいと感じるかは人それぞれです。新しく銀行口座を開設する際は、それぞれの特徴・メリットを比較すると、選びやすくなるかもしれませんよ。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年6月26日~27日
調査人数:303人(22~39歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード