ネット銀行を利用するメリット4選


キャッシュレス化が進む現代社会において、インターネットで取引ができるネット銀行も浸透しつつありますよね。ただ、実態がよくわからないために利用するのをためらっている人も少なくないでしょう。そこで今回は、ネット銀行を利用するメリットについてアンケートで聞いてみました。

直接銀行に行く必要がなく、いつでも取引できる

・「銀行に行く手間がなく、並ばなくていい」(男性/35歳/公務員・団体職員/その他)

・「いつでも手軽に取引できる」(女性/39歳/正社員(一般事務)/秘書・アシスタント職)

パソコンやスマホを使ってネット上で取引ができるネット銀行は、場所と時間を選ばずに24時間365日取引が可能です。銀行の営業時間内に行くことができない人や、ATMに行く時間のない人にとっては、大きなメリットといえるでしょう。

金利が比較的高い

・「金利が高い」(男性/23歳/正社員(総合職)/営業職)

・「金利が高い。ポイントがたまる」(女性/28歳/正社員(総合職)/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

ネット銀行は都市銀行などと比較して、普通預金や定期預金の金利が高い傾向にあります。都市銀行はどの銀行も低金利で横並びになっていますが、ネット銀行は銀行ごとに金利に違いがあり、また、取引に応じたポイント還元サービスを実施しているネット銀行もあります。

通帳記帳が不要で、いつでも残高が確認できる

・「通帳記入に行かなくていい」(女性/33歳/派遣社員/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「残高確認がいつでもできる」(男性/39歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

預金通帳に通帳記入をして残高を確認する手間がないのも、ネット銀行のメリットのひとつ。リアルタイムでいつでも残高を見ることができ、不足している場合でもすぐに入金することが可能。また、過去の入出金の履歴もすべてネット上で確認することができます。

各種手数料が安い

・「手数料が安い」(女性/36歳/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

・「振込手数料が通常よりも安い」(男性/37歳/正社員(総合職)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

都市銀行などの振込手数料が高いと感じている人は多いのではないでしょうか。ネット銀行では振込手数料が格安なうえ、条件を満たせば無料になったり、割引になったりするサービスを用意している銀行もあります。また、ネット銀行の多くが提携しているコンビニのATMから入出金ができ、手数料無料などのサービスを実施しています。

まとめ

銀行の窓口やATMに出向かなくても、パソコンやスマホから簡単に取引ができるネット銀行。多くの人が、ネット銀行にメリットを感じているようです。ネット銀行は銀行ごとにサービスが異なりますので、比較検討したうえで上手に活用してみましょう。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年4月13日~4月14日
調査人数:308人(22~39歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード