美容の高額出費にストレスを感じる女性はおよそ6割


心身の美しさを高めるため美容を楽しんでいる女性は多いですが、一方で、美容に力を入れることでストレスが生まれてしまうケースもあるようです。では、女性が感じている美容へのストレスとはどのようなことなのでしょうか。20代~30代女性を対象としたアンケートで調べてみました。

女性が美容で感じるストレス

Q.美容に力を入れる際に感じるストレスはどれですか?

1位:お金がかかる……58.5%
2位:手間・労力がかかる……22.6%
3位:なかなか効果を感じられない……10.8%
4位:情報がありすぎて正しい方法が分からない……7.4%
5位:効果が出ても気付いてもらえない……0.3%
※有効回答数296件。単数回答式、6位以下省略・その他除く。小数点第二位を四捨五入

1位:お金がかかる……58.5%

・「きれいになろうと思えば思うほど定期的にお金がかかり、キリがない」(25歳/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

・「初めは高額の良い化粧品を、と思うがお金が続かない」(36歳/パート・アルバイト/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「ストレッチやマッサージは自分でもできるが、劇的に変化を求めると、お金をかけないときれいにならない」(27歳/公務員・団体職員/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「満足の行く結果を求めれば求めるほどコストがかかるため、ある程度の妥協をしている」(35歳/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

・「使いたい商品や、やってみたい美容ケアがあるが、全部取り入れるとお金がかかり、続けられない」(32歳/正社員(一般事務)/秘書・アシスタント職)

「お金がかかる」の回答が圧倒的に多く、およそ6割。エステティックサロンやネイルサロン、美容器具などは、高額なイメージがあるのかもしれません。お金をかけない美容法もメディアなどで多く紹介されていますが、高い効果を狙うのであれば、ある程度お金をかける必要があると感じている女性が多いようです。

2位:手間・労力がかかる……22.6%

・「こまめな手間が面倒でストレスがたまる」(27歳/正社員(総合職)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「自分の寝る時間を確保するのも大変なくらい忙しいので、さらに寝る時間を削られてしまうことがとてもストレスに感じます」(39歳/正社員(総合職)/営業職)

・「自分に合うスキンケアや化粧品を探すためにいろいろ試すのが面倒」(29歳/正社員(総合職)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「疲れている時はついサボるけど罪悪感がすごい」(35歳/派遣社員/秘書・アシスタント職)

美しい体は一日にしてならず。ほとんどの美容法は、時間をかけて継続することで効果が期待できるものです。美容のためとはいえ、日々の限られた時間と体力の中でその労力を捻出しなければいけないのは大変なことです。

3位:なかなか効果を感じられない……10.8%

・「ネットで情報を得て試してみても特に効果がない」(37歳/パート・アルバイト/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「短期間で効果が得られないとモチベーションが下がる」(27歳/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

・「いろんな商品を試しているが、効果が実感できたことがなく、ムダなお金を使っているのではないかと思ってしまう」(30歳/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

・「クチコミや評価が高い物を使用してみても、可もなく不可もなく…効果を感じることが少ない」(30歳/正社員(一般事務)/秘書・アシスタント職)

頑張って手間やお金をかけたのに効果が感じられないと、せっかくの労力がムダになったようでがっかりしてしまいますよね。なかなか効果が出ないと、美容から遠ざかる大きな要因にもなりそうです。

まとめ

高い効果を得ようと思うとお金がかかる、お金をかけずにと思うと手間が増える、お金と手間をかけても効果を感じられないことがある……美容の「あるある」かもしれませんが、そんな状況にフラストレーションがたまっている女性もいるようです。せっかく「美しくなりたい」と前向きな気持ちで美容に取り組んだのであれば、楽しむ気持ちを持ちたいですよね。美容にかける労力の中にも自分なりの楽しみ方を探してみると、心持ちも変わってくるかもしれません。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年8月19日
調査人数:296人(22~39歳の女性)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード