何から始めたらいいか分からない人は約3割。遺品整理の具体的な仕方って?


故人の残した品を整理する「遺品整理」。もしも自分が親の遺品整理をすることになった場合、何から始めたらいいか想像ができますか? 今回、遺品整理や不用品の回収を行っているGoodServiceが実施した「遺品整理に関する調査」についてご紹介します。

遺品整理を何から始めたらいいのか分からない人は約3割


遺品整理と聞き、そもそも何から始めたらいいか分からない人は、30.2%もいることが分かりました。一方、最初に始めようと考えている遺品整理の内容は「貴重品の整理」(23.2%)が最も多く、次いで「残すものと処分するものの仕分け」(22.5%)、「ごみの分別・処分」(10.4%)、「不動産などの手続き」(8.4%)、「形見分けの選別」(3.2%)、「仏壇など祭祀財産の処理」(1.1%)と続きました。

最も多かった「貴重品の整理」。具体的な仕方って?

「貴重品の整理」が最も多い結果になりましたが、具体的にどのように行おうと考えているのでしょうか。整理の仕方を聞いたところ「先祖代々から伝承されているものなどから順番に」、「貴重品だけまとめて、あとは業者に頼んで廃棄」、「金融関係を整理し、高額そうなものを片付けてからこまごましたものを処分する」といった回答が挙がりました。

調査概要

調査対象:全国の40歳以上の男女
調査期間:2020年4月22日
対象者数:1,105人
調査方法:インターネット調査
調査主体:GoodService
https://www.kataduke-kaitori.com/

(詠葉)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード