長続きするカップルのLINEの特徴3選


大好きな彼女とは、末永く交際し、いつまでも仲のよいカップルでいたいですよね。カップルがお互い信頼し合い、仲のよい関係でいるためにはいくつもの秘訣があるようです。今回は、長続きするカップルに共通するLINEの使い方・ポイントをご紹介します。

まめにLINEする

・「こまめにやり取りする、お互いの気持ちを考えて相手も安心するだろうから」(33歳/主婦/その他)

・「あいさつを毎日欠かさない」(39歳/主婦/その他)

・「まめな連絡報告や相談がある」(37歳/嘱託・契約社員/販売職・サービス系)

まめに連絡を取り合っていると、いつも一緒にいるような幸福感や安心感がありますよね。お互い安心できることは、交際していくうえでとても大切。心地よい関係が築きやすくなります。毎日のおはよう、おやすみLINEは賛否両論あり必ずしもよいとは限りませんが、こまめな状況共有はしたいですね。

束縛し過ぎない

・「返信を求めない」(35歳/主婦/その他)

・「お互いに干渉し過ぎない」(23歳/正社員(一般事務)/営業職)

・「連絡を取り合うが束縛しない」(38歳/パート・アルバイト/その他)

まめに連絡を取り合っていても、早急な返信を求めたり、お互いの生活に踏み込み過ぎたりしないのが、長続きするカップルの鉄則のようです。「返信しなきゃ!」「返信が来ない!」といったLINEのストレスがあると、次第に相手にもストレスを抱くようになりかねません。「返信なかったけど何してたの?」なんて質問はご法度です。

感謝を伝える

・「日々感謝の気持ちを伝えてあっている」(32歳/パート・アルバイト/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等))

・「ありがとうを言う」(32歳/正社員(一般事務)/販売職・サービス系)

交際が長くなると、相手に気持ちを伝えることもいい加減になりがち。意識して気持ちを伝える機会を設けたいものです。特に、「ありがとう」という言葉は相手をとても幸せにします。その幸せのキャッチボールが、カップルを長続きさせるのでしょう。

まとめ

放置しすぎず、かといってべったりになりすぎず、がカップルの理想の関係のようです。ただ、感覚というのは人によって個人差があり難しいですよね。LINEのベストな頻度やタイミングも彼女と彼氏で違うこともあります。連絡を取り合いながら、お互いが心地よい距離感をつかんでいけるとよいですね。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2019年12月25日
調査人数:360人(20~39歳の女性)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード