意外とたまる! みんながやっている「ポイ活」4選


普段の買い物の支払いなどの際に得られるポイントを上手にためたり、使ったりする「ポイ活」が注目を集めています。しかし、いざポイ活を始めてみても、なかなかポイントがたまらないと感じている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、実際にたまって活用できているポイ活について、アンケートで聞いてみました。

ポイントがたまるクレジットカードを利用する

・「買い物などはポイントがたまるカード支払いにする」(男性/39歳/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

・「公共料金の支払いを同じクレジットカードで引き落とす。ポイントがたまりやすい」(女性/39歳/パート・アルバイト/その他)

ポイ活の定番ともいえるのが、現金で支払うより多くのポイントを得られるクレジットカードの利用。コンビニやスーパーなど日常の買い物をするときはもちろん、水道光熱費などの公共料金もクレジットカード払いにすれば、毎月自動的にポイントがたまっていくようです。

ポイントサイトを利用する

・「複数のポイントサイトを利用する。ECサイトを経由してネットショッピングをする」(女性/28歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「ネットでの買い物をすべてポイントサイト経由にする」(男性/35歳/起業/クリエイティブ職)

ポイントをためることで小遣い稼ぎができ、お小遣いサイトとも呼ばれているポイントサイト。ネットで買い物などをする際、サイトから直接購入せずにポイントサイトを経由するだけでショップのポイントとポイントサイトのポイントを二重取りできることも。そのほか、アプリのダウンロードや動画の視聴、広告のクリックなどをするだけでもポイントをためられるポイントサイトもあります。

QRコード決済を利用する

・「QR決済。ポイント還元率が良い」(女性/31歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「買い物をほとんどQR決済で済ませているので、使っていない人と比べたらすごい差がついていると思う」(男性/37歳/派遣社員/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

QRコードやバーコードでキャッシュレス決済できるペイアプリでもポイントをためることができます。コンビニやスーパーだけでなく、個人商店などでも利用できるお店が増え、どんどん使いやすくなっていますよね。ポイントの二重取りやキャンペーンなどを上手に利用してポイントをためている人も多いようです。

モニターサイトを利用する

・「アンケートモニター。ちりも積もれば山」(女性/23歳/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

・「アンケートでのポイ活。答えるだけでポイントがもらえるから楽」(女性/27歳/パート・アルバイト/その他)

モニターサイトにある商品やサービスについてのアンケートに答えてポイントをためる方法も。1件のアンケートに答えて付与されるポイントは、日常の空いた時間を使ってこまめに参加すれば、少しずつでもポイントを増やしていけるでしょう。

まとめ

日常の買い物でもポイントをためることができる「ポイ活」。無理なく副収入が稼げると、副業として始める人もいるようです。お得な情報を集めていけば、より効率的にポイントを増やしていくこともできそうですね。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年4月13日~4月14日
調査人数:308人(22~39歳の男女)

【関連記事】
【PR】クレジットカードのポイント還元率とは!?高還元率クレジットカード特集

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード