40代の終活でやるべきこと|断捨離やエンディングノートの始め方

「40代で終活はまだ早いのでは?」と思う人もいるかもしれませんね。でも、終活で気になる相続や生前整理など、元気に過ごしている今だからこそ考えておきたいこともあります。

この記事では、40代の終活について、断捨離・生前整理、エンディングノートの始め方を中心に解説していきます。

また、独身の場合と既婚者の場合では、考えておきたい内容も異なるはず。その点も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

40代の「終活」でやるべきこと

40代といえば、仕事で責任ある立場を任されたり、子育て世帯なら成長する子どもと毎日過ごしたりと、まさに現役世代。

そのため、老後や死といったことについてなかなか考える機会がないという人もいるでしょう。

しかし、20代や30代に比べて急激に体力の衰えを感じてくるのも40代。自分の両親の老いも感じ、親の終活を考えることが増える年代でもあります。

そこで、40代の終活としてまず始めてほしいのが、「断捨離・生前整理」と「エンディングノート」の活用です。

断捨離・生前整理

40年以上生きていると、荷物があふれ、不用品の整理が後回しになっている人も多いのではないでしょうか。

不要なものを整理・処分するのは、かなりの気力と体力を要します。まだまだ体が動く40代から始めておきましょう。

断捨離・生前整理は、終活において非常に重要な役割があります。

・家族に残す財産や相続について考えられる
・今後の人生に必要なものを考えられる
・遺品整理の負担を軽減できる

家族に残す財産や相続について考えられる

断捨離・生前整理というと、要らないものを捨てて部屋を片付けるというイメージですが、それだけではありません。断捨離・生前整理をすることで、家族に残す財産を明確にすることができるのです。

財産をより明確にするためにも、預貯金や株式・投資信託などの資産をまとめたり、使っていない銀行口座やクレジットカードの解約をしたり、といったこともしていきましょう。

今後の人生に必要なものを考えられる

断捨離・生前整理は、これからの自分の人生に必要なものなのか、不要なものなのか、じっくりと考える機会にもなります。

不要なものはいつまでも取っておかずに、廃棄したり、リサイクルに出したり、必要とする人にあげたり(売る)と、選択肢はいくつもあります。

遺品整理の負担を軽減できる

断捨離・生前整理をすることで、残された家族の遺品整理の負担を軽減することができます。

例えば、荷物があふれた状態で他界してしまうと、残された人は大量の遺品を「捨てて良いのか、大切なものなのか」と悩むことになります。また、遺品整理会社を利用することになって、金銭的な負担がかかったということにもなりかねません。

少しずつでも断捨離・生前整理を始めてみてくださいね。

エンディングノートの記入

続いて、「エンディングノート・終活ノート」の活用についてご紹介します。

エンディングノートには、下記の内容をまとめておきましょう。

・自分の人生の振り返り
・今後やりたいこと
・親族や友人・知人の連絡先
・不動産の情報
・銀行口座やクレジットカードなどの情報
・保険・ローン・投資などの情報
・パソコンやスマートフォンの情報・保存データ
・SNSのアカウント情報
・さまざまな登録サイトのログインID・パスワード
・葬儀やお墓の希望
・介護が必要になった時の希望
・残された人へのメッセージ

たくさん書くことがありますよね。これを真っ白なノートに書くのは大変です。

最近はいろいろなタイプのエンディングノートが販売されています。市販のエンディングノートには必要な項目が記されていることが多いため、書き方がわからない人におすすめです。

いくつかを見比べた上で、自分が書きやすいエンディングノートを選んでくださいね。

エンディングノートの注意点

エンディングノートには以下の注意点があります。

・金融機関のパスワード情報などに気をつける
・エンディングノートの存在を家族に知らせる

金融機関の口座番号やパスワードなど大事な情報が書かれたエンディングノートは、取り扱いに十分注意しましょう。自宅に泥棒が入り盗難に遭った時のことを踏まえ、2カ所に分けて保管しておくのもおすすめです。

そして、何と言っても大切なのが、「エンディングノートの存在を家族に知らせる」ということです。

しっかりと書いたエンディングノートでも、残された家族に知ってもらえなければ意味がありません。保管場所を忘れずに伝えておきましょう。

家族と一緒に話し合う

エンディングノートを書いたり、生前整理を行ったりすることは、家族や両親と終活について話し合うチャンスでもあります。

家族の協力がなければ実現しないものは1人で決めないで、必ず相談しておきましょう。

終活は自分のためであることはもちろん、家族のためでもあります。終活をきっかけに、これからの人生の過ごし方を家族で話し合ってみてくださいね。

終活世代の両親と考える40代の終活

40代の親世代に多い60~70代になると、体力や健康面などが衰えてきて、自分たちで動くのが難しくなってきます。

自分の終活はまだ早いと思っている人でも、両親の老後について考えるケースも多いのではないでしょうか。

40代は両親の終活を考えることも大切です。自分の終活とともに、ご両親のことや実家の今後についても話し合っておくと良いですね。

終活について話をする

とはいえ、終活を考えていない両親に対し、終活の話はしづらいですよね。しかし、「自分が終活を始めたから」というきっかけがあれば、話題に出すのは難しくなくなります。

・介護や入院・認知症になった時のこと
・希望する葬儀の方法
・お墓の有無(墓じまいの検討)
・実家のリフォームや売却

これらは、両親が他界した後は自分や兄弟が行うことになります。

いつかは話をしておかなくてはいけない内容です。自分の終活を機にぜひご両親と話してみてくださいね。

エンディングノートを作る

一緒にエンディングノートを書くことを提案してみても良いかもしれません。

親にもエンディングノートを記入してもらうことで、資産状況や老後の資金の有無を確認することができます。

さらには、相続のもめごとを減らすきっかけにもなるでしょう。

お互いにエンディングノートを書くことで、医療・介護の希望、延命治療についてなど、今まで聞くことがなかったような話題も、話しやすくなりますよ。

葬儀やお墓について話し合う

お葬式を家族葬のような規模にするのか、一般的な葬儀で友人や知人にも見送られたいのかなど、希望があれば聞いておきましょう。

また、誰を呼ぶのか、誰に連絡をするのかを確認しておくと、いざという時に助かります。困った時に相談に乗ってくれそうな人も聞いておくといいでしょう。

お墓の希望や管理についても話しておきましょう。

・今あるお墓を使うのか新たに購入するのか
・菩提寺との付き合いは?
・両親が他界した後のお墓の管理について

こうした話し合いをしておくと、「自分が将来、実家に住んでお墓を守るのか」「別の場所に住む場合、お墓の管理はどうするのか」といった、将来の具体的なプランを考えるきっかけにもなりますよ。

実家の整理・相続について考える

断捨離・生前整理を親と一緒にすることは、お互いで財産を確認することができますし、親が他界した後の片付けの負担も軽減されます。

また、家そのものについても考えておきましょう。

リフォームして住み続けるのか、いずれは売却するのか、といった今後のことも家族で話し合ってくださいね。

「おひとりさま」だからこその終活

既婚者の場合、「残された家族のため」という視点でも終活を考えていきますが、独身の人の終活は既婚者とは多少異なってきます。

ここからは、独身の40代「おひとりさま」の終活について解説します。

もしもの時に連絡できる人は?

独身の人の場合、「自分がもしもの時に頼れる人はいるのか?」といった、今の人間関係を再確認する必要があります。

頼れる親族や知人などがいない場合は、葬儀からお墓に入るまでの手続きなどを代行してくれる「死後事務委任契約」や「生前事務委任業務」「任意後見業務」などを生前契約することも考えなくてはいけません。

「死後事務」とは、他界した後のお墓に入るまでのさまざまな手続きや、関係機関への通知、部屋の退去、遺品整理などを、故人や親族に代わって行うことです。

弁護士や司法書士、民間の企業やNPO法人などが「死後事務」のサービスを提供しています。

また、「生前事務委任業務」は、介護施設や入院の際に必要となる身元保証が得られ、「任意後見業務」では、財産管理なども依頼できます 。

このように、独身者の終活では、他界した後だけでなく、生きている間でもさまざまなサポート体制を自分で考えなくてはいけません。

入院や介護が必要になった時のことを考えておく

いつまでも元気でいられれば良いのですが、突然病気や事故で入院することになったり、介護が必要になったりする可能性もあります。

認知症など自分の判断能力がなくなってしまうような病気も想定しなくてはいけません。

そのため、入院時の身元を保証してくれる第三者や、身元保証サービスへの依頼なども考えておくと良いでしょう。

また、医療保険や生命保険は、現在の状況に合わせて見直すことが大切です。無料相談できる相談窓口などを活用してくださいね。

老後のことを考えておく

独身の人の場合、老後に身寄りが亡くなってしまう可能性も考えておかなければいけません。

元気なうちに、老後の生活支援や介護施設の制度を調べたり、地域支援サービスを確認したりしておくようにしましょう。

資産を見直す

また、老後のことを考える際には、自分の老後にどのくらいの資金が必要なのかを考えることも大切です。

「自分には財産がないから関係ない」などと思わず、遺言書の作成も検討しましょう。残された家財道具の処分方法や、ペットの引き取り手なども、心も体も元気なうちに考えておきたいですね。

終活を進めていくと、老後の資金が、自分で思っていた以上に必要だと感じるかもしれません。今後必要になる資金を準備するためにも、計画的に貯蓄・資産形成するように心がけましょう。

独身限定の終活イベントに参加する

終活の認知度の上昇に伴い、最近ではさまざまな終活イベントが開かれるようになっています。

中には、独身限定の終活イベントもあるようですので、情報収集のために参加してみるといいでしょう。

まとめ

40代になると、それまでの若い頃よりも終活の必要性を現実的に感じてくると思います。また、自分だけでなく、親の終活が身近に感じてくる世代でもあります。

葬儀やお墓など、親が他界した後の手続きだけでなく、もしも自分が看病や介護が必要になった時に家族の負担を軽減するための手段として、終活を始めてみてはいかがでしょうか。

今後の人生をどのように過ごしていきたいのか、そのためには老後資金がどれくらい必要なのかも、今から考えておけば安心です。

終活を通して自分の人生を振り返り、将来何をしたいのか、老後の計画を立ててみてくださいね。

(八葉)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード