カーリースの仕組みとは?4つのデメリットをわかりやすく徹底解説!

費用を抑えて車のある生活が楽しめる、と人気のカーリース。

カーリースはローンを組む新車購入に比べて費用負担が少ないぶん、メリットが多いように見えるでしょう。

しかし、もちろんデメリットも存在します。

今回はカーリースについて、メリット・デメリットを中心に以下を紹介します。

  • カーリースの仕組み
  • カーリースのメリットとデメリット
  • おすすめのカーリース会社3選

カーリースの契約で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

カーリースとは?

カーリースとは、リース会社の車を期間を決めて契約し、毎月定額料金を払って自由に使えるサービス。

頭金0円で利用できるため、初期費用を抑えられる点が魅力です。

ここからは、下記について紹介します。

それぞれの項目を見ていきましょう。

1.カーリースの料金・契約の仕組み

カーリースはリース会社と契約した車を、毎月定額で自由に使えるサービスです。

カーリース会社の多くは、新車の価格から下取り価格を差し引いた値段を車両価格としています。車両価格を契約月数で割り、諸サービス費用を付けたものを月々のリース料金として算出。

そのため、もとの車両価格が低く設定されています。ローンを組んで新車を自分で購入するよりも、月々の支払いが安く済む点が魅力です。

なお契約プランによっては、月々の料金に車検や税金の諸費用、メンテナンス費が含まれている場合があります。

マイカーを所有することで発生する面倒な手続きの全てを、リース会社に任せることができるのは大きな利点です。

またカーリースでは、通常ローンを組む際に必要となる頭金がかかりません。初期費用を抑えられるという点も、大きなメリットといえるでしょう。

2.カーリースには個人向けと法人向けがある

カーリースには、個人向けと法人向けのプランがあります。一般家庭や個人で使う個人向けプランとは異なり、法人向けプランは法人や個人事業主向けのリース車契約です。

法人や個人事業主がローンを組んで新車を購入した場合、借入金の元金は経費と認められません。そのため、月々のローン返済額を経費として提出することは難しいです。

対してカーリースは、月々のリース料金を全額経費として計上できます。

また、車の所有権はリース会社にあるため、固定資産税を計上する必要もありません。

節税効果が高く、経費処理が簡単になる点は、法人向けカーリースの大きなメリットといえるでしょう。

3.カーリースでは車種を自由に選べる

カーリースでは、軽自動車やSUV、ミニバン、セダンなど、さまざまな車種から希望の車種を選べます。

リース会社によっては、国内の全メーカー・全車種から選択できる場合も。

使用用途やライフスタイルに合わせて、手軽な料金で好きな車に乗れるという点は魅力です。

また車体の色やナンバー、ETCの有無などのオプションを自由につけられるリース会社もあります。

4.カーリースでは新車を借りられる

カーリースは、頭金ゼロで新車を借りることができます。

通常新車を買うとなると、現金で一括購入かローンを組んで購入するのが一般的です。しかしカーリースの場合、頭金無しで契約した月から新車に乗ることができます。

初期費用を抑えて、新車を使えるところにメリットを感じる人も多いようです。

また、リース会社のなかには中古車を貸し出す会社もあります。一般的に、新車よりも中古車のほうが安いリース会社は多いです。

そのためリース料金をさらに抑えたいという方は、中古車リースをおこなっている業者を検討してみてください。

カーリースはデメリットが多い?【注意点】

月々の費用を抑えてカーライフを楽しみたい人にとって、カーリースはメリットが多いです。

しかし、デメリットも存在します。

カーリースのデメリットとして、主に挙げられるのは以下の4つです。

それぞれの項目を細かく見ていきましょう。

【デメリット1】長期利用ならマイカーより割高

カーリースのデメリット1つめは、長期利用をするとマイカーよりも割高になってしまうことです。

ローンを組んで車を購入する場合、金利は車両本体代のみにかかります。対してカーリースは、金利が月々の利用料にかかるのが特徴です。

また、カーリースの月々の料金には税金や点検費用、メンテナンス費も含まれています。

ローンで車を購入する場合より金利が上乗せされるので、長期間利用する場合は支払い総額が一般的なローン価格や購入価格を上回る可能性があります。

長期的に車のある生活を送りたい人にとって、料金が割高になってしまうのはデメリットといえるでしょう。

【デメリット2】審査に落ちることがある

カーリースのデメリット2つめは、審査に落ちることがある点です。

カーリースには、契約前に月々のリース料金の支払い能力があるかを審査する「事前審査」があります。ローンを組む際の審査をイメージすると、わかりやすいでしょう。

審査基準はリース会社によって異なるほか、具体的な内容は一切公開されていません。審査を通過しないとリース契約ができないため、まずは審査に受かることが重要です。

ただ、ローンを組んで車を購入する際にも、事前審査はあります。

そのため事前審査は、カーリースならではのデメリットではないでしょう。

【デメリット3】途中解約すると違約金が発生

カーリースのデメリット3つめは、途中解約すると違約金が発生する点です。

さまざまなカーリースの会社がありますが、基本的には契約時に以下をあらかじめ決めておきます。これらの契約内容は契約期間中に変更ができず、またリース契約は原則として途中解約ができません。途中解約する場合は、リース会社に違約金を支払う必要があります。

リース契約をする前にいま一度、契約期間や内容が自分に合っているか確認しましょう。

なお、交通事故などで車が修理不能になった場合も、途中解約扱いになり違約金を払う必要があります。

【デメリット4】残価設定を気にしながら乗車しなければいけない

カーリースのデメリット4つめは、残価設定を気にしながら乗車しなければいけない点です。

カーリースの「残価設定」とは、リース契約期間が終了した際に車にどれほどの価値が残っているか、あらかじめ予測し設定することです。

リース契約時は、車両本体から残価を差し引いた額で毎月の利用料金を算出します。契約満了時にリースカーを返却して解約する場合、この残価分を清算しなければなりません。

残価の算出方法には、車の損傷具合や走行距離などが考慮されるほか、中古車市場との相場の差異も大きく関わってきます。契約時に予想したとおりの残価になるとは限りません。

返却時の残価を少なくするために、車両の具合や中古市場の相場を気にしながら車に乗るのは、落ち着かない人も多いでしょう。そのため残価設定は、カーリースのデメリットのひとつといわれています。

カーリースを利用するメリット

ここからは、カーリースのメリットを紹介します。カーリースのメリットとして、以下の5点が挙げられます。

それぞれのメリットを紹介します。

【メリット1】頭金不要!毎月定額で新車に乗れる

カーリースのメリット1つめは、頭金不要かつ毎月定額で好きな車に乗れる点です。

通常ローンを組んで車を購入する際は、まとまった額の頭金が必要になります。しかしカーリースでは、頭金がなく毎月の利用料金のみで車に乗ることが可能です。

そのため初期費用を抑えたい方に、とくにおすすめなサービスといえます。

さらにほとんどのカーリース会社は、新車を用意していることが多く、定額で希望の新車を使えるのは、大きなメリットといえるでしょう。

【メリット2】好きな車種を自分で選べる

カーリースのメリット2つめは、希望する車種に乗ることができる点です。

カーリースは、契約時に希望の車種を選ぶことができます。軽自動車からSUV、ミニバンやステーションワゴンまで、国内ほぼすべてのメーカー・全車種がそろっているカーリース会社もあるでしょう。

またオプションで、車体の色や希望ナンバーを選べる業者もあります。

車の使用目的や好み、ライフスタイルに合わせて自由に車を選べるのは魅力といえます。

【メリット3】ネットで車選びから審査申し込みまで完結

カーリースのメリット3つめは、ネットで車選びから審査申し込みまでできる点です。

カーリースはネットで車選びから審査申し込み、納車までできるところがほとんど。

また、サイト上で車の利用シーンやライフスタイル、予算を入力して自分に最適な車両を探すことができます。この手軽さも、カーリースが人気の理由のひとつです。

直接店舗に出向くわけではないので、仕事などで忙しい人でも自宅でじっくり検討できます。

【メリット4】経費計上しやすい

カーリースのメリット4つめは、経費の計上がしやすいことです。

法人や個人事業主向けのカーリースでは、月額料金を全額経費として計上することができます。

たとえば、ローンを組んで新車を購入した場合は、借入金の元金が経費と認められません。しかし法人や、個人事業主向けのカーリースは経費として計上できます。

また、カーリースは車の所有権をリース会社が持っているため、固定資産税がかかりません。

そのため仕事で車を使うなら、カーリースは非常にお得なサービスだといえます。

【メリット5】車検などメンテナンスがセットのプランがある

カーリースのメリット5つめは、車検やメンテナンス費用が月額料金に含まれたプランがある点です。

多くのカーリース会社では、月額料金に車検や点検の費用、メンテナンス費用などが含まれた契約プランを用意しています。そのため車に詳しくない人でも、安心してカーライフを送れるでしょう。

また車検のみ対応して、ほかのメンテナンスは自分でおこなうことで、費用を抑えられるプランを用意しているカーリースもあります。

予算に応じた契約プランを選んでみてください。

普通車のカーリースおすすめ3選

【 こちらの表は横にスクロールできます 】

おトクにマイカー
定額カルモくん
コスモMyカーリース オリックス
カーリース・オンライン
リース料金
(税込)
12,870円~ / 月 21,670円~/月 14,520円~ / 月
契約期間 1年~11年 3年・5年・7年 5年・7年・9年
車種 国内全メーカー
全車種
国内全メーカー
全車種
国内全メーカー
全車種
メンテナンス 選べる3つのメンテナンスプランに加入 3つのメンテナンスパックを選択 メンテナンスリースに加入
中古車の
取り扱い
×
支払い方法 銀行口座引き落とし 銀行口座引き落とし クレジットカード
銀行口座引き落とし

カーリースのメリットとデメリットを解説してきましたが、ここからは、普通車のおすすめカーリース会社を紹介していきます。

おすすめカーリース会社は、以下の3つです。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

おトクにマイカー 定額カルモくん

新車リース料金
(税込)
12,870円〜
契約期間 1〜11年
車種 国産車全車種
メンテナンス オプション
中古車の取り扱い あり
支払い方法 銀行口座引き落とし

おトクにマイカー 定額カルモくんのおすすめポイント

  • 月額料金が1万円台の安いプランがある
  • リース期間を1~11年まで選べる
  • 「乗り放題オプション」をつけると契約満了時に車がもらえる

おトクにマイカー 定額カルモくんの特徴

「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、業界随一の安さを実現しているカーリース会社です。ネット販売とカーリース大手のオリックス自動車との提携によって運営されています。

定額カルモくんはリース期間を、1年から11年まで選択可能です。11年という長期プランは珍しく、契約期間を長くすることでさらに月額料金を抑えられています。

さらに定額カルモくんの『乗り放題プラン』は、契約満了時に車をもらうことができるオプションです。

なお、車をもらえる条件として、「軽自動車とコンパクトカーで契約」と「7年以上の契約」の2点があります。

『乗り放題プラン』は月額料金に、500円プラスするだけなので費用負担が少ない点も魅力です。

おトクにマイカー 定額カルモくん公式HP

コスモMyカーリース

新車リース料金
(税込)
21,670円~
契約期間 3年、5年、7年
車種 国産車全車種
メンテナンス オプション
中古車の取り扱い あり
支払い方法 銀行口座引き落とし

コスモMyカーリースのおすすめポイント

  • 車検や税金、メンテナンス費が月額料金に含まれる
  • 車体の色、希望ナンバーなどをオプションで選択できる
  • ガソリン代が割引される(最大10円 / L引き)

コスモMyカーリースの特徴

「コスモMyカーリース」は、コスモ石油が提供するカーリースサービスです。

コスモMyカーリースは、月額料金に車検や各種点検、メンテナンスの費用が含まれています。

また、ロードサービスが付いているメンテナンスプランもあるため、安心して利用できるでしょう。

好きなメーカー・車種を選択できるのはもちろん、車体の色や希望ナンバー、ETCなど細かな部分までオプションで選択できます。

ガソリン代が値引きされる点も魅力です。

コスモMyカーリース公式HP

オリックス カーリース・オンライン

新車リース料金
(税込)
14,520円~
契約期間 5年、7年、9年
車種 国産車全車種
メンテナンス クーポン制(車検、エンジンオイル、オイルエレメント交換)
中古車の取り扱い あり
支払い方法 ・銀行口座引き落とし

・クレジットカード

オリックス カーリース・オンラインのおすすめポイント

  • ネットで簡単に手続きできる
  • 契約途中で乗り換え・返却ができる
  • 「いまのりセブン」「いまのりナイン」なら契約満了時に車がもらえる

オリックス カーリース・オンラインの特徴

「オリックス カーリース・オンライン」は、オリックス自動車が提供するカーリースサービスです。

リースの申し込みはネットで簡単。収入証明書類などは一切不要で、審査に通れば電話や郵送で成約できます。

オリックスカーリースの契約プランは3種類。すべてのプランで、一定期間を超えると車の返却・乗り換えをおこなえます。

ほとんどのカーリース会社では、契約期間中に車を変更することはできません。

この点はオリックスカーリースの強みといえるでしょう。

また7年契約と9年契約プランでは、契約満了時に車を受け取ることができます。

返却する場合はキャッシュバックの受け取りが可能ですので、どちらを選んでもお得でしょう。

オリックス カーリース・オンライン公式HP

カーリースのメリット・デメリットまとめ

初期費用を抑え、月額料金で好きな車を自由に使えるカーリース。

カーリースは魅力的なサービスですが、後悔しないためにはメリット・デメリットも把握しておくことが大切です。

今回紹介したカーリースのポイントについてまとめると、以下のようになります

【カーリースのメリット】

  • 頭金不要で毎月定額で新車に乗れる
  • 好きな車種を自分で選べる
  • ネットで車選びから審査申し込みまで完結
  • 経費計上しやすい
  • 車検などメンテナンスがセットのプランがある

【カーリースのデメリット】

  • 長期利用ならマイカーより割高
  • 審査に落ちることがある
  • 金利の負担が大きい
  • 途中解約すると違約金が発生する
  • 残価設定を気にしながら乗車しなければいけない

今回紹介したカーリースのポイントを参考に、ぜひ自分に合ったカーライフを見つけてください。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード