楽天銀行カードローンの金利を解説! キャンペーンや引き下げ方法も

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の金利は、年率1.9%~14.5%。数字だけで見ると銀行カードローンの中では金利は高くもなく低くもなく、平均的です。

そのため、借り入れしたくなる特徴がないように思ってしまいますが、楽天銀行のカードローンの魅力は、キャンペーンや楽天スーパーポイントにあります。また、各利用限度額の金利幅の下限金利が適用されると、実は低金利です。

今回は、そんな楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の金利やキャンペーン、ポイントについて解説していきたいと思います。金利の引き下げ方法や、利息を減らす方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の公式HPへ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の金利を他行と比較!

まずは、他の銀行カードローンと金利を比べてみましょう。

銀行カードローン 金利 最高限度額
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 年1.9%~14.5% 800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 年1.8%~14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0% 800万円
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5% 800万円
住信SBIネット銀行カードローン 年1.59%~14.79% 1,200万円
オリックス銀行カードローン 年1.7%~17.8% 800万円
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」 年2.2%~17.5% 800万円
イオン銀行カードローン 年3.8%~13.8% 800万円

表で確認してみると、「楽天銀行スーパーローン」の金利はこの中でも平均的で、低金利とは言えません。

借入限度額によって変動する金利

楽天銀行カードローンでは借入限度額によって8段階に分けて金利が設定されています。

利用限度額 金利
800万円 年1.9%~4.5%
600万円以上800万円未満 年3.0%~7.8%
500万円以上600万円未満 年4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 年4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 年4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 年6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 年9.6%~14.5%
10万円以上100万円未満 年14.5%

参考:楽天銀行スーパーローン 商品概要説明書
※10万円単位で選択

金利は、楽天会員の人も非会員も同じ設定になっています。

利用限度額内の下限金利が低いのが特徴

楽天銀行カードローンの金利は他行と比較したときには平均的に見えますが、利用限度額内の下限の金利は、他行より低く設定されています。

例えば、利用限度額が200万円以上300万円未満の場合の金利は6.9%~14.5%。利用限度額ごとに定められている金利の幅の下限の金利(6.9%)は、他行に比べると低金利なのです。

ただし、金利の幅の中で、実際に何%を適用するかは審査結果によって決定されるため、利用限度額が200万円以上300万円未満で上限の14.5%に設定されてしまうと、他行よりも高い金利になってしまいます。

「楽天銀行スーパーローン」の金利は、「利用限度額内の下限に設定されると好条件ですが、上限に設定されると高い金利となってしまう」という特徴があると言えます。

ただ、初めて楽天銀行カードローンを利用する場合、信用や支払い実績がなく、よほどの高収入でない限り100万円未満からスタートしますので、14.5%からのスタートと考えておいたほうがいいでしょう。

楽天銀行カードローンの魅力はキャンペーンとポイント

「楽天銀行スーパーローン」は、金利の幅の下限に設定された場合の金利だけでなく、キャンペーンやポイントも魅力です。

金利半額キャンペーンがあるって本当?

「楽天銀行スーパーローン」では、不定期で金利半額キャンペーンが実施されています。

キャンペーン期間中に楽天銀行カードローンに申し込むと、キャンペーン終了までの間は、審査で設定された金利が半額になるというキャンペーンです。年率1.9%~14.5%の金利が、0.95%~7.25%になります。

期間終了後の借入残高に対しては通常の金利が適用されますが、申し込み時期がキャンペーンと重なると低金利で借り入れができます。

注意してほしいのは「申込期間」と「金利半額キャンペーン適用期間」が異なるということと、申し込みページからのみキャンペーン適用となることです。

30日間無利息サービスについて

楽天銀行の口座を持っていない人が楽天銀行カードローンの申し込みと同時に口座の開設をし、返済口座に楽天銀行を指定した場合は、30日間無利息で借り入れすることができます。

無利息期間は初回借入日の翌日から30日。30日間は、利用限度額内であれば何度借り入れしても利息はかかりません。期間経過後は設定された通常の金利がかかりますが、30日間の無利息は大きいですね。

すでに楽天銀行の口座を持っている人、また「楽天銀行スーパーローン」は申込済みで後から楽天銀行の口座を開設する人には適用されません。

新規申し込みでもらえる楽天スーパーポイント

楽天銀行カードローンの申込時に、「楽天会員情報を引き継いで申し込みした人」または「楽天スーパーポイント口座を登録した人」は、楽天スーパーポイントが1,000ポイントもらえます。

ただし、有効期限が付与日の月末から15日間の期間限定ポイントですので、気をつけてください。また、特典の対象とならない申し込み方法があります。申込時のページに特典についてのお知らせがあるか確認してください。

借入残高に応じてもらえる楽天スーパーポイント

「楽天銀行スーパーローン」の利用で、楽天スーパーポイントがプレゼントされます。もらえる楽天ポイントは、借入残高に応じて最大30,000ポイント。以下の表で確認してください。

入会月の翌月末時点の利用残高 もらえるポイント
20万円以上30万円未満 500ポイント
30万円以上50万円未満 1,000ポイント
50万円以上80万円未満 2,000ポイント
80万円以上100万円未満 3,000ポイント
100万円以上200万円未満 10,000ポイント
200万円以上300万円未満 12,000ポイント
300万円以上400万円未満 15,000ポイント
400万円以上800万円以下 30,000ポイント

参考:楽天銀行スーパーローン(カードローン)「特典2 さらにご利用で楽天スーパーポイント最大30,000ポイントプレゼント」

※特典の対象とならない申し込み方法があります。申込時のページに特典についてのお知らせがあるか確認してください
※申し込み・入会時に「楽天会員情報を引き継いで申し込みされた方」または「楽天スーパーポイント口座を登録された方」が対象
※「スーパーローン」に申し込み・入会した上で、提携ATMで借り入れ、またはインターネット、電話で振り込み融資を利用した人が自動的に対象。申込日にかかわらず、口座に着金した日が特典対象期間中の場合に限り、対象となります
※入会日から入会月の翌月末までに一括返済および増額返済した場合は対象外
※楽天スーパーポイントは、入会月の翌々月末に付与されます
※入会の翌月末までに支払日がある場合は、返済後の借入残高に対して付与されます

ポイントは毎月もらえるわけではなく1人1回限り、もらえる楽天スーパーポイントは付与日の月末から15日間の期間限定ポイント、などの制限はありますが、楽天市場などで利用できるポイントがもらえるのはうれしい特典ですね。

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の公式HPへ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」の金利と利息を確認

それでは、楽天銀行カードローンの具体的な金利と利息を見ていきましょう。

金利と利息の計算について

お金を借りると、一般的には借り入れした金額に加えて「利息」を支払います。利息はお金を借りた対価として支払う金額です。

車を借りたり、賃貸住宅に住んだりすると料金を支払いますが、利息はお金を借りたことに対して支払う料金です。

そして、この利息をどれくらい支払うか計算するために使うのが金利です。借りたお金に対する利息の割合が金利となります。

例えば、「年利6.9%」なら、借りた金額に対し年間6.9%の利息を支払う必要があるということです。

利息の計算式

借り入れしたお金×金利(%)÷365日×借り入れ日数=利息

【7日間の利息の計算】
借り入れしたお金×金利(%)÷365日×7日=7日分の利息

5万円を借り入れして、毎月1万円を返済した場合の総支払額

上記で紹介した計算式に基づいて利息を計算するわけですが、カードローンのように分割で支払う場合は、2カ月目からは以下の計算式になります。

【借入残高×金利(%)÷365日×借り入れ日数=利息】

借り入れしたお金に対して利息を支払うのではなく、借入残高に対する利息を計算しなければいけません。また、毎月返済をすると借入残高は減少するため、支払い利息の額も減っていきます。

それでは、金利が年14.5%の人が5万円を借り入れして、毎月1万円の返済をした場合の利息と総返済額を計算してみましょう。

50,000円×14.5(%)÷365×30.4=604円(1カ月目の利息)
50,000円-10,000+604=1カ月目返済後の残金40,604円

40,604×14.5(%)÷365×30.4=490円(2カ月目の利息)
40,604円-10,000+490=2カ月目返済後の残金31,094円

31,094円×14.5(%)÷365×30.4=376円(3カ月目の利息)
31,094円-10,000+376=3カ月目返済後の残金21,470円

21,470円×14.5(%)÷365×30.4=259円(4カ月目の利息)
21,470円-10,000+259=4カ月目返済後の残金11,729円

11,729円×14.5(%)÷365×30.4=142円(5カ月目の利息)
11,729円-10,000+142=5カ月目返済後の残金1,871円

1,871円×14.5(%)÷365×30.4=23円(6カ月目の利息)
1,871円+23=1,894円 完済

金利が年14.5%の人が5万円を借り入れして、毎月1万円を返済した場合、支払期間は6カ月、支払利息は1,894円、支払総額は51,894円となりました。

※小数点の処理の違いで、実際の利息や支払総額に誤差が出る可能性があります
※計算上、1カ月は365日÷12カ月として30.4日で試算しています

上記が利息の計算方法となりますが、「楽天銀行スーパーローン」では、残高に応じた毎月の返済額が決まっています。返済方式は「残高スライドリボルビング返済方式」となっています。

【残高スライドリボルビング返済とは】
残高スライドリボルビング返済(リボ払い)とは、利用残高に応じた一定の金額を返済する方式です。
利用残高ごとに返済する金額を楽天銀行が設定していて、利用残高が少なければ毎月の返済額も少なく、利用残高が多ければ毎月の返済額も増えていきます。

利用残高 毎月のローン返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円
500万円超600万円以内 60,000円
600万円超700万円以内 80,000円
700万円超800万円以内 100,000円

参考:楽天銀行スーパーローン 商品概要説明書

楽天銀行カードローン公式HPで返済額のシミュレーションが可能

「楽天銀行スーパーローン」の公式HPでは、返済のシミュレーションができます。

楽天銀行カードローンで決められている毎月の返済額で返済した場合に「支払回数」と「総支払額」を調べられます。

毎月決められている返済額以外に臨時返済をしていく場合の計算はできないので、臨時返済した場合はそのつど借入残高を入力してシミュレーションしなければいけません。

楽天銀行カードローンの公式HPでシミュレーションする

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の金利引き下げ、利息を減らす方法

一般的に以下の3つの方法を行うことで、カードローンの金利を下げたり、利息を減らしたりすることができます。

・増額して金利を引き下げる
・借入限度額の金利幅の下限にする
・臨時返済して利息を減らす

ひとつずつ、順番にご紹介します。

増額して金利を下げる

この記事の前半で紹介した通り、利用限度額が増えると金利は下がります。

利用限度額が上がると借り入れも増やさなければいけないのでは……と思われそうですが、実際の借入額を増やす必要はありません。

つまり、増額申請をして利用限度額を増やすことで、実際の借入金額が変わらなくても、金利を下げることが可能なのです。

例えば、30万円を借り入れする場合に、利用限度額が300万円以上350万円未満の人と、200万円以上300万円未満の人とでは、適用される金利が変わります。

ただし、利用限度額の増額には審査があり、必ず増額できるとは限りません。また、増額申請をする前に注意するべきこともあります。

こちらの記事で増額について詳しく説明しています。

>>楽天銀行カードローンの増額はすぐできる? 申請の方法と注意点

借入限度額の金利幅の下限にする

200万円以上300万円未満 年6.9%~14.5%

上の表は、利用限度額が200万円以上300万円未満の場合の金利です。

「楽天銀行スーパーローン」はこのように利用限度額ごとの金利の幅が大きいのが特徴です。

この6.9%~14.5%の金利の幅ですが、実際に何%を適用するかは審査結果によって決定されます。契約直後のタイミングはまだ信頼関係が築けていないため、上限に設定されることが多いと言われています。

決められた金利の幅より下げることはできませんが、自分自身の利用限度額内の金利の幅の下限にしてもらえるように申請することは可能です。

例えば、年14.5%で上限の金利に設定されている場合、カードローン専用窓口(0120-730-115
受付時間 平日9:00~17:00)に電話して、金利をどこまで引き下げてもらうことが可能かを尋ねてみるのです。なるべく下限に近づけるだけでも利息は大きく変わります。

ただし、この交渉はだれでもできるわけではありません。
「楽天銀行スーパーローン」で最低6カ月以上の定期的な利用実績があり、1日も遅延せずに返済していることが最低条件。

楽天銀行から、金利を下げても貸し付けたいと思われるためには、「楽天銀行スーパーローン」を利用して、きちんと返済できると思われなければいけません。

申請すると審査が行われるため、必ず下がる保証はありませんが、これらの最低条件を満たしたうえで、増額申請の審査に通るくらいの状況でいるのがベストです。

こちらの楽天銀行カードローンの増額に関する記事を読んで、金利を下げる申請ができるか確認してみてください。

>>楽天銀行カードローンの増額はすぐできる? 申請の方法と注意点

臨時返済して利息を減らす

3つ目の方法は、臨時返済をして利息の負担を減らす方法です。

カードローンは借り入れすると、一日一日、利息がかかっています。借入金額が多ければ多いほど利息は多く、返済期間が長ければ長いほど利息が増え、支払総額も増えます。

逆に言うと、積極的に臨時返済をすることが、支払利息を減らし、総返済額の減額につながるのです。

例えば、余裕ができた月に臨時で5万円を返済した際、一見すると借入残高が5万円減っただけに感じますが、実際にはその5万円に対してかかってくる支払利息も減るため、総返済額は大きく減額されます。

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」の公式HPへ

まとめ

楽天銀行カードローンの金利は銀行カードローンの中では平均的に見えますが、利用限度額内の下限金利が設定されると金利が低くなります。

また、新規申し込み後の最初の借り入れに対して楽天スーパーポイントがもらえることや、不定期で行われる金利半額キャンペーン、30日間無利息サービスも魅力的です。

ただし、利用限度額内の上限金利が設定されると、他行のカードローンより金利が高くなってしまいます。また、金利がお得になるキャンペーンや無利息サービスも、適用される期間や対象者が限られるので注意しましょう。

低金利キャンペーンなどを利用した場合でも、返済期間が長引くと利息は増え、結果的に支払総額は膨らみます。これは楽天銀行のカードローンだけに限らず、他のカードローンでも同じです。

カードローンは計画的に利用して、計画的に返済し、信用を積み上げていくことを忘れないでください。

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」を申し込む

(監修:サボテン、文:土屋孝則)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード