永代供養墓を選ぶ理由とは?


以前は先祖代々のお墓を継いでいくのが一般的でしたが、時代の変化とともにお墓の選び方や供養の仕方も多様化してきているようです。今回は、お墓に関するポータルサイト「いいお墓」を提供する鎌倉新書が実施した「第11回お墓の消費者全国実態調査(2019年)」から、永代供養墓を選ぶ理由についてご紹介します。

永代供養墓を選ぶ理由、「子どもに迷惑をかけたくないから」が50.7%

永代供養墓(樹木葬・納骨堂)を購入した人を対象に、一般墓ではなく永代供養墓を選んだ理由について聞いたところ(複数回答)、「子どもに迷惑をかけたくないから」と回答した人が50.7%ともっとも高く、2位は「承継者がいないから」で40.5%、3位は「比較的リーズナブルだから」で33.8%という結果になりました。また、「その他」の理由としては「本人(故人)の希望だから」「管理面で安心だから」という声が上げられていました。

将来的に管理できるか心配な人向けの「永代供養付き一般墓」

お墓の購入者には、「この先管理できるか心配だが、墓石のお墓を持ちたい」と考える人もいるようです。そのようなニーズに応えるため、「永代供養付き一般墓」という、園内にある永代供養墓に改葬されるような一般墓を取り扱う霊園や寺院も存在します。「将来的に承継ができなくなったらどうしよう」とお墓の管理に不安を持つ人にも寄り添うもので、一般墓も選択肢がさらに広がっていることがわかりますね。

調査概要

調査対象:2019年1月~12月に「いいお墓」から資料請求・相談し、お墓を購入した方
調査期間:2020年2月12日~2月20日
有効回答数:550件
調査方法:インターネット調査
調査主体:鎌倉新書
https://www.kamakura-net.co.jp/
※回答率(%)は小数点第2位を四捨五入

(詠葉)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード