日産の技術が躍進!ルークスのメリットやデメリットについて

日産ルークスは、スズキからOEM供給を受け、スズキ「パレット」の姉妹車として2009年12月に誕生しました。

存在感のある洗練された見た目が登場当時から話題になっていました。

軽自動車では珍しい両側リヤスライドドアを装備しており、スペース効率を徹底した広々とした室内空間で人気を博しました。

発売以降、スーパーハイトワゴンとして幅広い年齢層からの支持を得てきました。

しかし、

・なぜこんなに知名度があって、人気なのか?

・他の車と比べて何が良いのか?

・いつどんな買い方で買えばお得なの?

上記のように良くわからない方も多いと思います。

もっと情報を知りたいといった方や、購入を検討されている方に向けて、ルークスの全てを徹底解剖し、お得な買い方をマイナビライフサポート限定でお教え致します!

未使用車って何?と思われた方は下記の記事を合わせて読んでください≫

今大流行中の未使用車(新古車)とは?メリット・デメリット、購入するべき優良店舗も大公開!

【そもそもルークスって…?】

初代ルークスが販売開始されたのが2009年になります。

車名のルークス(ROOX)とは、「Room」と「Max」を組み合わせた造語であり、言葉の通り広い車内空間がセールスポイントになっています。

大人4人がゆったりと座れる仕様になっているのが、幅広い年齢層から人気を集めている要因になります。

これからも軽自動車業界の進化を引っ張っていく車になることは間違いないです!

【ルークスの特徴は…?】

ルークスは全高が1.7mを超える背の高い軽自動車で、後席を畳むと自転車のような大きな荷物も積むことができます。

それに加えて、電動スライドも採用されており、子供を抱えた状態でも乗り降りしやすく、子育て世代に向けた各種の機能も豊富に搭載されています!

ただ、多くの軽自動車はそれぞれの良いところがある一方、悪いところもあるものです。

例えば…

 ・室内はとても狭いが、驚くほど低燃費!

 ・スライドドアがついていて、乗り降りは便利だけど燃費が良くない…

 ・室内も広く燃費も良いが、デザインが安っぽい…等々。

では、何事にも万能に改良を重ねてきたルークスにも、「良いところ」だけでなく「悪いところ」があるのでしょうか。

ここからは、購入を検討中の方にも役立つよう、ルークスのメリット/デメリットを分かりやすくお伝えしていきます!

購入するメリットは?

〇プロパイロットが便利

新型ルークスは、デイズに続き、高速道路上での運転支援機能、プロパイロットが搭載されました。

プロパイロットに似た機能(アダプティブクルーズコントロールと、ステアリング補助)は、N-BOXやタントにも搭載されていますが、プロパイロット機能は軽自動車では数少ないルークスとデイズにしか搭載されていません。

ルークスの最大のメリットと言っても過言ではありません。

*プロパイロットは、「プロパイロットエディション」のグレードについており、それ以外のグレードにはオプションでもつけることはできません。

〇室内が広い

スーパーハイトワゴンはどれも室内が広いのですが、特に、ルークスは後席のスライド量が大きい(32cm)ので、後部座席や荷室を広く使うことができます。

後席を後ろ一杯にスライドさせると、後部座席はクラスで一番広く、前一杯にスライドさせると、荷室が一番広くなります。

荷物をたくさん載せたい人には嬉しい広さになっています!

購入するデメリットは?

〇加速が悪い

新型ルークスは、N-BOXやスペーシアと比較すると加速が悪いです。

原因としては、エンジンの最高出力と、車両重量がネックになっています。

他社スーパーハイトワゴン各車両の重量は下記になります。

ルークス 940kg~
N-BOX 890kg~
スペーシア 850kg~
タント 880kg~

〇燃費が悪い

新型ルークスは、ハイブリッドですが燃費がそれほど良くないです。

「ハイブリッド」というと燃費が良いイメージがありますが、同じくハイブリッドのスペーシアに比べると燃費が悪いのが現状です。

ハイブリッドではないN-BOXやタントと比べても、ほとんど燃費は変わりません。

といっても、燃費が特別悪いというわけではありません。

「ハイブリッド」に対する先入観もあり、”思ったよりも燃費が悪い。”と感じる方が多いようです。

実際の燃費については後程紹介していきます。

【どれぐらいの価格で購入することができるの…?】

S

新車 1,400,000円~
中古車 940,000円~
未使用車(新古車) 1,290,000円~

X

新車 1,540,000円~
中古車 1,050,000円~
未使用車(新古車) 1,360,000円~

ハイウェイスターX

新車 1,730,000円~
中古車 1,100,000円~
未使用車(新古車) 1,490,000円~

ハイウェイスターX プロパイロットエディション

新車 1,840,000円~
中古車 1,250,000円~
未使用車(新古車) 1,620,000円~

SからXグレードがあがると約10万程高くなります。

ハイウェイスタークラスになるとノーマルグレードと比較して、20~30万程高くなります。

ルークスは、先程お伝えしたように未使用車も中古車も多く流出しています。

そこで注意点としてあげることができるのは、新車・中古車・未使用車(新古車)に限らず、車両本体価格のみで判断するのは高買いする可能性がある、ということです。

あくまでも車を買う際は、車両本体価格+α(諸費用や、パック等)の+α部分に注意し、お得にGETしてください!

※記事後半で、親身に相談に乗ってくれる優良な未使用車店舗をご紹介致します。

【ルークスのグレードはどういうものがあるの…?】

ルークスの主要グレードは、【S・X・ハイウェイスターX・ハイウェイスターXプロパイロットエディション】の計4つのグレードになります。

今回はそれぞれどういった方にオススメかも記載致します!

〇S

ルークスのグレードの中で、最も価格が安いのがSグレードになります。

スライドドアが手動式であったり、ヘッドランプがハロゲンタイプであったりと、近年の新型車らしさはないですが、価格を抑えたいという方にはピッタリのグレードになります。

安全機能面は、衝突被害軽減ブレーキや急発進抑制装置などの先進安全装備は搭載されていますので、安心して運転することは可能になっています。

〇X

こちらのグレードには、IRカット機能やインテリジェントキー、タッチパネル式のオートエアコンなど、近年の新型車には欲しい装備が搭載されている嬉しいグレードになります。

特に助手席側のスライドドアには、「ハンズフリーオートスライドドア」が標準装備されています。

足をドアの下に入れるだけでドアが開きます!

子育て最中のご家庭にはピッタリなグレードになります。

〇ハイウェイスターX

ハイウェイスターXは、専用装備であるフロントグリルやバンパー等が装着されており、迫力のある見た目になっています。

足回りもアルミホイールに変わっており、ヘッドランプもLEDにグレードアップしています。

見た目にもこだわりたい方にはおすすめのグレードになります。

〇ハイウェイスターXプロパイロットエディション

このグレードから、日産が誇る最新の運転支援機能「プロパイロット」が標準装備されています。

プロパイロットは高速道路において、アクセルやブレーキ、ステアリング操作をシステムがアシストしてくれて、ドライバーの負荷を大幅に軽減してくれる機能です。

それに加えて、両側ハンズフリーオートスライドドア、電動パーキングブレーキも搭載され、上級グレードらしく充実した装備内容になっています。

高速道路をよく運転する方はこちらのグレードがおすすめになります!

【実際に燃費ってどうなの?】

ルークスは、スマートシンプルハイブリッドを採用しており、あまり燃費のよい車種ではありません。

自動車を選ぶ際に燃費に重きをおいている方もいらっしゃると思いますので、カタログ燃費だけではなく、実燃費の方も合わせてご紹介致します!

グレード カタログ燃費 実燃費
S 20.8km/L 13.4km/L~15.2km/L
X 20.8km/L 13.4km/L~15.2km/L
ハイウェイスターX 20.8km/L 13.4km/L~15.2km/L
ハイウェイスターXプロパイロットエディション 20.8km/L 13.4km/L~15.0km/L

※実燃費はあくまでも平均値になります。

※走行場所(高速道路、住宅街、一般道)によって変動致します。


【よく似た車種”デイズルークス”って何?】

デイズルークス」という、ルークスとよく似た名前を聞いたことがある方も多いかと思います。

この2つの車種は兄弟のような関係になります。

2020年3月にデイズルークスをフルモデルチェンジして登場したのが、「ルークス」になります。

それでは、どのようなところが違うのかご紹介していきます。

ルークスとデイズルークスの違い

*写真(左)ルークス、(右)デイズルークス

〇外観デザインが違う

新型ルークスは、日産共通のエクステリアキーワードであるVモーショングリルとブーメラン型のシグネチャーLEDポジションランプが採用されています。

デイズルークスではハイウェイスターと標準車ではデザインの違いがハッキリしていましたが、新型ルークスでは標準車もハイウェイスターに近いシャープな顔つきになりました。

〇ダッシュボードが異なる

新型ルークスは、デイズルークスと比べ、大画面モニターがダッシュボード上に独立した形で設置されています。

インパネの高さを抑え、スッキリした視界になっています。

その為、アイポイントの高さがミニバン並の視点の高さで視界は良好です。

*写真(左)ルークス、(右)デイズルークス

〇ラゲッジルームが異なる

新型ルークスの後席のロングスライドはラゲッジルームでも効果が高いです。

通常時のラゲッジスペースもデイズルークスから拡大していますが、後席を一番前にスライドさせた時のスペースはデイズルークスから20.8cm拡大しています!

家族4人分の海外旅行用のスーツケースといった大きな荷物を積むことも可能です。

また、デイズルークスでは荷室側から後席をスライドさせることができませんでしたが、新型ルークスはレバーを起こすだけでカンタンに後席をスライドさせることが可能となっています。

《デイズルークスについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください》

【どういう買い方がオススメなの!?】

ルークスは「未使用車/新古車」で購入するのがマスト!

新車で購入するメリットよりも、ほぼ新車同様の未使用車で買う方が価格も安く・お得に購入できます!

また、軽自動車は値崩れも小さいので売る際も損なく売れる可能性が高いです!

普段購入しているディーラーや近くの販売店で妥協して購入しない!

これまで車を購入する際は、お世話になっている近場のディーラーや販売店で購入していた方も多いと思います。決してそれが悪いわけではなく、むしろそういう関係性のある販売店さん/営業マンがいることは素晴らしいことです。

しかし、自動車は新車を除き、市場全体が大きく動くのと同時に価格の変動も激しい商材となります。

そこで重要になるのが、市場に合わせ価格調整し、販売する前に適正な車両価格を設定する優良店を探すことです。

安く買える時期を逃さない!

新車・未使用車(新古車)・中古車全てにおいて安く購入できる時期が実はあります。

それはこちらの記事でも紹介しましたが、1月の初売り決算期になります。

この時期は大量の広告費も掛ける為、広告費用を回収するためにも1台1台の利益は少なくとも「薄利多売」で多くの自動車を安く販売してくれる傾向が強いです。

新しい車を購入するにあたり、不要な車は高く売却する!

車を買い替えようと思っている時は、安い時期や購入する店舗選びだけではなく、「今の車をどれだけ高く売れるか?」も大切なポイントになってきます。

すでにディーラーや販売店に下取りに出している方、近くの買取店で見積を取った方、廃車にしようと考えている方もいるかもしれません。

ただ単に買い取ってもらうだけだと、買取店は、その1台のみで利益を上げようと考える為、高値はつきにくくなってしまいます。

ですが、優良店では新しい車の購入と同時に下取りを出すと、高値で下取ってくれる上に、安値で新しい車を販売してくれます!

【まとめ】

この記事では、女性からの支持が多いルークスのメリットやデメリット、価格、グレードについて紹介いたしました。

現在軽自動車を購入検討されている方は、「ルークス」を検討してみてください!

ルークスを購入する際の注意点としては、装備や仕様をよく理解した上で、お客様のライフスタイルに合ったグレードを選びましょう!

また、軽自動車購入にあたり最も大事なのは店舗選びです!

私たちが厳選した各地域でおすすめの販売店を紹介しますので1度問い合わせしてみてください!

※オススメ掲載店舗は増えていく予定です!

大阪府で未使用車を購入するなら】

https://keinomori.com/

愛知県で未使用車を購入するなら】

http://www.car-hayashi.co.jp/index.html

千葉県で未使用車を購入するなら】

https://kurumahanbai-matsudo.com/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです