未婚20代男性が考える「結婚に必要な資金」はいくら?


「結婚したいけどお金がなくて……」なんて言葉、聞いたことがある人も多いのでは。結婚自体は婚姻届を出すだけなのでほとんどお金がかかりませんが、結婚式や結婚指輪の購入、結婚後の生活をふまえ、ある程度お金をためてから結婚したいと考える人は少なくないようです。そこで今回は、未婚20代男性に、結婚までにためておくべきと思う金額をアンケートで聞いてみました。

未婚20代男性が考える「結婚までにためておくべき資金」

Q. 未婚の方に質問です。結婚するまでにためておくべきと思う金額はいくらですか?

・10万円未満……11.5%
・10万円以上~30万円未満……6.3%
・30万円以上~50万円未満……8.0%
・50万円以上~80万円未満……4.9%
・80万円以上~100万円未満……4.9%
・100万円以上~200万円未満……14.7%
・200万円以上~300万円未満……12.9%
・300万円以上~400万円未満……11.9%
・400万円以上~500万円未満……7.3%
・500万円以上……17.5%
※有効回答数286件。単数回答式。小数点第二位を四捨五入
※四捨五入の関係で100%にならないことがあります

最も回答が多かったのは「500万円以上」

・「家を買うかもしれないし、生活費、家具代などいろいろ考えると結構ためておかないと余裕が無くなりそう」(25歳/未婚/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

・「結婚式や出産など、高い出費になると思う」(27歳/未婚/正社員(一般事務)/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

・「相手や子どもの将来のために残しておきたい」(28歳/未婚/起業/クリエイティブ職)

アンケートの選択肢内で最も高額である「500万円以上」が最多。満足のいく結婚を迎えるには多額の資金が必要と考えている20代男性が多いようです。「お金がないから結婚できない」という男性の言葉も、結婚に対する逃げなどでなく、本心からなのかもしれません。

「100万円以上~200万円未満」「200万円以上~300万円未満」も多数

・「結婚式の費用や、すぐに子どもができた時のことを考えると最低でもこれくらいは必要かなと思う」(26歳/未婚/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

・「結婚式や指輪など考慮し、それくらい必要」(25歳/未婚/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

・「ある程度の結婚式をやるために100万円は必要なのかなと思った」(21歳/未婚/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

「500万円以上」とは言わずとも、100万円以上は必要と考える20代男性が多いことが、アンケート結果から見てとれます。結婚式や結婚指輪を用意したいと考える20代男性は、その資金として100万円以上を見積もっているようです。

結婚に多額な資金は不要? 「10万円未満」もおよそ1割

・「役所に届けるだけ」(25歳/未婚/正社員(一般事務)/営業職)

・「結婚を考えた時にお金を作ればいい」(26歳/未婚/正社員(一般事務)/技術職(SE・プログラマー・システム))

結婚までにためるべきお金は「10万円未満」という20代男性も。冒頭で解説したように、結婚自体は婚姻届を出すことで成立します。結婚資金をためずに結婚するのも1つの形ですが、相手の女性もその状況を納得していることが前提ですね。

まとめ

20代男性はまだ結婚を考えていない人も多いでしょう。今回のアンケートでも、「分からない」「何となく」といった回答が多く見られました。周囲に既婚者がいないとなかなか結婚にかかる費用まで想像できないものです。今後、身内や友人に既婚者が増え、彼らの結婚準備の様子や結婚生活を目の当たりにすると、また考えも変わってくるかもしれませんね。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年7月10日~11日
調査人数:286人(20~29歳の男性)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード