みんなの月々の医療保険支払額


突然のけがや病気……予測することのできない医療費は、時に大きな負担となりますよね。そんな負担を軽くしてくれるのが医療保険ですが、その支払額が大きいと、家計の負担になってしまいがち。では、世の中の人はどれくらいの額を医療保険にまわしているのか、みなさんの声を聞いてみました。

月々の医療保険支払額

Q.毎月の自身の医療保険の支払額はいくらですか?

・1,000円未満……12.3%
・1,000円以上~3,000円未満……15.4%
・3,000円以上~5,000円未満……21.1%
・5,000円以上~1万円未満……23.7%
・1万円以上~2万円未満……21.5%
・2万円以上~3万円未満……3.5%
・3万円以上~5万円未満……1.8%
・5万円以上~10万円未満……0.4%
・10万円以上……0.4%
※有効回答数228件。単数回答式。小数点第二位を四捨五入
※四捨五入の関係で100%にならないことがあります

「5,000円以上~1万円未満」が最多、医療保険未加入も2割以上

医療保険の支払額では「5,000円以上~1万円未満」が23.7%でもっとも多い結果となりました。ただ、前後の「3,000円以上~5,000円未満」と「1万円以上~2万円未満」も数字に差がなく、このあたりが相場といえそうです。

医療保険に入ったきっかけは

医療保険の支払額が「5,000円以上~1万円未満」であれば、月々の負担も重くはならないと感じている人も多いようです。では、医療保険に加入している人たちは、どのようなきっかけで医療保険に加入したのでしょうか。

・「子どもが生まれて保険を見直した際」(男性/37歳/正社員(総合職)/技術職(設計・エンジニア))

・「結婚することが決まったから妻が保険を見直したときに一緒に入った」(男性/37歳/公務員・団体職員/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等))

・「結婚したけど、出産で起こるトラブルも考えられるため」(女性/26歳/パート・アルバイト/その他)

・「婦人科系の病気になったため」(女性/39歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「持病があり、入院したことがあったから」(女性/35歳/正社員(総合職)/営業職)

・「学生の頃は親が加入してくれていたが、就職したことで自分のことは自分でしないと、と思うようなった」(女性/39歳/パート・アルバイト/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等))

・「社会人になったタイミング」(女性/27歳/嘱託・契約社員/販売職・サービス系)

・「職場の方が保険会社に勤めている知り合いを紹介してくれたから」(女性/37歳/正社員(一般事務)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等))

・「ローンを組むときに銀行の勧めで」(女性/34歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

医療保険に入ったきっかけとして、さまざまな回答がありました。結婚や社会人になったタイミングなど、ライフスタイルが変わったことを機に、保険に加入するケースがみられるようです。特に、家族ができると家庭に影響を及ぼさないよう、保険を見直す人もいるかもしれません。

まとめ

元気で健康に不安がないうちはあまり意識することのない医療保険。今回のアンケートでは、実際医療保険に入っていないという回答もみられました。医療保険の保障も保険によってはさまざまなので、すでに加入している人、これから入る可能性のある人は、本当に入っていて安心できる医療保険か、金額に見合っているかなど、しっかり検討してみるといいでしょう。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年4月24日
調査人数:228人(22~39歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード