【徹底解剖】進化を果たした”ムーブ”を未使用車(新古車)で購入するメリット/デメリット

ムーブが登場したのは1995年で「ムーブしよう」というキャッチコピーで登場しました。

CMではケミストリーさんをはじめ、柴咲コウさんや役所広司さんなどが出演されていました。

広々とした空間や使い勝手の良さの特徴を持つ、軽トールワゴンとして長い間幅広い年齢層から支持を集めるダイハツの基幹モデルです。

しかし、

・なぜこんなに知名度があって、人気なのか?

・他の車と比べて何が良いのか?

・いつどんな買い方で買えばお得なの?

上記のように良くわからない方も多いと思います。

もっと情報を知りたいといった方や、購入を検討されている方に向けて、ムーブの全てを徹底解剖し、お得な買い方をマイナビライフサポート限定でお教え致します!

未使用車って何?と思われた方は下記の記事を合わせて読んでください≫

今大流行中の未使用車(新古車)とは?メリット・デメリット、購入するべき優良店舗も大公開!

【そもそもムーブって…?】

最近こそN-BOXやタントに主役の座を奪われつつあるが、いまだにムーブはワゴンRと並んで現代の軽自動車の基本形の車種です。

現行のムーブは2014年に登場しました。

現在の軽自動車はN-BOXやタントなど圧倒的に広い室内空間を実現したスーパーハイトワゴンが主流になっています。

しかし、ムーブは本来の軽自動車に求められていた「低価格・低燃費」そして基本性能や安全性能を進化させて、総合力の高いオールラウンダーとして多くの年齢層から支持を集めている車種になります。

これからも軽自動車業界の進化を引っ張っていく車になることは間違いないです!

【ムーブの特徴は…?】

安定した価格や性能で、幅広い年齢層に人気のあるムーブ。

登場してから25年以上が経って、見た目も性能もどんどん進化しています。

多くの軽自動車はそれぞれの良いところがある一方、悪いところもあるものです。

例えば…

 ・室内はとても狭いが、驚くほど低燃費!

 ・スライドドアがついていて、乗り降りは便利だけど燃費が良くない…

 ・デザインが安っぽい…

等々多くの良いところ悪いところが存在します。

何事にも万能に改良されてきたムーブですが、より読者様に分かりやすくお伝えするために下記にメリット/デメリットをお伝えします!

購入するメリットは?

〇走行性能がいい

ムーブは走行性能をあげるために基本設計部分から見直しがされています。

その走りは秀逸で、タイヤのゴツゴツ感も感じるものの、ステアリング操作に忠実に反応します。

また、カーブでの車の傾きを適度に抑えられており、落ち着いた走行が可能になっています。

〇ドアが約90度まで開く

ムーブはフロントドアとリアドア共に約90度開くようになっています。

他の車でここまでドアが開く車種はなかなかありません。

直角までドアが開く為、大きな荷物の出し入れ時にはとても便利になります。

ただ、駐車場等では開けすぎによるドアパンチには注意する必要があります。

〇安く購入することができる

一番のメリットと言っても過言ではないです!

ムーブはデビューから随分経過しており、他の車と競合させただけで一定の値引き額が期待できるのです。

それに加えて、ダイハツはムーブの未使用車を大量に市場へ送り出しているので、価格面を重要視される方にはこれほど嬉しいことはないかと思います!

購入するデメリットは?

〇自動ブレーキが標準装備されていない

ムーブの設計は少し古い部分もあるため、安全装備面では少々物足りない部分があります。

歩行者検知式自動ブレーキや誤発進抑制制御などがセットになったスマートアシストⅢが、一部のグレードに標準装備化されていないです。

ホンダや日産は標準装備化されていますが、ダイハツとスズキは安価であるがゆえに、標準化が遅れているのが現状になります。

〇車内空間・荷物のスペースが少ない

現在軽自動車でも車内空間を広くして、荷物をたくさん載せることができるスーパーハイトワゴンが人気になっていますが、ムーブに関しては下記のような声があがっています。

「トランクスペースは奥行が足りない」

「最近の軽の中でも車内の空間はやや狭い」

また、”後部座席を倒しても段差ができる、傾斜ができるということで少し使いづらい”という声もあります。

荷物をたくさん載せたい人にはあまり向いていない車になります。

【どれぐらいの価格で購入することができるの…?】

Lグレード

新車 1,030,000円~
中古車 450,000円~
未使用車(新古車) 900,000円~

L“SA Ⅲ“

新車 1,090,000円~
中古車 766,000円~
未使用車(新古車) 980,000円~

Xグレード

新車 1,112,000円~
中古車 679,000円~
未使用車(新古車) 1,000,000円~

Xターボ“SA Ⅲ“

新車 1,250,000円~
中古車 1,054,000円~
未使用車(新古車) 1,110,000円~

新車はグレードがあがっても大きな金額変動はありません。(約3~6万円)

ムーブは、先程お伝えしたように未使用車も中古車も多く流出しています。

そこで注意点としてあげることができるのは、新車・中古車・未使用車(新古車)に限らず、車両本体価格のみで判断するのは高買いする可能性があります。

あくまでも車を買う際は、車両本体価格+α(諸費用や、パック等)の+α部分に注意し、お得にGETしてください!

※記事後半で、親身に相談に乗ってくれる優良な未使用車店舗をご紹介致します。

【ムーブのグレードはどういうものがあるの…?】

ムーブの主要グレードは、標準グレードの「L」と上級グレードの「X」の2種類になり、それぞれ先進安全機能が追加された「L“SA Ⅲ“」「X“SA Ⅲ“」が加わり4つになります。

その他にもターボエンジンを搭載する「Xターボ“SA Ⅲ“」や、2018年に特別仕様車「X“リミテッド Ⅱ SA Ⅲ“」が追加されました。

今回の記事ではメイン仕様の【L・L“SA Ⅲ“・X・Xターボ“SA Ⅲ“】をご紹介し、それぞれどういった方にオススメかも記載致します!

〇Lグレード

ムーブを安価で乗るならこのグレードが一番費用を抑えて購入が出来ます。

内装や快適装備は上級グレードと比較すると省かれており、軽自動車に求められる経済的を追求したグレードになります。

基本的な性能は搭載されているため、費用を抑えてムーブに乗りたい人にはピッタリです。

〇L“SA Ⅲ“

このグレードは「L」グレードの装備内容に加えて、ダイハツの安全運転支援システム「スマートアシストⅢ」が搭載されています。

ムーブを安価かつ、安全機能も搭載されて安心して運転したい人にはおすすめのグレードになります。

*ムーブのスマートアシストⅢは、車両と歩行者を認識する自動ブレーキ、車線逸脱警報機能、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、先進ライト、先行車発信お知らせ機能が含まれます

〇Xグレード

上級グレードの「X」では、プッシュボタンスタートやフロントガラスが99%紫外線をカットするスーパーUV&IRカットガラスなどが搭載されており、快適装備が充実しているのが特徴です。

加えて、運転席シートヒーターも標準装備になるのは大きなメリットです。

外観も「L」に比較すると、LEDランプやアルミホイールになったり、その他オプションも充実しています。

快適に運転を楽しみたい人にはおすすめできるグレードになります。

*X“SA Ⅲ“は「X」にスマートアシストⅢが追加されるグレードで、先進安全機能以外の装備内容は「X」と変わりありません

〇Xターボ“SA Ⅲ“

ムーブで唯一ターボエンジンが搭載されているグレードになります。

装備内容は「X“SA Ⅲ“」と同じです。

このグレードのみ運転席・助手席のサイドエアバックと前後席のカーテンシールドエアバックのオプション追加が可能になります。

走行時のパワーが欲しい方にはこちらのグレードをおすすめします。

【実際に燃費ってどうなの?】

ムーブは、軽自動車の中でもとても優秀な燃費性能を誇ります。

自動車を選ぶ際に燃費に重きをおいている方もいらっしゃると思いますので、カタログ燃費だけではなく、実燃費の方も合わせてご紹介致します!

グレード カタログ燃費 実燃費
L 31.0km/L 19.4km/L~21.7km/L
L“SA Ⅲ“ 31.0km/L 19.4km/L~21.7km/L
X 31.0km/L 19.2km/L~21.0km/L
Xターボ“SA Ⅲ“ 27.5km/L 17.9km/L~19.8km/L

※走行場所(高速道路、住宅街、一般道)によって変動致します。

※実燃費はあくまでも平均値になります。

【よく比較される”ムーブカスタム”って何? ムーブと違うの?】

ムーブと同じ名前が使用され、よく比較されるムーブカスタム。

一緒のように感じますが、ムーブをスタイリッシュでハイパフォーマンスに上位互換したような異なる自動車になります。

ムーブとムーブカスタムの違い

〇外観デザインが違う

まず一番の違いとしてあげられるのが、デザインの違いになります。

カスタムでは、LEDランプが標準装備に変わり、フロントグリルがダークメタリックなデザインでかっこよくなっています。

加えてタイヤも通常のムーブだとホイールカバーもしくはグレードによってはアルミホイールになるのですが、ムーブカスタムでは全グレードでアルミホイールになります。

大人しめなムーブに対して、ムーブカスタムはかなり精悍でかっこよくなっています!

*精悍(せいかん)とは・・・荒々しく鋭いさま

〇価格が違う

RS“ハイパーSA Ⅲ” 1,505,000円~
X“Limited SA Ⅲ” 1,380,000円~
特別仕様車 RS“ハイパーリミテッド SA Ⅲ” 1,505,000円~

〇燃費が違う

グレード カタログ燃費 実燃費
RS“ハイパーSA Ⅲ” 19.5km/L 18.9km/L~
X“Limited SA Ⅲ” 20.7km/L 19.5km/L~
特別仕様車 RS“ハイパーリミテッド SA Ⅲ” 19.5km/L 18.9km/L~

【どういう買い方がオススメなの!?】

ムーブは「未使用車/新古車」で購入するのがマスト!

新車の乗り出し価格は、ムーブ「L」のグレードで100万円を超えてきます…。

新車で購入するメリットよりも、ほぼ新車同様の軽使用車で買う方が価格も安く・お得に購入できます!

また、軽自動車は値崩れも小さいので売る際も損なく売れる可能性が高いです!

普段購入しているディーラーや近くの販売店で妥協して購入しない!

これまで車を購入する際は、お世話になっている近場のディーラーや販売店で購入していた方も多いと思います。決してそれが悪いわけではなく、むしろそういう関係性のある販売店さん/営業マンがいることは素晴らしいことです。

しかし、自動車は新車を除き、市場全体が大きく動くのと同時に価格の変動も激しい商材となります。

そこで重要になるのが、市場に合わせ価格調整し、販売する前に適正な車両価格を設定する優良店を探すことです。

安く買える時期を逃さない!

新車・未使用車(新古車)・中古車全てにおいて安く購入できる時期が実はあります。

それはこちらの記事でも紹介しましたが、1月の初売り決算期になります。

この時期は大量の広告費も掛ける為、広告費用を回収するためにも1台1台の利益は少なくとも「薄利多売」で多くの自動車を安く販売してくれる傾向が強いです。

新しい車を購入するにあたり、不要な車は高く売却する!

車を買い替えようと思っている時は、安い時期や購入する店舗選びだけではなく、「今の車をどれだけ高く売れるか?」も大切なポイントになってきます。

すでにディーラーや販売店に下取りに出している方、近くの買取店で見積を取った方、廃車にしようと考えている方もいるかもしれません。

ただ単に買い取ってもらうだけだと、買取店は、その1台のみで利益を上げようと考える為、高値はつきにくくなってしまいます。

ですが、優良店では新しい車の購入と同時に下取りを出すと、高値で下取ってくれる上に、安値で新しい車を販売してくれます!

【まとめ】

この記事では、女性からの支持が多いムーブのメリットやデメリット、価格、グレードについて紹介いたしました。

ムーブを購入する際の注意点としては、装備や仕様をよく理解した上で、お客様のライフスタイルに合ったムーブを選びましょう!

現在軽自動車を購入検討されている方は、「”ムーブ”」を検討してみてください!

また、軽自動車購入にあたり最も大事なのは店舗選びです!

私たちが厳選した各地域でおすすめの販売店を紹介しますので1度問い合わせしてみてください!

※オススメ掲載店舗は増えていく予定です!

大阪府で未使用車を購入するなら】

https://keinomori.com/

愛知県で未使用車を購入するなら】

http://www.car-hayashi.co.jp/index.html

千葉県で未使用車を購入するなら】

https://kurumahanbai-matsudo.com/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです