当選者は何回応募している? 人気の高い都立霊園の申し込み事情


東京都が運営している都立霊園。都が運営・管理することでの安心感や、民営より費用が安いイメージから、都立霊園に申し込みを考えている人もいるのではないでしょうか。今回は、お墓の情報サイト「いいお墓」を運営している鎌倉新書が、東京都の40歳~89歳の男女をターゲットに実施した「第1回 都立霊園に関する実態調査」(2019年)から、都立霊園の申し込み回数と理由についてご紹介します。

都立霊園の申し込み回数


当たりにくいと言われている都立霊園ですが、当選したことがある人は平均2.3回、落選している人は平均2.8回応募していることが分かりました。また1回のみ応募をしている人は全体の4割、5回以上も申し込みをしている人は15%いるようです。

都立霊園に申し込みをした理由/1位「使用料の安さ」


都立霊園の申し込みを検討した理由として、「使用料の安さ」「経営母体の安定」「自宅からの距離」が上位を占めました。都立=安いというイメージを持っていたり、民営霊園よりも永代使用料が安かったりと、費用面でメリットを感じている人が多いようですね。

調査概要

調査対象:東京都の40歳~89歳の男女
調査期間:2019年6月11日~6月12日
対象者数:400人
調査方法:インターネット調査
調査主体:鎌倉新書
https://www.kamakura-net.co.jp/

(詠葉)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード