自転車保険、実際に入っている人はどれくらい?


自動車保険はテレビCMなどでもよく見かけますが、自転車保険についてはよく知らない、という人もいるのではないでしょうか。自転車保険は、自転車を運転中に事故でけがを負ったり死亡してしまった場合や、他人をけが・死亡させてしまい損害賠償責任を負ったときなどに補償される保険です。では、実際にどのくらいの人が自転車保険に加入しているのか、20代~30代の男女にアンケート調査してみました。

自転車保険に加入している人の割合

Q.自転車保険に加入していますか?

・加入している……42.6%
・加入していない……50.8%
・加入していないが興味はある……6.7%
※有効回答数305件。単数回答式。小数点第二位を四捨五入
※四捨五入の関係で100%にならないことがあります

自転車保険に加入している派の意見

・「自転車でも事故で損害賠償責任が生じる恐れがあると考えている」(男性/39歳/正社員(総合職)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「毎日子どもを乗せているので」(女性/25歳/正社員(総合職)/その他)

・「義務化されているから」(男性/37歳/正社員(一般事務)/技術職(設計・エンジニア))

・「事故に巻き込まれたことを考えると怖いから」(女性/26歳/正社員(総合職)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等))

・「自転車での移動が基本だから。購入時に入るよう勧められた」(女性/29歳/派遣社員/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

日常的に自転車を利用している人は、利用頻度が高い分、事故に遭う確率も上がると考えられます。また、自分が気をつけていても巻き込まれてけがをする可能性もないとはいえないため、加入しておくと安心ですよね。近年は自治体で自転車保険の加入を義務化しているケースも増えており、義務化をきっかけに加入した人もいるようです。

自転車保険に加入していない派の意見

・「今まで事故を起こしたことがないので」(女性/33歳/正社員(一般事務)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等))

・「自転車には乗るが、事故にならない速度で走っている」(女性/27歳/派遣社員/技術職(設計・エンジニア))

・「公共交通機関を利用しての移動が多いから」(女性/27歳/派遣社員/技術職(設計・エンジニア))

・「事故を起こさない自信がある」(女性/34歳/正社員(総合職)/その他)

「あまり自転車に乗らないから保険も不要」「自転車に乗ってはいるが事故を起こしたことがない」などの理由から、加入をしていない人も。必ずしも自転車保険が必要とは考えていない人もいるようです。

まとめ

自転車保険が必要か否か、さまざまな理由が挙がりました。しかしながら、自治体で自転車保険の加入が義務付けられている場合、加入しないまま自転車に乗っていると条例違反行為となる可能性もあります。自転車を利用しているけど保険に入っていないという人は、一度自身の住む地域の自転車保険加入の義務化状況を確認してみましょう。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年5月26日~5月27日
調査人数:305人(22~39歳の男女)

【関連記事】
【PR】自転車保険はクレジットカードがお得!安い保険料で安心の補償

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード