30代男性、お金に不安を感じている人は7割


20代に比べ昇給する人も多くなる30代男性ですが、一方で、結婚資金や子どもの養育費など出ていくお金も増えてくるのがこの時期。支出が増えると、お金の不安も大きくなってきますよね。実際、どのくらいの30代男性が、お金に不安を感じているのでしょうか。アンケート調査してみました。

お金に不安を感じる30代男性の割合

Q. 現在お金についての不安はありますか?

・はい……70.7%
・いいえ……29.3%
※有効回答数340件。単数回答式。小数点第二位を四捨五入

お金に不安を感じている30代男性はおよそ7割

30代は働き盛りといわれますが、全ての30代男性が満足できる給料をもらえているわけではありません。収入面で不満があったり収入が安定していなかったりすると、定期的な貯金が難しくなることもあるでしょう。また、安定して給料がもらえていたとしても、それが定年まで継続するという保証はありません。今の段階で貯蓄に十分な余裕がない限り、お金の不安をゼロにすることは難しそうです。

30代男性が感じるお金の不安の内容

Q. 最も大きいお金の不安はどのようなものですか?

1位:老後の生活資金……38.8%
2位:現在の家計……13.8%
3位:ローン返済……8.7%
4位:病気・災害への備え……7.1%
5位:子どもの学費・養育費……5.1%
6位:今後の昇給……2.9%
7位:借金返済……2.2%
※有効回答数340件。単数回答式、8位以下省略・その他除く。小数点第二位を四捨五入

圧倒的に多い不安の理由は「老後の生活資金」

金融庁がまとめた報告書により、老後の資金は夫婦で2,000万円必要、とされる「2,000万円問題」がクローズアップされました。この2,000万円という数字の信ぴょう性については専門家からさまざまな意見が出ていますが、この問題により、老後資金を意識し始めた人は多いでしょう。30代男性へのアンケートでも、お金の不安の理由として「老後の生活資金」が最も多く挙げられていました。

お金の不安を軽くするためにしていることとは

老後の資金を老後になってから確保するのはなかなか難しいものです。今からでも、できることはしておきたいですね。続いて、30代男性に、「お金の不安を軽くするために今していること」を聞いてみました。

支出を抑え貯金に回す

・「節約して貯金する」(30歳/既婚/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「必要経費の見直し」(35歳/既婚/自営業・フリーランス/販売職・サービス系)

・「電気料金やガス料金などの支出を抑えるようにしている」(39歳/未婚/パート・アルバイト/その他)

老後の生活資金や現在の家計に不安がある場合、貯金額を殖やすことで不安を和らげることができます。貯金額を殖やすために、まず支出の見直しから始めている人も多いようです。光熱費や携帯代といった固定費はプランを見直すことで大きく節約できる可能性もあるのでチェックしておきたいですね。

収入を上げる努力

・「収入を上げるための資格の取得」(33歳/既婚/正社員(総合職)/技術職(SE・プログラマー・システム))

・「収入を上げるためのスキルアップの努力」(34歳/未婚/パート・アルバイト/その他)

・「副業などの模索、今後仕事に必要な資格とスキルを磨く」(32歳/既婚/正社員(総合職)/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

貯金を大きく殖やすのであれば、節約と共に収入も上げたいところ。資格取得や副業、転職などで収入アップを狙っている30代男性も多いようです。

資産運用

・「株式での資産運用」(38歳/未婚/正社員(一般事務)/営業職)

・「外貨の積立保険などに入っている」(32歳/未婚/公務員・団体職員/その他)

・「個人年金に入る」(35歳/未婚/正社員(一般事務)/クリエイティブ職)

将来的な資産を殖やすための資産運用を始めている30代男性も。積立保険や個人年金などは、早めに始めた方が返戻率は高くなるのが一般的です。より多くの金額のリターンを狙って株などの投資を始める人もいるようです。

まとめ

子どもの養育費や親の介護など、何かとお金の不安が出てくる30代。実際に多くの30代男性がお金の不安を抱えているようです。今は特に不安がない、という人も、災害や病気などで金銭事情が変わってくる可能性もあるでしょう。不安を少しでも軽くするためにも、今できることをしておきたいですね。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年3月12日
調査人数:340人(30~39歳の男性)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード