お金がたまらない人の財布に見られる共通点3つ


お財布は、その人のお金に対する姿勢を反映するともいわれているようです。実際に、人の財布を見て、「これではお金がたまらないよね」と思ったこともあるでしょう。そこで今回は、お金がたまらない人の財布に見られる共通点をアンケートで聞いてみました。どのような財布が「お金のたまらない財布」と思われるのか、その理由もチェックしてみてください。

レシートでいっぱいの財布

・「レシートでパンパンの財布。どこで何を買ったかすぐにわからず、割引券なども紛失しやすいため」(女性/36歳/パート・アルバイト/その他)

・「レシートがパンパンに入ったままだと、収支の把握ができていない」(女性/34歳/パート・アルバイト/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等)

・「レシートがたくさん入っている。整理整頓ができないのにお金を管理できるのか、と思う」(女性/23歳/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

何となく入れたレシートがそのまま財布の中にたまっていませんか?これでは、財布の中にある現金が見えづらく収支の管理がしにくいのでは……と思われることがあるようです。お金の収支管理ができていないと、その月の出費が把握できず、使い過ぎてしまう危険があります。レシートをとっておくのであれば、どこかにまとめて定期的に見直し、無駄な買い物がないかをチェックするといいかもしれませんね。

大枚入りの財布

・「大量の現金が入っている。決済が効率化、多様化した今、大量の現金を持ち歩いているということは世の中の流れについていこうとせず、ただ見えっ張りなだけ。そのような人はおそらくお金がたまりにくい人だと思います」(男性/39歳/正社員(総合職)/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他))

・「使う分だけを入れているのではなく、たくさんのお金を入れている。無駄遣いをしてしまいそう」(女性/34歳/正社員(一般事務)/営業職)

・「現金がたくさん入っている。あると思うと使ってしまいそう」(男性/39歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

普段から財布にお金がないと不安だという人もいますよね。しかし万が一、財布を落としたとき、現金だと盗難されるリスクが高まります。また、財布の中のお金が余分にあると無駄遣いが増えてしまう可能性も。もし多くの現金を持ち歩くなら、小分けにしてみるといいかもしれません。

クレジットカードの管理がずさんな財布

・「クレジットカードがたくさん入っている。カードの管理ができていないと支出の管理もしにくいから」(女性/37歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「いくら入っているか、確認していない状態の財布。出入りがどのくらいか、クレジットカードも含めて把握できていない、とか」(女性/37歳/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

・「クレジットカードを使い過ぎて、お金の管理ができていないこと」(女性/24歳/正社員(一般事務)/営業職)

複数のカード会社から支払い明細や請求書が届くとなると、見るのも面倒になりますよね。ついつい放置して、使用金額もチェックしていない、なんてことはありませんか?クレジットカードを利用することはメリットもありますが、使った金額はしっかりチェックしておかないと収拾がつかない事態になってしまう可能性も……。クレジットカードの利用は支出の管理ができる範囲にしておきたいものです。

まとめ

財布の中身で、お金の収支をちゃんと把握している人かどうか判断されることもあるようです。気にしない人にとっては怠りがちなお金の収支管理ですが、身近な財布の中身からなら始めやすいのも確か。アンケート結果を参考に、管理しやすい財布を目指してみませんか。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年4月13日~4月14日
調査人数:308人(22~39歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード