【徹底解剖】若い世代で大人気”ハスラー”を未使用車(新古車)で購入するメリット/デメリット

ハスラーは2014年1月にスズキより発売開始されました。

ももいろクローバーZさんがCMしていたのを見かけた人は多いかと思います!

「遊べる軽!」というキャッチコピーで人気を博しました。

ちなみにハスラーは、軽自動車規格としては初となるクロスオーバーSUVモデルで販売され、それまでなかったレジャー志向の軽自動車だったことがユーザーから支持され、スズキの同年軽自動車販売台数No.1の原動力にもなった車です!

しかし、

・なぜこんなに知名度があって、人気なのか?

・他の車と比べて何が良いのか?

・いつどんな買い方で買えばお得なの?

上記のように良くわからない方も多いと思います。

もっと情報を知りたいといった方や、購入を検討されている方に向けて、ハスラーの全てを徹底解剖し、お得な買い方をマイナビライフサポート限定でお教え致します!

未使用車って何?と思われた方は下記の記事を合わせて読んでください≫

今大流行中の未使用車(新古車)とは?メリット・デメリット、購入するべき優良店舗も大公開!

【そもそもハスラーって…?】

軽自動車の中では比較的まだ歴史が浅いハスラーですが、「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」というコンセプトで新しいジャンルのモデルとして注目を浴びました。

個性的でスタイリッシュなボディデザインで街乗りからアウトドアまで使える、高い機能・性能を掛け合わせた車種で男女問わずに人気です。

現在スズキの公式サイトに「あたらしい遊べる軽!ハスラー」と紹介しているように、自分好みのカスタマイズももちろんのこと、車体カラーバリエーションも全26色もあります。

しかも2トーンカラーなので他の人と被ることもすくないのがハスラーの最大の特徴です!

今後も益々軽自動車業界を牽引していく1台になること間違いありません!

【ハスラーの特徴は…?】

勢いのある1台で、男性・女性問わず人気があるハスラー。

新型ハスラーでは全グレードにハイブリッドシステムが採用されており、インテリア、デザイン、走行性能、安全装備も充実しています。

ただ多くの軽自動車はそれぞれの良いところがある一方、悪いところもあるものです。

例えば…

 ・室内はとても狭いが、驚くほど低燃費!

 ・スライドドアがついていて、乗り降りは便利だけど燃費が良くない…

 ・デザインが安っぽい…

等々多くの良いところ悪いところが存在します。

しかしハスラーの最大の特徴としては、そういった何かに偏っているということはなく、全てにおいて万能タイプなのが最大の特徴です!

改良されてきて益々バージョンアップしてきたハスラーですが、より読者様に分かりやすくお伝えするために下記にメリット/デメリットをお伝えします!

購入するメリットは?

〇さまざまなアウトドアに適応できる

ハスラーは自分の趣味や家族でのお出かけなど様々なシーンでシートアレンジが可能です。

一人でサーフィンに行くときは、助手席と後部座席を倒してサーフボードを収納したり、二人でキャンプに行くときは、後部座席を倒してテントやタープ等も収納可能です!

それに加えてBBQ大好きな人であれば、クーラーボックスや食材をたくさん積んでも余裕がでるくらいです。

全席を倒すとフラットシートになるので車中泊もできるため、アウトドア好きにはたまらない車になっています。

〇内装装備が充実

ハスラーには、快適なドライブを楽しんでもらえるように様々な内装装備が充実しています。

また軽自動車には車内の大きさから搭載が難しい運転席の収納BOX付きのアームレストが搭載されています!

アームレストに収納スペースが付いているだけで収納の便利さがかなり変わってきますよね。

後部座席にもパーソナルテーブルが設置されており軽食を置くのはもちろん、ドリンクホルダーが2個付いているのでフラストレーションがたまることなくドライブを楽しむことができます。

〇優れた安全な装備

ハスラーには前方の車をレーザーが検知して自動ブレーキが作動する「レーダーブレーキサポート」機能が搭載されています。

またアクセルとブレーキの踏み間違いによる誤発進抑制機能、急ブレーキ時にハザードランプが高速に点滅して後続車に注意喚起するようになっています。

その他にも軽自動車の2WDでシートヒーターが標準装備されている車種は”ハスラー”のみです!

寒冷地域の運転も苦にならないのは嬉しい装備ですね。

タイヤも15インチを採用しているので、雪道で起伏のある路面の走行にも優秀な車です。

購入するデメリットは?

〇スライドドアがない

ハスラーには現在どのグレードにもスライドドアが標準装備されているものがありません

スライドドアと言えば、小さなお子さんのいる家庭でお子さんを車に乗せたり降ろしたりするときは、スライドドアでないと少し窮屈に感じるケースがあるかと思います。

現状のハスラーは子育て世代ではなく、子供が少し大きくなって家族で出かけたり、まだお子さんがいない家庭に向けた仕様になっているかなと推測されます。

子育て世代には少し向かない車種かと思います。

〇デザインが個性的

シンプルなデザインを好む方であれば、ハスラーの個性的なデザインは好みではないと思います。

ハスラーの購入者は、高い汎用性や安全機能に魅力を感じて購入した人も多いかと思いますが、その人同様にハスラーの”個性的なデザイン”に魅力を感じて購入したユーザーも多くいます。

軽自動車の中で他の人と被らないカラーバリエーションがあるのがハスラーの魅力の一つです。

【どれぐらいの価格で購入することができるの…?】

HYBRID G

 

新車 1,241,000円~
中古車 1,120,000円~
未使用車(新古車) 1,049,000円~

HYBRID G ターボ  

新車 1,327,000円~
中古車 1,215,000円~
未使用車(新古車) 1,148,000円~

HYBRID X

新車 1,380,000円~
中古車 1,290,000円~
未使用車(新古車) 1,287,000円~

HYBRID X ターボ  

新車 1,466,000円~
中古車 1,360,000円~
未使用車(新古車) 1,387,000円~

*HYBRID Gのみスズキセーフティサポート非装着車がありますが金額は省略しております

新車はグレードアップするにつれて約15万円ほど価格があがります。

また各グレードターボエンジンになると約8万円ほど高くなります。

ハスラーは、人気のある軽自動車の1種であることから、未使用車も中古車も多く流出しています。そこで注意点としてあげることができるのは、新車・中古車・未使用車(新古車)に限らず、車両本体価格のみで判断するのは高買いする可能性があります。

あくまでも車を買う際は、車両本体価格+α(諸費用や、パック等)の+α部分に注意し、お得にGETしてください!

※記事後半で、親身に相談に乗ってくれる優良な未使用車店舗をご紹介致します。

【ハスラーのグレードはどういうものがあるの…?】

ハスラー主要グレードを4つ紹介します。

【HYBRID G・HYBRID G ターボ・HYBRID X・HYBRID X ターボ】をご紹介し、それぞれどういった方にオススメかも記載致します!

〇HYBRID G

ハスラーのベースグレードになります。

キーを取り出さなくてもドアの解錠や施錠、キーレスプッシュスタートシステムやワンタッチで簡単に倒せる分割可倒式のリヤシートなど、近年の新型車では欲しい装備は一通りそろっています。

また、安全性能に関してはサポカーSワイドに該当する先進安全性能を搭載しているので安心です。

安価でハスラーに乗りたい人にはピッタリなグレードになります。

*サポカーSワイド:自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライト

〇HYBRID G ターボ

こちらのグレードは「HYBRID G」の内容にターボエンジンの走りをより楽しめるパドルシフトが追加されています。

それに車線逸脱の可能性がある際に支援してくれる、車線逸脱抑制機能と全車速追従式のアダプティブクルーズコントロールが搭載されるのでより安全性を求める方にはピッタリな車です。

〇HYBRID X

HYBRID Gの上級グレードにあたる「HYBRID X」は、LEDヘッドランプやポジションランプが標準装備になり、視認性がグンとアップします。

加えて、フロントガラスやフロントドアガラスがUV&IRカットガラスになり、より車内で快適に過ごせるための装備が充実したグレードになります。

内装もメッキ加飾が行われており、室内空間の質感も向上させています。

快適かつ内装もこだわりたい方にはおすすめできるグレードになります。

〇HYBRID X ターボ

こちらはHYBRID G ターボと同じく”HYBRID X”にパドルシフトと車線逸脱抑制機能、全車速追従式のアダプティブクルーズコントロールが搭載されています。

足回りは15インチのアルミホイールが採用されており、SUVらしい迫力が増した車になります。

SUVに乗りたいけど費用をそこまでかけることができない方には、手を出しやすい価格になっているのでおすすめできる車種です。

【実際に燃費ってどうなの?】

ハスラーは、軽自動車SUVモデルの中でも標準の燃費になります。

自動車を選ぶ際に燃費に重きをおいている方もいらっしゃると思いますので、カタログ燃費だけではなく、実燃費の方も合わせてご紹介致します!

グレード カタログ燃費 実燃費
HYBRID G 25.0km/L 21.2km/L~23.4km/L
HYBRID G ターボ 22.6km/L 19.4km/L~20.9km/L
HYBRID X 25.0km/L 21.2km/L~23.4km/L
HYBRID X ターボ 22.6km/L 19.0km/L~20.4km/L

※走行場所(高速道路、住宅街、一般道)によって変動致します。

※実燃費はあくまでも平均値になります。

【ハスラーの追っかけ?ダイハツ タフトとの違いは?】

2020年にダイハツから登場した「タフト」

見た目はハスラーに似ているところもあれば似ていないところもあるといったところです。

タフトのコンセプト「軽自動車のクロスオーバーSUV」は、ハスラーと同じもの。

バチバチのライバル車”タフト”と”ハスラー”の違いを紹介していきます。

タフトとハスラーの違い

〇ガラスルーフの有無

「ハスラーにはなく、タフトにある」で一番の違いとしては、タフトは全車標準装備となるガラスルーフ「スカイフィールトップ」がついていることです。

明るく圧倒的な開放感を備え、視界も大きく広がります。

UV対策だけでなく、赤外線による室内温度の上昇を防ぐスーパーUV&IRカット機能付きで魅力が大きいのがポイントです。

ただ開閉機能は付いていないようです。

〇リヤシートのスライド機能の有無  

ハスラーのリヤシートは全車標準で左右独立してスライドとリクライニングもできるようになっており、足元のスペースを楽しむことができます。

状況によってフレキシブルに調整可能な点はハスラーのメリットです。

一方タフトは、スライド機能はなく分割可倒のみです。

スライド機能の分はハスラーより劣っているところになります。

ただ、シートバックの上部汚れが拭き取りやすく作られている点は、アウトドア好きな人には嬉しいポイントになるかと思います。

〇価格が違う

ハスラーを意識して登場してきたタフト。

装備が少し違うところもある中で、価格にはどれくらいの違いがあるの気になる方も多いかと思います。

結論、一番高いグレードで比較すると金額差は約6万円タフトが安い金額で設定されています。

ダイハツ側の後発ならではの戦略がこの金額設定になっているのかと推測できます。

【どういう買い方がオススメなの!?】

ハスラーは「未使用車/新古車」で購入するのがマスト!

新車の乗り出し価格は、HYBRID Gのグレードで120万円を超えてきます…。

新車で購入するメリットよりも、ほぼ新車同様の軽使用車で買う方が価格も安く・お得に購入できます!

また、軽自動車は値崩れも小さいので売る際も損なく売れる可能性が高いです!

普段購入しているディーラーや近くの販売店で妥協して購入しない!

これまで車を購入する際は、お世話になっている近場のディーラーや販売店で購入していた方も多いと思います。決してそれが悪いわけではなく、むしろそういう関係性のある販売店さん/営業マンがいることは素晴らしいことです。

しかし、自動車は新車を除き、市場全体が大きく動くのと同時に価格の変動も激しい商材となります。

そこで重要になるのが、市場に合わせ価格調整し、販売する前に適正な車両価格を設定する優良店を探すことです。

安く買える時期を逃さない!

新車・未使用車(新古車)・中古車全てにおいて安く購入できる時期が実はあります。

それはこちらの記事でも紹介しましたが、1月の初売り決算期になります。

この時期は大量の広告費も掛ける為、広告費用を回収するためにも1台1台の利益は少なくとも「薄利多売」で多くの自動車を安く販売してくれる傾向が強いです。

新しい車を購入するにあたり、不要な車は高く売却する!

車を買い替えようと思っている時は、安い時期や購入する店舗選びだけではなく、「今の車をどれだけ高く売れるか?」も大切なポイントになってきます。

すでにディーラーや販売店に下取りに出している方、近くの買取店で見積を取った方、廃車にしようと考えている方もいるかもしれません。

ただ単に買い取ってもらうだけだと、買取店は、その1台のみで利益を上げようと考える為、高値はつきにくくなってしまいます。

ですが、優良店では新しい車の購入と同時に下取りを出すと、高値で下取ってくれる上に、安値で新しい車を販売してくれます!

【まとめ】

この記事では、アウトドア好きな人からの支持が多いハスラーのメリットやデメリット、価格、グレードについて紹介いたしました。

ハスラーを購入する際の注意点としては、装備や仕様をよく理解した上で、お客様のライフスタイルに合ったハスラーを選びましょう!

現在軽自動車を購入検討されている方は、「遊べる軽!ハスラー」を検討してみてください!

また、軽自動車購入にあたり最も大事なのは店舗選びです!

私たちが厳選した各地域でおすすめの販売店を紹介しますので1度問い合わせしてみてください!

※オススメ掲載店舗は増えていく予定です!

大阪府で未使用車を購入するなら】

https://keinomori.com/

愛知県で未使用車を購入するなら】

http://www.car-hayashi.co.jp/index.html

千葉県で未使用車を購入するなら】

https://kurumahanbai-matsudo.com/

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです