お金を払って家事を依頼する「家事代行サービス」、利用者の割合は?


近年、さまざまな代行サービスが展開していますが、その中の1つ、家事代行サービスはその名の通り、掃除や食事の支度といった家事を代行してくれるサービスです。実際、どのくらいの家庭が家事代行サービスを利用しているのでしょうか。既婚男女を対象にアンケート調査してみました。

家事代行サービスを利用したことがある家庭の割合

Q.家事代行サービスを利用したことはありますか?

・ある……10.9%
・ない……89.1%
※有効回答数321件。単数回答式。小数点第二位を四捨五入

まだ浸透していない? 利用者はおよそ1割

20代~30代の既婚男女で、家事代行サービスを利用したことがあると回答した人は10.9%でほぼ1割。まだまだ家事代行サービスは世の中に浸透しているとはいえないようです。

利用者が感じる、家事代行サービスのメリット

そもそも日常的に家事をしている人は、家事代行サービスにお金を出すことに抵抗があるかもしれません。続いて、家事代行サービスの利用者はどのような点にメリットを感じているのか聞いてみました。

時間や心に余裕ができる

・「少しでも自分の自由に使える時間がその分増える」(女性/36歳/自営業・フリーランス/経営・コンサルタント系)

・「自分の時間が持てる」(女性/27歳/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

・「ゆとりができる」(男性/26歳/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

時は金なり、と言いますが、お金と同じくらい時間も有効に使いたいですよね。「家事を代行業者に任せて時間の余裕が欲しい」と考える人が、家事代行サービスを活用しているようです。時間にゆとりができることで、心のゆとりにもつながるのかもしれません。

プロの技術で仕上げてもらえる

・「自分でやるよりきれいにしてくれる」(女性/39歳/派遣社員/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「普段行き届かないところまでしてもらえる」(女性/36歳/主婦/その他)

・「エアコンの掃除をお願いしました。自分で掃除できないので助かります」(女性/39歳/パート・アルバイト/その他)

家事代行業者はプロなので、自分が家事をしたときよりも精度の高さが期待できます。徹底的に家の中をきれいにしてもらいたい、自分で普段できない部分を頼みたい、といったときに家事代行サービスを利用する人もいるようです。

まとめ

普段できない部分をきれいにしてもらえる、業者に頼むことで時間や心に余裕ができる、などの点が家事代行サービスの魅力的な部分のようです。大掃除の時など、特別な日に家事代行サービスを利用してみるのもいいかもしれませんね。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年5月26日
調査人数:321人(22~39歳の男女)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード