【徹底解剖】進化を果たした”ekスペース”を未使用車(新古車)で購入するメリット/デメリット

ekスペースが登場したのは2014年で「いい軽を創ろう」という思いで開発され、販売されました。

CMでは当時人気子役だったしずくちゃんが出演していました。

三菱自動車工業と日産自動車の共同出資会社である、株式会社NMKVが開発した軽自動車になります。

三菱自動車工業ではekスペースとして、日産ではデイズルークスという車名にて販売されています。

発売以降、スーパーハイトワゴンとして幅広い年齢層からの支持を得てきました。

しかし、

・なぜこんなに知名度があって、人気なのか?

・他の車と比べて何が良いのか?

・いつどんな買い方で買えばお得なの?

上記のようによく分からない方も多いと思います。

もっと情報を知りたいといった方や、購入を検討されている方に向けて、ekスペースの全てを徹底解剖し、お得な買い方をマイナビライフサポート限定でお教え致します!

未使用車って何?と思われた方は下記の記事を合わせて読んでください≫

今大流行中の未使用車(新古車)とは?メリット・デメリット、購入するべき優良店舗も大公開!

【そもそもekスペースって…?】

実は軽ワゴンには、適度に背が高く、両サイドのリアドアにヒンジ式を採用した“ハイトワゴン”と、ハイトワゴンの全高をさらに高くし、リアドアをスライドタイプとした“スーパーハイトワゴン”とが存在します。このうちイマドキの売れ筋は後者です。

ekスペースは後者の仕様になっています。

シンプルなデザインとなっており、かわいらしいヘッドライトや、愛嬌のあるフロントグリルなど、若いファミリーユーザーから年配の人まで老若男女問わず人気のある見た目になっています。

これからも軽自動車業界の進化を引っ張っていく車になることは間違いないです!

【ekスペースの特徴は…?】

ekスペースの車体サイズは「全長3.4m×全幅1.47m×全高1.77m」と、高めに設計されています。

圧迫感のない軽自動車として人気を博しています。

ですが、多くの軽自動車はそれぞれの良いところがある一方、悪いところもあるものです。

例えば…

 ・室内はとても狭いが、驚くほど低燃費!

 ・スライドドアがついていて、乗り降りは便利だけど燃費が良くない…

 ・室内も広く燃費も良いが、デザインが安っぽい…等々。

では、何事にも万能に改良を重ねてきたekスペースにも、「良いところ」だけでなく「悪いところ」があるのでしょうか。

ここからは、購入を検討中の方にも役立つよう、ekスペースのメリット/デメリットを分かりやすくお伝えしていきます!

購入するメリットは?

〇車内空間広い

三菱 ekスペースの室内の広さはクラスNo.1を誇っています。

室内高さは1.4m、室内長さは2.24m。

お子様が一定の年齢になるくらいまでならば、立ったまま余裕で室内を移動できるサイズです。

また、ベビーカーも折りたたまずにそのまま室内にインすることが可能であり、乗降時のちょっとした手間がなくなります

子育て世代のママには特におすすめ出来る車の一つになっています。

〇リヤサーキュレーターが付いている

ekスペースには軽自動車では初となるリヤサーキュレーターが装備されています。

夏は前席のエアコンの風を後席にも送れるようになり、冬には後席まで暖かくなりやすくなります。

車内の空気を効率よく循環させて、冷たい空気や暖かい空気の偏りを解消してくれる。

ekスペースの最大のメリットと言っても過言ではありません!

〇UVカットガラスの採用

ekスペースは、99%UVカットガラスをフロントドアに採用されています。

日差しの強い日中に運転をする方も多くいらっしゃるかと思いますので、UVカットしてくれるのはとても嬉しい装備になるかと思います。

購入するデメリットは?

〇加速が悪い

ekスペースはスーパーハイトワゴンの中で、車両重量が重く、加速が悪いです。

他社メイン車種と重量を比較した表が下記になります。

ekスペース 940kg~
N-BOX 890kg~
スペーシア 850kg~
タント 880kg~

〇燃費が悪い

ekスペースにはマイルドハイブリッドシステムが採用されているのですが、燃費はあまり良くありません。

軽自動車でハイブリッドというと、スズキのハイブリッド車(ワゴンRやスペーシア)などを想像するかもしれませんが、ekスペースは他のハイブリッドではない車種と同じくらいの燃費になります。

ただ特別燃費が悪いわけではないのでご安心ください。

燃費については後程紹介していきます。

【どれぐらいの価格で購入することができるの…?】

Mグレード

新車 1,272,000円~
中古車 840,000円~
未使用車(新古車) 1,190,000円~

Mグレード

新車 1,402,000円~
中古車 950,000円~
未使用車(新古車) 1,230,000円~

Tグレード

新車 1,487,000円~
中古車 980,000円~
未使用車(新古車) 1,390,000円~

新車はグレードがあがると約10万程高くなります。

ekスペースは、先程お伝えしたように未使用車も中古車も多く流出しています。

そこで注意点としてあげることができるのは、新車・中古車・未使用車(新古車)に限らず、車両本体価格のみで判断するのは高買いする可能性がある、ということです。

あくまでも車を買う際は、車両本体価格+α(諸費用や、パック等)の+α部分に注意し、お得にGETしてください!

※記事後半で、親身に相談に乗ってくれる優良な未使用車店舗をご紹介致します。

【ekスペースのグレードはどういうものがあるの…?】

ekスペースの主要グレードは、【M・G・T】の計3つのグレードになります。

今回はそれぞれどういった方にオススメかも記載致します!

〇Mグレード

ekスペース購入を検討していて、乗り出し価格を抑えたい方にはおすすめの車種になります。
こちらのグレードには基本的な装備は揃っており、キーレスエントリーシステムが搭載されています。

※乗り出し価格:車本体の販売価格にオプションパーツや諸経費などを含めた総支払額

〇Gグレード

このグレードからフロントドアにIRカット/99%UVカットガラスや助手席側ハンズフリーオートスライドドア、タッチパネル式フルオートエアコンが搭載されています。

特に、助手席側ハンズフリーオートスライドドアは子育て世代や買い物をよくする方には両手がふさがっている状態でドアが開いてくれるので、非常に便利な機能になること間違いなしです。

〇Tグレード

最上級グレードのTグレードでは、Gグレードの装備に加えて、フロントグリルがブラックになったり、ハンドルが本革巻、タイヤがアルミホイールに変更されております。

見た目も他のグレードと比較しても、スタイリッシュにかっこよくなっています。

ekスペースを最大限に楽しみたい方にはおすすめのグレードになります。

【実際に燃費ってどうなの?】

ekスペースの燃費は、ハイブリッド車の中ではそこまで優れているとは言えません。

自動車を選ぶ際に燃費に重きをおいている方もいらっしゃると思いますので、カタログ燃費だけではなく、実燃費の方も合わせてご紹介致します!

グレード カタログ燃費 実燃費
M 27.2km/L 18.1km/L~21.0km/L
G 27.2km/L 18.1km/L~21.0km/L
T 23.8km/L 16.3km/L~19.0km/L

※実燃費はあくまでも平均値になります。

※走行場所(高速道路、住宅街、一般道)によって変動致します。

【よく比較される”ekクロススペース”って何?】

ekスペースと名前が似ていて、よく比較されるekクロススペース。

同じ車種だと思われることも多いようですが、ekスペースをスタイリッシュでハイパフォーマンスに上位互換したような異なる自動車になります。

ekスペースとekクロススペースの違い

〇外観デザインが違う

まず一番の違いとしてあげられるのが、デザインの違いになります。

子育て女性ユーザーはekスペース、高級志向や迫力あるスタイル重視の方にはekクロススペースがピッタリな車種になります。

〇装備面が異なる

ekクロススペースには、ヒルディセントコントロールが標準装備されていますが、eKスペースは非装着です。

また、室内の空気を循環させるリヤサーキュレーターは、eKスペースのGとTには標準装備されていますが、eKクロススペースの方はオプション設定となっています。

*ヒルディセントコントロール:エンジンブレーキだけでは十分減速できないような急な下り坂やオフロードのような滑りやすい路面を下るとき、一定の低車速を保ち、下り坂での走行を補助するシステム

〇価格が違う

M 1,505,000円~
G 1,610,000円~
T 1,690,000円~

【どういう買い方がオススメなの!?】

ekスペースは「未使用車/新古車」で購入するのがマスト!

新車の乗り出し価格は、最も安いグレードで120万円を超えてきます…。

新車で購入するメリットよりも、ほぼ新車同様の軽使用車で買う方が価格も安く・お得に購入できます!

また、軽自動車は値崩れも小さいので売る際も損なく売れる可能性が高いです!

普段購入しているディーラーや近くの販売店で妥協して購入しない!

これまで車を購入する際は、お世話になっている近場のディーラーや販売店で購入していた方も多いと思います。決してそれが悪いわけではなく、むしろそういう関係性のある販売店さん/営業マンがいることは素晴らしいことです。

しかし、自動車は新車を除き、市場全体が大きく動くのと同時に価格の変動も激しい商材となります。

そこで重要になるのが、市場に合わせ価格調整し、販売する前に適正な車両価格を設定する優良店を探すことです。

安く買える時期を逃さない!

新車・未使用車(新古車)・中古車全てにおいて安く購入できる時期が実はあります。

それはこちらの記事でも紹介しましたが、1月の初売り決算期になります。

この時期は大量の広告費も掛ける為、広告費用を回収するためにも1台1台の利益は少なくとも「薄利多売」で多くの自動車を安く販売してくれる傾向が強いです。

新しい車を購入するにあたり、不要な車は高く売却する!

車を買い替えようと思っている時は、安い時期や購入する店舗選びだけではなく、「今の車をどれだけ高く売れるか?」も大切なポイントになってきます。

すでにディーラーや販売店に下取りに出している方、近くの買取店で見積を取った方、廃車にしようと考えている方もいるかもしれません。

ただ単に買い取ってもらうだけだと、買取店は、その1台のみで利益を上げようと考える為、高値はつきにくくなってしまいます。

ですが、優良店では新しい車の購入と同時に下取りを出すと、高値で下取ってくれる上に、安値で新しい車を販売してくれます!

【まとめ】

この記事では、女性からの支持が多いekスペースのメリットやデメリット、価格、グレードについて紹介いたしました。

現在軽自動車を購入検討されている方は、「”いい軽”ekスペース」を検討してみてください!

ekスペースを購入する際は、装備や仕様をよく理解した上で、お客様のライフスタイルに合ったekスペースを選びましょう!

また、軽自動車購入にあたり最も大事なのは店舗選びです!

私たちが厳選した各地域でおすすめの販売店を紹介しますので1度問い合わせしてみてください!

※オススメ掲載店舗は増えていく予定です!

大阪府で未使用車を購入するなら】

https://keinomori.com/

愛知県で未使用車を購入するなら】

http://www.car-hayashi.co.jp/index.html

千葉県で未使用車を購入するなら】

https://kurumahanbai-matsudo.com/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです