条件に悩みがち。お墓選びで意見を尊重したい相手


お墓を選ぶ際に気になるのが、費用やアクセス、霊園内の設備など。親子で希望する条件も異なるため、誰の意見を尊重して決めればいいのか分からなくなりますよね。今回は、ライフエンディングの総合サイト「ライフドット(Life.)」を運営するエイチームライフスタイルが実施した「親世代・子世代のお墓に対する意識」に関する調査から、お墓選びで意見を尊重したい相手についてご紹介します。

親世代は、お墓選びの際に自分の意見や伴侶を尊重


親世代に、お墓を選ぶにあたり誰の意見を尊重させたいか聞いたところ「自分」(32.6%)、「伴侶」(30.9%)が多く挙がりました。

子世代は、両親の意見を尊重

一方、子世代の74.2%は、両親の意見を尊重したいと回答。親の墓を管理するのは子世代になりますが、親の希望を聞きたいと考えている人が多いようです。しかし、実際にお墓を管理する際に不便な点やトラブルが起きる場合もあるので、親と話し合いながら選ぶのが1番良いかもしれませんね。

調査概要

調査対象:(親世代)全国の20歳以上の子どもがいる40代~60代以上の男女/(子世代)全国の両親が共に健在であり、長男または長女である20代~60代以上の男女
調査期間:2020年3月26日~3月27日
対象者数:(親世代)773人/(子世代)773人
調査方法:インターネット調査
調査主体:エイチームライフスタイル
https://life.a-tm.co.jp/

(詠葉)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード